びっくり仰天!財団が20年に渡って出来なかったことを、SCP-CN-066はたった4秒で……
評価: +15+x

アイテム番号:SCP-CN-066

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-CN-066との間に成立した取り決めに基づき、SCP-CN-066と当ページは互いに接続されています。SCP-CN-066による異常性の影響を、財団の専属サーバー内で完結させるようにしてください。サーバーはJ-021とナンバリングされ、いかなる状況下においても、J-021と外部インターネットを接続する行為は禁じられます。毎日6時から9時、15時から19時の間、担当のDクラス職員はSCP-CN-066と取り決めたプロセスに沿って、J-021専用端末を用い、当ページのリンクをクリックしてください。SCP-CN-066-1は財団が指定した施設において生活させるとともに、SCP-CN-066-1のSCP-CN-066に対する所有権が認可されます。24時間おきにSCP-CN-066-1の生命徴候を確認し、Bクラスの監視を続けてください。

telephone.jpg

SCP-CN-066

説明:SCP-CN-066は外見上、1台の旧式電話機です。外装は色褪せており、調査の結果、1983年頃に製造されたものであると確認されています。SCP-CN-066の電源コードと電話線は完全に損壊しています。X線を当てた検査では、内部構造が再構成されていることが判明しました。SCP-CN-066の異常性は、人間が閲覧中のウェブページに、興味を引き立てるようなリンクを、未知の方法によって付加する点にあります。閲覧者が該当リンクをクリックすると、閲覧履歴に存在する、リンクの名称とは無関係のウェブページや広告ページに移動します。現在、SCP-CN-066によってページ移動はロックされています。

SCP-CN-066は一定の情報探知能力を有しており、インターネット上で発生した異常事案の多くに、SCP-CN-066の影響が確認されています。ユーザーの閲覧志向を基に、ユーザー毎に異なる名称のリンクを生成することで、SCP-CN-066は被クリック率を高めていると見られています。

SCP-CN-066によって生成されたリンクをクリックする毎に、SCP-CN-066のベルが鳴らされます。この時、SCP-CN-066の受話器からは不明瞭な電子音を聞くことができます。電子音とのやり取りから、この電子音はSCP-CN-066の意志によって発生していることが判明しました。SCP-CN-066は高度な知能を有しており、人間が受話器でSCP-CN-066と会話することを通じて、外界とのコミニュケーションを図っていると考えられます。

SCP-CN-066-1は現在86歳の中国系の男性で、アルツハイマー病1を罹患しています。SCP-CN-066-1の行動パターンは極めて規則的であり、毎朝6時に起床し、9時から自身の衣服の洗濯を始め、12時に昼食を摂った後、2時間程度の昼寝を行います。その後、19時に夕食を摂り、就寝します。SCP-CN-066-1の自由時間は、殆どがSCP-CN-066を目視する行為に費やされます。また、SCP-CN-066-1は不定期に、SCP-CN-066による通話を試みますが、本来のダイヤル先の代わりに、SCP-CN-066が返答を行います。これらの現象は注目すべき点です。SCP-CN-066-1はSCP-CN-066のベルが鳴った時も、積極的に受話器を取ろうと試みます。

SCP-CN-066-1以外の人間が、SCP-CN-066を用いて電話をかけても、大抵の場合、いかなる返答も得ることができません。今の所、SCP-CN-066は6時から9時、15時から19時の間に、異常性のあるリンクを生成します。

発見:█01█年██月2日、████省██市内のある住居から、突如として130デシベル以上のベル音が鳴り響き、通行人の注意を引きました。通行人が発生源を調べたところ、部屋の中で心臓発作を起こしているSCP-CN-066-1を発見し、救助に成功。同時刻、住居付近の多くの病院のホームページに存在する、あらゆるリンクの名称が、SCP-CN-066-1の住所に置換されていました。この異常現象が財団の目にとまり、事件発生から4時間後、財団はSCP-CN-066-1の住居に進入。SCP-CN-066の収容に至りました。

補遺CN-066-A:インタビューログ1

補遺CN-066-B:インタビューログ2

補遺CN-066-C:インタビューログ3

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。