SCP-CN-052-J
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-CN-052-J

オブジェクトクラス: Euclid Keter Keterer! Keter
SCP-CN-052-Jの異常性が極めて特殊なことから、特別に「Satan」というオブジェクトクラスを割り当てることを提案する。——Swan博士
却下です。——李博士

特別収容プロトコル:

第3版収容プロトコル:
閉じ込めろ。目を離すな。こいつが出たら殴れ。死ぬまで殴れ!

Swan博士、今後はまた腹いせに収容プロトコルを改ざんするようなことがありましたら、罰としてあの石を使いますので覚悟しておいてください。 —— 李博士
我はトビの騎士なり!人を孤独と絶望より救い出す者にして、愛と慈悲の神の化身である!天命に従いて妖魔たるSCP-CN-052-Jを祓い清め奉らん! —— Swan博士

現行収容プロトコル:

SCP-CN-052-Jはエリア-CN-07の標準人型オブジェクト収容セルに収容されています。収容セルの四方の壁、床及び天井は高強度合金で補強してください。収容セルの出入り口は寸法が3m×2mの一箇所だけにし、それに厚さ20cmのブラストドアを設け、16桁英数字の暗証番号式ドアロック1個 2個 5個で施錠しなければなりません。暗証番号は一ヶ月ごとに更新されます。オブジェクトの食事はドローンで提供されます。インシデントCN-052-J-a以降、機動部隊-丁巳-02-J(“教育係おしりぺんぺん”)が結成され、SCP-CN-052-Jの収容違反の対処に当たっています。

説明: SCP-CN-052-Jは知性のある人形実体で、身長・外見などの身体的特徴はヒトの█から1█歳の児童に相似しています。その異常性は4段階に現れます。

第一段階: 「同情段階」です。この段階のSCP-CN-052-Jはどんな形で収容されているであろうと収容セルから脱走します収容措置を無力化し脱走します1。現時点では、16桁英数字の暗証番号式ドアロック4個はその能力の上限であることがわかっています。その異常性により、SCP-CN-052-Jを目視した人物(以下、SCP-CN-052-J-1)は、SCP-CN-052-Jに対して「あらやだかーわーいーいー」「どの家の子かしら」及び「ねーね/にーに/じーじ/ばーばがおいしいもんたべにつれてってあげるよ~2 」などといった感想を述べ、SCP-CN-052-Jの頬をつねったり、SCP-CN-052-Jを抱っこしたりするなどの行為を取ります。この状態では、SCP-CN-052-Jの警戒心は著しく低下し、なるべくSCP-CN-052-Jの要望を満たそうとします。またその異常性により、多くの場合SCP-CN-052-J-1はSCP-CN-052-Jが収容違反しているという事実を認識できません。

第二段階: 「壊滅段階3」です。SCP-CN-052-Jは半径25m圏内にいる人物未婚もしくは独身の人物(以下SCP-CN-052-J-2)のそばへ瞬間移動し、下記に記述する手段によってSCP-CN-052-J-2が進行している作業を中断させ、もしくはSCP-CN-052-J-2を激怒させるような行動を取ります。

  1. SCP-CN-052-J-2の目の前に出現し、SCP-CN-052-J-2の手に持つ紙類をちぎる。
  2. SCP-CN-052-J-2の手に持つポータブル機器を叩き落とし、100%の確率でその画面に何らかの損傷を与える。
  3. 60デシベル以上の騒音でSCP-CN-052-J-2を不快にさせる。
  4. SCP-CN-052-J-2の注意を引くまでオフィスデスクを繰り返して叩く。
  5. SCP-CN-052-J-2の私物を持ち去る。SCP-CN-052-Jが「ちょっと触っただけなのに」と主張しているにもかかわらず、持ち去られたものは100%の確率で損壊する。
  6. あなたの頭をキーボードに押しつけてzdxtjyyglfづtsかsdふylk
%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E9%98%B6%E6%AE%B5

状態が第二段階にあるSCP-CN-052-J実体。サイト-CN-07北翼5階共通ラウンジにて私服機動部隊員により確保

通常では、「壊滅段階」は1█分から█時間ほど持続します。ただし、1名以上の既婚者(SCP-CN-052-J-3)がSCP-CN-052-Jを目視できる範囲内に入ると、「壊滅段階」はすぐさま終了します。その際、SCP-CN-052-JはSCP-CN-052-J-3に泣きつき、SCP-CN-052-Jによる被害を全てSCP-CN-052-J-2になすりつけます。この行動には認識災害のベクトルが含まれており、SCP-CN-052-J-3は必ずSCP-CN-052-Jの主張を信用し、SCP-CN-052-Jと共にSCP-CN-052-J-2を非難し始めます。この段階は「壊滅段階」の派生段階と考えられています。この段階を「転嫁段階」と呼称します。

SCP-CN-052-J-2はSCP-CN-052-Jに襲撃された後、しばらくの間4、恋愛や婚姻に忌避感を覚えるようになります。Dクラス職員でないSCP-CN-052-J-2はカウンセリングを受けることを推奨されています。

だからこいつは悪魔なんだ!私の███フォフィライトのフィギュアもぶち壊しやがって!再度、オブジェクトを「Satan」に再分類することを要求する。 —— トビの騎士、Swan博士
ド却下です。 —— 李博士

留意すべきは、SCP-CN-052-Jにはまだ「無力段階」という第三の段階が存在する点です。この段階では、SCP-CN-052-Jはいかなる特殊能力も有しない、通常のヒトの█から1█歳の児童として振る舞います。この段階の持続期間は10分から1時間まで一定しませんが、この期間が過ぎると第一段階に復帰します。
現在知っているかぎりでは、SCP-CN-052-Jの臀部を一人以上で叩くことで5、SCP-CN-052-Jの状態を「無力段階」にすることができます。この処置は「処置110-もんとおく」と命名され、新たに結成された機動部隊-丁巳-02-J(“教育係おしりぺんぺん”)は、第二段階のSCP-CN-052-Jの確保及び当処置の施用を命令されています。

インシデントCN-052-J-a:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。