SCP-CN-1963
rating: +8+x

アイテム番号: SCP-CN-1963

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-CN-1963はサイト-CN-34の標準人型収容房中に収容されなければなりません。オブジェクトが受ける苦痛を軽減するために、オブジェクトは医療用人体支持具に固定されなければなりません。

精神状態を安定させるために、1名の心理専門家が定期的にSCP-CN-1963に対して心理カウンセリングを行います。収容の許す範囲内で、オブジェクトに肢体の運動に関係しない娯楽事項を提供することができます。いかなる食物及び飲料もSCP-CN-1963に提供することが禁止されています。

説明: SCP-CN-1963は27歳のヨーロッパ系の女性であり、かつてのサイト-CN-34の客員専門家Alice博士1です。オブジェクトは長さ約3.14秒の循環的時間異常2の中に閉じ込められていると強く信じられています。具体的には3.14秒毎に、SCP-CN-1963には一度の長さが約0.1秒の時間逆流現象が発生し、ループ開始時の状態——重心が前に傾き、頭部を後ろに曲げた姿勢——にリセットされます。

オブジェクトの元の位置にある障害物はこの過程の中でSCP-CN-1963に押し退けられますが、オブジェクト体内の空洞(例として肺)はオブジェクトの身体の一部分としてみなされないため、この区域内の物質はオブジェクト体内の異物に変わることが依然としてあり、またオブジェクトのリセットの過程に伴いオブジェクトと共に移動します。

このリセットの効果は少なくとも物理的レベル上のものであると考えられており、オブジェクトが受ける身体の傷害の即時回復をもたらします; 現在までに、SCP-CN-1963は██ヶ月間連続して飲食物を摂取していませんが、いかなる栄養不良及び脱水症状も示したことがありません。それにもかかわらず、SCP-CN-1963は尚も思考の連続性を保持しており、外界の刺激に対して有意的な反応をすることが可能です。

SCP-CN-1963の瞳孔がオブジェクトの顔正面前方5.63m以外の位置にピントを合わせ続けることが困難であり、且つオブジェクトが完全な呼吸及び連続した発音をする十分な時間がないため、オブジェクトとの相互交流は緩慢且つ困難です; オブジェクトの絶えずリセットする消化器は食物を効果的に処理できず、あらゆる飲み込んだ物質は胃に残留し次第に腐敗するため、SCP-CN-1963への食物及び飲用水の提供は有害であると証明されています。

SCP-CN-1963の心理状態についての評価は、オブジェクトが重度の睡眠障害(瞼を閉じ続けることができないことが原因と推測される)に直面しており、並びに精神崩壊のリスクが存在することを表しています; 体内に進入したいかなる薬物も次のリセット時に異物として体外に排出されるため、安眠剤と鎮静剤はいかなる作用も示していません。

オブジェクトの収容過程: ██年██月██日、SCP-2719とSCP-CN-███のクロステストが深刻な爆発事故を引き起こし、サイト-CN-34建造物の部分的倒壊及びAlice博士以外の全実験メンバーの喪失を招きました。廃墟の整理に手配された応急対応班が空中で絶えず落下し続ける研究員Alice博士を発見しました。オブジェクトは2█階から1█階の地面へ落下するループを間断なく繰り返していました。

収容時、オブジェクトは地面への落下の繰り返しで受けた莫大な痛みにより、軽度の精神障害を示しました。現在の収容プロトコルが制定される前、SCP-CN-1963は短刀、銃器、毒薬、SCP-CN-███等の道具を相次いで採用し自身に対して幾度も終了を試みましたが、全て失敗しています; 現在まで、財団は依然としてSCP-CN-1963を苦痛から抜け出させる手段を探しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。