SCP-CN-013
評価: +7+x

アイテム番号: SCP-CN-013

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: オブジェクトはサイト-CN-71の猫用品を配備した小型房へ収容されます。現在はケア研究員によって監視及び飼育が行われています。オブジェクトへは毎日、成年に達したオスのイエネコが一日に必要とする栄養素を満たすキャットフードを提供します。毎週、お気に入りのツナ缶を少量与える事が適当でしょう。対象の精神状況から引き起こされる絶食傾向へは強く注意を払わねばなりません。

オブジェクトの身に着けていた鞄及び内部の物品はサイトの非危険物品収容ユニットへ保管されます。

説明: SCP-CN-013は一体のオスのイエネコ(Felis catus)です。体毛は黒く、黄色い瞳には切れ長の瞳孔が見受けられます。頸部には半径3cmの中空のガラス球が未知の手段によって埋め込まれています。ガラス球の内部では人型をした青い煙霧状の内容物が絶え間なく揺れ動いています。球体の二分の一はオブジェクトの体内へ埋没しています。オブジェクト頸部周辺の皮膚へ接触する事でその一部分の存在を触覚可能です。

オブジェクトは言語を明瞭に理解し、また反応する事が可能です。検査の結果人間と似通った精神を持つ事が判明しました。行動には明らかな抑鬱傾向、対人嫌悪、食欲不振が示されます。突然に怒り吠え、あるいは独り泣き咽ぶ様子が観察可能です。オブジェクトは研究員との交流の際、往々にして頸部に存在する異物の除去を要望します。

オブジェクトは███年██月█日、マカオの聖安多尼アントニオ堂区で回収されました。当時賈伯楽カブラル提督街において継続的に発生していた咳嗽、及び青い煙の噴出がフィールドエージェントであるケヴィン・イップの注意を引きました。エージェントは購入したペットキャリーによって対象を一時的に確保し、サイト-CN-71へ迅速に移送しました。全ての目撃者にはCクラス記憶処理が適用されました。オブジェクトは痛みに耐えかね本来の所有者の元から脱走したものと推測されます。

本来、オブジェクトの腰部には茶革の肩掛け鞄が括りつけられていました。オブジェクトの旧所有者が物品を便利に携帯する事を試みたためと推測されます。内部からはオブジェクト旧所有者の所持物であると思われる大量の物品が発見されました。内、更なる調査の価値が期待される物品は以下:

  • █████医院差出の重篤病通知書
  • オブジェクトの頸部に嵌った物体と同一の特徴を持つ七つのガラス球体。“Ai.L”の文字が刻印されている。球体の一部表面にはオブジェクトの筋繊維組織が付着している。使用後にオブジェクトの身体から摘出、廃棄されたものと思われる。
  • 用紙一枚。内容は以下: “奇術の類は得意ではない。カサンドラに頼まれた時には、気持ちはやまやまだが実力が追いついていないと弁明した。それでも全力を尽くして、私に作る事の出来る最高の霊魂保存器を用意した。決して専門品にも引けを取らない筈。それでも、あなたのボーイフレンドの魂が猫を依り代に命を保てる時間は決して長くはない。愛する人のためそれ程に尽くせるあなたに尊敬の念を抱く。終わりを迎えるまでにどうか心の準備をしておくように。-Ai.L”
  • 若い男女の写ったポラロイド写真。写真の下部には“最高の水彩画家とそのガールフレンド、そして彼女の猫♡”と黒いマーカーの文字列が記述される。男性は病衣を身に着けベッドに横たわり、女性はベッド手前の椅子に腰掛けている。両者はお互いの手を握り、カメラに向かって笑顔を向けている。オブジェクトは枕元で腹部を露出し寝転がっている。女性の着用するやや風変わりな暗灰色の長衣に留意する事。また、写真内のオブジェクト頸部に異物は見られない。

補遺:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。