SCP-999-JP
評価: +149+x

アイテム番号: SCP-999-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-999-JPは通常規格の人型存在収容セル内に収容してください。SCP-999-JPは現在、その性質に対して有効な対処法が存在しません。ただ、SCP-999-JPとの直接的な接触またはコミュニケーションは、予測し得ない現実改変を引き起こす可能性があります。そのため、SCP-999-JPに関連する実験は全て却下されます。

SCP-999-JPの意思、行動、環境、思想、言語、身体的性質に変更を加えようとする試みは予想外の現実改変結果を招く可能性がありますが、SCP-999-JPの終了または無効化に向けての協力は常に募集されています。

有効な手段など存在しない、という可能性を考慮すべきかもしれない。
我々の行動すべてが、あれのために存在しているようなものだ。
少なくとも、あれに対しては9回の実験、9回の終了措置、9回のインタビューが行われ、この報告書は第9版なのだ。
だから、頼む。誰か、この報告書を欠陥文書としてくれ。こいつを破棄して、第██版を作ってくれ。

──九鬼 九平サイト-9999第9試験課主任

説明: SCP-999-JPはモンゴロイド系の人型男性です。身長99cm、体重99kgで、精密な検査により、これらの数値は一切の誤差無く、メートル法に於いては最小単位まで9の数字が書き連ねられる数値となります。年齢は推定99歳ですが、████年に行われた初検査でも同一のデータが出ています。
性格上は至って温和であり、収容にも協力的です。また、複数のインタビュー結果と精神鑑定結果から、SCP-999-JPは特定の存在(特に数字)に対する執着や特別意識は持ち合わせていない事が判明しています。

SCP-999-JPは自身また自身の構成要素に関連するあらゆる事象または事物を無意識の内に改変します。それらは、SCP-999-JPが常に「9」という数字に関連するように改変され、SCP-999-JPにとって明らかに無関係と思われる事柄に対しても改変が行われた場合、最終的にはその事柄までもがSCP-999-JPに関連させられることとなります。
SCP-999-JPによって改変された一般社会に対する事象は、現在まで判明した限りでは9例ですが、改変前と改変後の比較が困難であったためSCP-999-JPとの実際的な関わりは不明です。

SCP-999-JPによる現実改変の有効範囲は、SCP-999-JPが居住する地球が太陽系の第9惑星となってはいないことから、現実世界の地球の引力圏内全領域に限られていると推測されています。
また、SCP-999-JPには「自身が9である」事に関して一定の基準が存在すると見られています。SCP-999-JPの性質にとって本質的に存在自体が9であると言えるのならば、計測単位の変更、価値観の変容程度では改変は行われないようです。1

補遺1: 収容中、SCP-999-JPによって財団に関連するいくつかの事柄が改変されています。以下は、その中で現在判明しているものの一部です。これらを変更する試みは全て、偶発的な事故によって失敗しています。

  • 収容施設ナンバーの変更。
  • 第9人型存在収容セルへの移送。
  • SCP-999-JPの収容に関連する職員の平均歩数が999歩あるいは9999歩となる。
  • サイト-9999内での9度の死亡事故。SCP-999-JPはその全てを例外的な偶然によって目撃している。
  • 精神的ストレスによって許可なくSCP-999-JPに対し職員が暴行を試みる9度の事例。

これらの「SCP-999-JPを構成している9」に変更を加えるか、或いは明確に逆らう事は、予想外の現実改変で以て修正が行われる事になります。

予測が一切不可能だ。分かっているのは9という数字だけで、それが一体どの事象にどのような形で適用されるのか、適用された事象が発生したとして、我々がそれを感知し得るかどうか。 ──████博士

奴は9度の食事をし、日に9時間眠り、9回くしゃみをし、9本の歯を歯ブラシで一日に9回磨く。
奴は9で構成されているが、奴がそうあるために世界はどれだけの犠牲をこれまで払い、これから払い続けるのだろうか?
財団の規則は大きく歪められ、我々がそれに対応するにあたって損失した金額は9億円だ。あらゆる事象が奴によって9へと導かれるのだ。

しかし、手はあるはずなのだ。奴は完全に全てが9によって構成されている訳では無い。少なくとも奴は「9人目の死者」では無い。必ず限界があるはずだ。
この性質に我々が何らかの矛盾を叩き付け、SCP-999-JPの性質がそれを許容すれば、もしかしたら奴の暴走を止められるのかもしれない。

