SCP-CN-139
rating: +4+x
%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E6%AD%A3%E9%9D%A2

展示区域内に収容されたSCP-CN-139。

%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E7%9A%84%E8%84%8A%E9%AB%84%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E9%83%A8%E4%BD%8D

SCP-CN-139の背部写真。脊髄神経が暴露した状態が観察できる。

アイテム番号: SCP-CN-139

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-CN-139の活動の時限性、また対象が障害物を破壊する能力を有していないことに基づき、対象を当初の位置に継続して保管し、民衆の疑念を減らさねばなりません。SCP-CN-139を保管している部屋は毎晩21時前に全ての入り口を閉ざし、翌日朝6時以降に改めて開放せねばなりません。SCP-CN-139-A、Bを除いて、一切のSCP-CN-139によって創造された新個体は運送した後に焼却処理し、同時に対象の活動を観察した全ての人員は特定され、拘留、記憶処理が実施されます。

インシデントSCP-CN-139-1発生後、SCP-CN-139-A及びSCP-CN-139-Bは各自の台座上に固定され、隔週毎に財団の専門家が固定の強度を検査し、発生した損耗に対しての修復を行います。

説明: SCP-CN-139は剥製処理を施された1体の男性の標本です。直立時の身長は約178cmで、画板と筆を手に持っています。対象の皮膚は除去されており、筋肉と神経組織が露出しています。脳は左右の部分に分けられており、左側は髄膜が残されていますが、右側は脳組織の深層構造を展示するために、脳葉が摘出されています。対象の脊柱は尾椎まで縦に解剖されており、血液は何らかの赤いゲル状の物質に置き換わっています。また、体組織は剥製処理を経ているにもかかわらず、SCP-CN-139の声帯、関節などの部分は素早い運動に耐え得ます。

毎日夜21時以降、SCP-CN-139は自主活動を開始します。この時、対象には意識があることが確認されており、周囲の人類に対して攻撃的な傾向を示します。活動状態の人類に接近した際、対象背部の脊髄神経は異常に伸びることがあり、素早くその末端が被害者の皮膚を刺します。その後、被害者は以下の3段階を経て変化します。

第1段階: この段階は通常、刺された時間から5-10分程度で発生します。この時被害者の皮膚は急速に顆粒化し剥がれ落ちます。この過程において、影響は被害者の深筋膜まで及び,皮下組織が完全に露出するまで継続します。

第2段階: この段階は発生するとすぐさま、被害者の血液を脳の血管から凝固させていきます。この過程は通常20-30分間持続し、血液を完全かつ不可逆的に凝固させます。

第3段階: 第2段階の終了後、10分ほどでこの段階は始まります。被害者の細胞組織は脊髄神経の嵌入部から放射状に剥製化していきます。後の研究により、この段階において、SCP-CN-139の脊髄神経の末梢部位が一種の神経伝達物質に類する物質を放出し、前述の変化を促していることが証明されました。

この変化過程の後、通常2種類の標本が形成されます。研究使用のために、標本は各1体ずつ保存されます。(SCP-CN-139-A及びSCP-CN-139-B)
第1類の変異体(例えばSCP-CN-139-Aなど)は、SCP-CN-139と同じく夜21:00から活動を開始しますが、異なる点として、これらの個体は意識がないように見受けられ、人類に対しても攻撃的反応を示さず、何の目的もなく遊蕩し、翌朝6:00には活動を停止します。

SCP-CN-139-A.jpg

収容区域内のSCP-CN-139-A。筋肉が剥き出しになっているのが見られる。

SCP-CN-139-Aは1体の走行姿勢をとった標本です。皮膚は取り除かれ、筋肉全体がめくり上げられ、翼の形を取っており、神経及び血管は程度は異なるものの引き伸ばされています。監視カメラの記録が示すところによると、この被害者は走って逃げようとしたときに変化し、図らずも一夜にわたってこの姿勢を取り続けています。

第2類の変異体(例えばSCP-CN-139-Bなど)は、変化過程中における身体の分離、或いは組織の断裂によって行動能力を失っています。当該個体の眼瞼挙筋などの単独性筋肉はバイオリズム的蠢動を見せますが、全体としては活動能力を喪失しており、翌朝6:00には活動を停止します。

SCP-CN-139-Bは1体の座位姿勢をとった一繋ぎの標本です。皮膚は取り除かれ、その身体は規則的に3分割されています。上部は骸骨上部、中間は下顎骨から横隔膜、下部は横隔膜より下の部位です。3つの部位はひどく伸びた延髄と食道によって連結しています。監視カメラの記録が示すところでは、この被害者は読書中に変化し、身体構造が不安定なために正常な移動が不可能になりました。

SCP-CN-139は2017/██/██、中国浙江省温州市にある[編集済]大学の標本展示館内にて発見されました。2回にわたる連続学生失踪事件の後、財団は当大学の管理部門にエージェントを配置しました。その後、回収された監視映像からSCP-CN-139の異常特性が判明しました。財団は早急に関係者に対する記憶処理を実施するとともにSCP-CN-139を没収、収容し、同時にSCP-CN-139-AとSCP-CN-139-Bを発見しました。

補遺: インシデントSCP-CN-139-1
2017年11月、SCP-CN-139-Aは突然意図的に収容箇所の門にぶつかり始めました。この一連の行為は約30分にわたり継続し、この後SCP-CN-139と身体コミュニケーションを行っていたようです。注目すべきことに、SCP-CN-139は彼の画板を用いて情報伝達を行っていたように見受けられました。これを受け、SCP-CN-139-A及びSCP-CN-139-Bは翌日より台座に固定されることとなり、オブジェクトに関する監視も強化されることとなりました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。