SCP-998-KO
評価: 0+x
998.jpg

SCP-998-KO

アイテム番号: SCP-998-KO

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 標準安全収容金庫に1つずつ破損しないように保管します。もし、他意の強制などによって影響を受けた人物が発生した場合、大型哺乳類用麻酔剤を使用して麻酔した後、救助します。被験者がすでにオーガズムに到達したなら、次の指針に従います。

1. 快楽に満足した状態なら、無効化されるのを待った後、残骸を採集する。
2. 快楽に不満足している状態なら被験者の身体を確保し、対象から1kmの距離まで遠ざける。その後、対象を確保する。

説明: SCP-998-KOは咆哮している黒ヒョウの形をしたセラミックス像13つです。全ての対象に同一の異常性があり、個別に引き離しても特性を発揮します。多数の対象が1人に集中することが可能であり、その数が多いほど効果も増加します。反対に多数の被験者が1つの対象に影響を受けることはありません。

998-KOが異常性を発現するには「主」「供物」の役割が必要です。「主」は虐待を加える立場で、「供物」は虐待を受ける立場です。「主」に対する「供物」の共同所有は可能です。もし共同所有の状態であれば、「供物」の身体強度が高くなり、痛みに敏感になります。

対象の異常性を発現させるためには、上記の両方が対象から半径3m以内にいなければなりません。そして、「主」は「供物」の体の一部を対象の口内に入れた後、始動文を覚えなければなりません。その文は「私は悪魔であり、悪魔の仕事に来た」です。

直後、「主」はヒョウの咆哮を聞きます。これと同時に内面の加虐性愛が対象の活性化期間中、一時的に大きく発達します。特に肉体的虐待行為による性的充足感が増加します。「主」が一般人または加虐性愛が存在しないか、正常な規範に属している加虐性愛者であれば、加虐性愛の程度が異常な規範まで達します。この状態の発達は永続的であり、これは対象を無効化した後も回復しません。さらに不感症、性的障害者などの快楽を感じることが出来ない人間も快楽を感じることが出来るようになります。

「主」が影響を受けた後、次の段階に移ることを自分自身で拒否するのは不可能です。なぜなら、時間が経つほど虐待衝動は増加するためです。したがって、「主」はいくら気を張っても、(財団での実験によると)約38時間以上は続きません。しかし、13時間の間に無意識状態へ陥ると、影響から脱することが出来ます。しかし、「主」は998-KOからの身体的・精神的強化を受けて麻酔や気絶などに対する免疫を持つため、簡単には無意識状態へ到達出来ません。

「主」に意識がある状態でも物理的制限がかかっており、次の段階に移ることが出来ない状況では13時間の制限時間が与えられます。998-KOは約1時間後から「主」の制限状態を認識するものと見られます。約1時間が経過すれば、「主」は唸り声を持続的に聞くようになります。この音はまるで実際のヒョウ(達)が周辺を徘徊するように、聞こえる位置が継続して移動します。制限時間が過ぎた後、見えない力によって被験者の性器が何かに噛み千切られるような深刻な傷害を受けます。そして、「主」の顔に「力無き弱者には資格がない」という文が刻まれます。

加虐行為で「主」が必ずしも「供物」を虐待する必要はありません。しかし、対象の特性によって「供物」から大きな充足感を得るため、「主」は「供物」を好む傾向を示します。「主」が他者に対して虐待を加えながらオーガズムに達する時、次の段階への特性が現れます。

もし「主」がオーガズムに満足したなら、998-KOが実際の生物に変化します。この状態の対象は物体を通過することが可能であり、そのため物理的打撃では阻止出来ません。この活性化した対象(達)は「主」を残酷に殺害します。なお、この行為が終わるまで対象は活動し続けます。「主」を殺害した後はその場で元の状態に戻ります。そして、13日休眠期に入ります。

もし満足しなければ、「主」は無意識状態に陥ります。その後、998-KOが生物に変わる瞬間から「主」の精神が対象と連結されるものと推定されます。これに対する根拠として、

  • この状態での脳波検査で、998-KOの行為と一致する脳活動を見せている。
  • 998-KOが動く時の筋肉活動と「主」の体に起きた筋肉活動が一致する。
  • 回復後、「主」が998-KOの活動を一人称で正確に記憶し、当時の対象が自分だったと証言する。

という点が挙げられます。したがって、どんな状況であっても「主」と対象が精神的に連結されるという推測が可能です。

連結状態で、998-KO/主人の加虐性愛は暴走するものと見られます。これは虐待行為を行う際における「主」の脳波、脈拍、ホルモン分泌などで確認することが出来ます。そのため、対象は快感を求めて周りにいる全ての生命体を攻撃します。殺すことは稀であり、オーガズムに到達するまで遊びながら傷害を与えます。そのオーガズムに達した時に殺害して摂取します。オーガズムの状態は摂取が終わるまで持続されます。摂取後に「主」は意識を取り戻し、998-KOは像に戻って13時間の間休眠します。

連結状態が終わった後、「主」の身体が対象から1km近くに存在しない場合は「主」の身体は生体活動を停止させます。そして、対象は非活性化します。これは「主」の身体が既に死亡状態の時も同様です。

SCP-998-KOはドイツの███████████████████████に位置したマーシャル・カーター&ダーク株式会社が運営する加虐性愛秘密クラブ「███████████████████」で回収されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。