SCP-CN-1145
rating: +2+x
blank.png
scp-cn-1145.jpg

遮蔽前のSCP-CN-1145(一部にモザイク処理を適用)

アイテム番号: SCP-CN-1145

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-CN-1145の移動できない性質を踏まえ、財団は施設スタッフに扮したエージェントを派遣し、オブジェクトを監視しています。外部ガラス壁は不透明な広告看板によって完全に遮蔽されています。看板の裏には籠に連動して移動する高解像度のカメラを取り付け、エレベーター内を撮影しています。いかなる異常な状況も財団PRCD部門に報告しなければなりません。

説明: SCP-CN-1145は3台の屋外エレベーターとその付属設備・外部ガラス等を総称したもので、中国██省██市██区にある大型ショッピングモールの外壁に設置されています。これらのエレベーターにはいかなる手段でも進入することができず、██~██階の乗り場には強固な耐力壁が存在し、いかなる改装の痕跡も見られません。壁や外部ガラスを破壊する試みは総じて失敗に終わっています。

3台のエレベーターは常に稼働しており、動力源は明らかになっていません。また、昇降が1~7階を超えることはありません。観察記録から、ガラス越しに見えるエレベーターの様子は、7階以内を昇降しているランダムなエレベーターの内部だと推測されています。エレベーター内の人員にはいかなる異常性も見られません。全てのエレベーターは内壁が不透明な普通のエレベーターであり、屋外エレベーターや施工用エレベーター等、籠が透明なエレベーターは確認されていません。外部からは一方的に観察することしかできず、エレベーター内に干渉する試みは総じて失敗に終わっています。

当ショッピングモールは200█年に改装されたものであり、設計図や施工工程に異常な点は見られませんでした。また、これら3台のエレベーターは設計図に盛り込まれていません。オブジェクトの出現理由と出現日は今の所不明ですが、200█年█月(発見された時期)より前であることは確実です。異常現象を発見した従業員は記憶処理を受け、解放されました。

当オブジェクトに対するさらなる実験の申請が検討されています。

補遺1145-1: 注目すべき監視記録の一部
日付 内部の様子 推測地点 備考
200█年█月█日 ███博士(当時サイト-CN-██に位置) サイト-CN-██ 内部の防犯カメラに異常は見られず。監視映像における博士の振る舞いは、オブジェクト内で観察されたものと一致している
200█年█月██日 当時の米大統領とボディガード 北米航空宇宙防衛司令部 映像処理の結果、大統領が手にしている資料の一部解読に成功している
200█年██月█日 中年男性が学生に性的暴行を加えている [データ削除] 警察のデータベースを参照した所、容疑者と被害者を特定した。映像との照合は完全な一致を示した
20██年█月█日 全身の膨れ上がった死体 [データ削除] [データ削除]
20██年██月██日 全体が赤色の液体で覆われている 未知 当エレベーターの地点と発生した事件は判明しておらず、調査が続けられている
20██年█月██日 █████████████ ███████ [データ削除]
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。