SCP-CN-193
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-CN-193

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 財団は世界各地に出現するSCP-CN-193の実例を監視し続けることができます。関係人員の調査及びインタビューを行った場合、終了後にAクラス記憶処理を施し、その過程の記録を提出してください。オブジェクト自身の性質のため、更なる措置の変更は不必要だと考えられます。

SCP-CN-193の修正された実例をいくつかのフォーラム、公式アカウント、およびソーシャルソフトウェアで公表すると、SCP-CN-193の経験者からの回答を引き出せる可能性が高くなります。この措置は、SCP-CN-193の本当の情報の一部を明らかにしましたが、それは異常な性質の一部を含んでおらず、効果的であることが証明されているため、特別収容プロトコルに組み込まれています。

説明: SCP-CN-193は虚偽の記憶です。この記憶は、何年も前に存在しない人と恋愛関係を築き、期間は4ヶ月から2.9年に及ぶと考えられています。この期間の記憶は曖昧であり、時には実際の経験と矛盾します。

この経験者は、201█年のバレンタインデーに始まり、その状況は旅行から出会いまでさまざまだったと主張し、彼らはすべて相手の穏やかで気取らない気質に惹かれたと発言しています。彼らの恋愛経験は、たとえば、該当する期間の日常生活の過程が学生の時であった場合、記憶はキャンパスライフの中心に置かれます。

この期間は、典型的な愛と反依存の段階を経ますが、最終的には相手に興味を失い、相手を思いやることがなくなり、相手を失望させます。すべての経験者は、喧嘩をしたことにより相手は沈黙し、その後別れたと報告しています。具体的な喧嘩の内容を思い出すことは不可能です。経験者は、別れた後に相手に関する全ての記録を廃棄します。

すべての経験者は共通した性格を持っており、その経験者の同級生、同僚は、しばしば「この人に対して特に印象がない」と発言しています。理由は不明ですが、すべての経験者は、これらの同級生、同僚に再び接触することはほとんどありません。そのため、他者とのコミュニケーションを通じて異常を発見することは困難です。

記憶と現実の状況との間の矛盾が説明されている間、経験者は正常に説得することが可能であり、SCP-CN-193が虚偽の記憶ではないかと疑い始めます。この時点で、オブジェクトの2次異常現象が現れます。経験者は、本来の記憶のみを保持して、次の5分間でSCP-CN-193に関するすべての記憶を失います。

補遺: 201█年██/██に、財団は████市に名前、外見、人格が記述に沿った男性(以降POI-193)を発見しました。彼の個人的な経験は完全に矛盾しており、SCP-CN-193とは無関係でした。その後POI-193を検査しましたが、その背景の調査の結果、有意義な結果は得られませんでしたが、彼は大学を卒業後、1人で生活していたことが判明しました。当初、彼はSCP-CN-193-1と指定されていましたが、これはSCP-CN-193の現象に変化をもたらしませんでした。倫理委員会と議論した結果、彼には関連する人物として番号を付け直し、謝罪を行い、彼を通常の社会生活に戻すことを決定しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。