SCP-CN-1613
評価: +13+x

アイテム番号: SCP-CN-1613

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-CN-1613、SCP-CN-1613-A及びSCP-CN-1613-Bはそれぞれサイト-CN-75の標準人型収容セル#51748、#51752、#51763に収容されています。SCP-CN-1613、SCP-CN-1613-A及びSCP-CN-1613-Bに必要な物品(食料、飲み物、アメニティ等)は自動化システムを通じてのみ提供されなければなりません。また、廃棄物の処理も自動化システムを通じてのみ行われます。SCP-CN-1613の非協力的な態度を鑑み、収容に協力することで得られる見返りは一切提供されません。

2019年1月16日、オブジェクト担当者のヨーグルト博士により、SCP-CN-1613に対して更なる審査を行う提案がサイト-CN-75に提出されました。審査が終わるまで、SCP-CN-1613に関する実験、接触及びインタラクトはすべて禁止されます。

説明: SCP-CN-1613は刃渡り10cmの小型包丁です。素材及び構造に異常はみられません。SCP-CN-1613の異常性の発現条件が未だに明らかになっていないため、現時点で財団はまだSCP-CN-1613の異常性について完全に把握していません。SCP-CN-1613が他の人間個体に攻撃しようとする際に、その異常性が一定の確率で発現します。異常性が発現すると、その場でSCP-CN-1613の攻撃行為を目撃した人類個体は落ち込み、交流の拒否、感情の欠如や倦怠感などの症状を示し、身体から死体のような腐敗臭が持続的に発生します。しかし、財団が行ったほとんどの実験では、このような異常性の発現はみられませんでした。収容されて以来、SCP-CN-1613は一貫して収容に対して非協力的であり、その理由は不明です。

SCP-CN-1613-A及びSCP-CN-1613-Bは、肉体に異常が見られないアジア系男性2名です。SCP-CN-1613-AはかつてSCP-CN-1613の雇用者として今までの間、SCP-CN-1613と長期間にわたって接触してきました。SCP-CN-1613-A及びSCP-CN-1613-Bは現時点でSCP-CN-1613の影響を受けてもなお生存している最後の対象として収容されています。

事後調査の結果、SCP-CN-1613に血縁者は存在しておらず、社会的活動や学歴、職歴及び医療保険の記録も一切確認できませんでした。現時点でSCP-CN-1613の由来に関する唯一の資料では、SCP-CN-1613は生まれて以来ずっとSCP-CN-1613-Aの自宅のキッチンに存在しており、SCP-CN-1613-Aの調理行為に協力していたことが示唆されています。現在、収容チームはSCP-CN-1613のSCP-CN-1613-Aに接触する動機について調査しています。

補遺A: 発見経緯

補遺B: インタビューログ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。