SCP-CN-073
評価: 0+x

アイテム番号:SCP-CN-073

オブジェクトクラス:Euclid Neutralized

特別収容プロトコル:インタビュー-073-5と財団の調査によって、SCP-CN-073-1が未知の手段を用いて、SCP-CN-073を意識の中に封じ込めたことが確認されました。SCP-CN-073-1はサイト-CN-34の15号標準人型収容室にて収容されています。定期的に、SCP-CN-073-1の健康調査と治療を実施してください。 インシデント-073-fの後、SCP-CN-073の無力化が宣言されました。特別収容プロトコルはもう必要ありません。

説明:SCP-CN-073は特定の人物群を対象として発生する異常です。SCP-CN-073-1の説明によると、この異常は経済水準が富裕~中間層にある家庭の学生の文房具に、実体を持たない意識体の形で顕現します。

学生がSCP-CN-073に影響された文房具を使用して学習活動を行う時、SCP-CN-073の異常効果が発揮されます。学生はぞんざいな字で筆記してしまう等、以前の水準を下回る異常な成績/成果を出すようになります(具体的な例は付録-073-betaを参照してください)。学習を始めてから48時間が経過すると、利き手が痙攣したり、注意力が散漫になる等の異常な症状が現れます(具体的な症状は付録-073-betaを参照してください)。異常効果の全容を解明するには、更なる実験の実施が必要です。

インシデントログ-073-a:2017年█月、上海市の██中学国際クラス及び北京市の██付属中学特進コースにおいて、平均成績の大幅な下落が発生しました。同時期、学習障害を訴える学生の全国的な急増が問題となっていたことから、財団の注意を引きました。1週間後、██中学での定例検査の際に、エージェント・王█が階段の踊り場にてSCP-CN-073-1を発見。異常性を確認した後、収容に成功しました。

現在、SCP-CN-073-1が未知の方法でSCP-CN-073を捕縛していることが確認されています。SCP-CN-073-1は男性の人型実体であり、健康状態は芳しくありません。SCP-CN-073-1は発見時、布地の39%が破れた状態の棉入れの着物を着ており(分析では、着物には19世紀頃の中国における紡績技術が使用されていました)、脚部には多くの粉砕骨折の痕が確認されています。SCP-CN-073-1は普段、足を曲げ、肩から縄で吊り下げたむしろを敷いた"藁苞"1のような格好で生活しており、腕で身体を支える形で移動します。

インシデント-073-fの後、異常の無力化が確認されました。SCP-CN-073-1についても死亡したと推測されます。


インシデントログ-073-f:インタビュー-073-5の3日後、CN-073-1は収容室から消失しました。監視カメラは消失時の状況を収められませんでした。

オブジェクトクラス再分類申請:全国の学校に異常が見られなくなったことから、オブジェクトクラスをNeutralizedに再分類する申請を提出しました。

多分、孔██は死んだに違いありません。 - Hannah博士

2017年█月█日:申請を承認する。 - O5-██

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。