──████ ███████実験主任

その時こそ、最も致命的な現実改変が発生する時だ。今、世界すべてがSCP-999-JPによる改変から脱したならば、そこに何が残るのかは予測不可能だ。現在SCP-999-JPは大人しく収容施設内にいてくれている。これだけで、我々は奇跡的な成功を収めているのかもしれない。SCP-999-JPが「ここにいる」という事実が、SCP-999-JPが現在はいわゆる安定状態に入っている事の証拠と言えるだろう。 ──███博士

補遺2:

私は本来このような声明を発する立場にはありません。
しかし、サイト-9999への例外的な監察代行依頼の結果として生じた責任として、今私は本来の裁量を越えた発言が正式に許可されています。

サイト-9999に於けるSCP-999-JPの収容に対する各職員の姿勢には、甚だしい欠陥が生じています。それはまさにリコーダーに詰まった唾の如く、財団の意思を現実へと反映する活動の妨げとなっているでしょう。
彼らは皆SCP-999-JPの影響下にあります。その事実は想定内でしたが、SCP-999-JPのもたらす事象にはもう一つの効果が存在していた事を述べなければなりません。

それは一種の予知。または未来に発生する事象の固定化です。
つまり、SCP-999-JPがペンを一度落としたなら、それは合計で9回落とされるべきペンであり、残りの回数の消化が未来に於いて確定されることとなるのです。
この最初の一回が、9回落とされるべき事象が決定されてから最初の一回として落とされるのか、それとも最初に一回落としたから、残りの回数も落とされることが決定してしまうのかは分かりません。
しかも最も厄介なことに、SCP-999-JPがペンを落としたからと言って、ペンを落とす回数が9となるとは限らないということです。
9という数字が「ペンを落とす事」に適用されるのではなく、落とされた事で「ペンが壊れた事」に適用されていたとしたら? そのペンは合計9回まで壊れる事でしょう。そして我々は、9という数字に達し、全てが終わってから、ようやく何に対して9という数字が適用されたのかを知る事が出来るのです。

そして確実に、サイト-9999の職員たちはまさにこのペンです。彼らにとって、SCP-999-JPの性質の働きは、非常に重要な事と言えます。
そしてその結果、彼らはSCP-999-JPの性質を極度に恐れるようになりました。過ちを犯す事は、それを繰り返す事に繋がるかもしれない。そうでなくとも、自分には恐ろしい出来事の未来が9回は付きまとう。しかもそれには終わりが無い。

SCP-999-JPは自分が9であるために世界を9にします。それは止めようがありません。SCP-999-JPが現状を維持しているという事は、現在彼は「比較的望ましい形での9」なのでしょう。だからこそ、職員たちは何かを為す事すら恐れています。
どんな事でも、カオス理論的なごく僅かの影響であっても、SCP-999-JPの9に影響を与える事は、即座に世界全体の修正に繋がりかねません。

しかし決して忘れてはならないのは、我々はSCP-999-JPの脅威を取り除く必要があるということ。それは、ただ単に下痢クソと汗が染み付いた椅子にじっと尻を押し付けているだけでは実現しません。
SCP-999-JPは観測可能な予測不能であり、現状の安定状態は極めて危ういものと言えるでしょう。
私は監察代行によって一時的に得た権限を以て、サイト-9999人事部に対し正式に指令を下しました。無効化が推奨されるKeterクラスの研究チームがたった9人なのは、いくら何でも少な過ぎます。
我々は危うい現状に安寧すべきではありません。SCP-999-JPが将来に渡って安全であるとは、口が裂けても言えませんし、口にすべきではありません。

──神山 政蔵博士

神山博士による人事再編命令の9日後、神山博士は99-██ナンバーの乗用車による交通事故で、サイト-9999人事部長██は自宅で強盗に襲われ胸部を9回刺突されたことで、それぞれ死亡しました。
また、それらに付随する改変として、国内の車両番号制度が変更されるような政治的決議の発生と、強盗犯自身とその親族、知人全員の記憶または過去の改変。それら人々全員の知人に対する記憶や過去の改変といった連鎖的改変の発生が確認されています。

神山博士による人事再編命令は取り消され、暫定的なものであるとした上で、現行の収容が継続されることとなりました。

打つべき手がまだあるという点に異存は無い。だが、必要なものは今もって足りていない。 ──O5-9

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。