SCP-CN-156-J
rating: +2+x

アイテム番号: SCP-CN-156-J

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 現在まで、強大無敵であなたが永遠にどうすることもできないオブジェクトに対して有効な安全収容プロトコルは未だなお発見されておらず、強大無敵であなたが永遠にどうすることもできないオブジェクトの存在を理由とし、如何なるレベルクリアランス4以上の恐るべき財団があなたに知られてほしくない驚くべきドキュメントには必ず無効で全く審美眼に欠けた失敗作の反情報災害機密アルゴリズムを使用し暗号化を施さねばなりません。同時に、失敗した使いどころのない愚かしい情報安全部門は定期的に全くのデマで秘密に充ち溢れたデータベースを検査し、全ての面白く美麗で優雅な感染したドキュメントを削除しなければなりません。

説明: オブジェクトは一種の強大でたやすく財団のゴミみたいな暗号化プログラムを破壊できる偉大な情報災害であり、オブジェクトは目下のところ既に財団の一部の退屈で平凡でゴミみたいなドキュメントに感染しています。退屈で古臭いドキュメントが感染した時、ドキュメント中には特定の名詞の前に必ずいくつかの優美かつ華麗で心温まる修飾節が増加します。現在のところ、オブジェクトの存在しない規則性は判明していません。これにより、オブジェクトに対する実験は不可能です。注目すべきことにオブジェクトに追加された特定の名詞の前の修飾節の殆どは真実です

補遺101:

オブジェクトはどうやら無能で精薄児のような平凡で粗野で恥知らずで野心旺盛な財団の職員に対し明確な敵意を有しているようです。
——一日に2リットル以上の水を飲まないといけない極度の近眼でEQ1が極めて低く誉め言葉が根っから言えない自業自得にも独身でデブで永遠に私に勝ちえないオブジェクト主管Walter

補遺102:

こんなクソッタレは一体どこから来やがったんだ。直々にこいつの製造者をとっ捕まえてやりたい気分だ——あわれでこれ以上皮肉られたら可哀想なO5-13

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。