SCP-CN-689
rating: +10+x
blank.png

アイテム番号: SCP-CN-689

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 影響を受けたDクラス職員はサイト-CN-71のD区画 D3ブロック Dクラス職員宿舎内で収容・監視されます。監視員およびセキュリティスタッフはアクセス権のない機密情報の獲得を防ぐために、任務の終了後、Aクラス記憶処理を受けてください。Dクラス職員はインタビュー後、Cクラス記憶処理を受けていれば、通常通り実験に投入できます。影響を受けたDクラス職員との接触には、クリアランスレベル4/689を持つ担当主任(現在はラム博士)の許可が必要です。インタビューを受けたDクラス職員は標準プロトコルに基づき、月末に解雇されます。インタビューログはラム博士の承認を得た職員が分析にあたっています。

説明: SCP-CN-689は今の所1、サイト-CN-71のDクラス職員2において発生する認識災害です。影響を受けたDクラス職員(SCP-CN-689-1)の意識と人格は、架空のレベル2以上の職員3の認知に置換されます。対象が保有する専門知識は本人が受けた教育を逸脱しており、財団の運営や職員、オブジェクトに対しても一定の知識を有しています4

認識災害が形成される原因については、今もなお分かっていません。監視員の観察によると、SCP-CN-689-1個体の大部分は攻撃性を失っており、財団に対する反抗の意思もみられませんが、一部の個体は自身がDクラス職員であることを受け入れられず、情緒が不安定となっています。研究担当者は対象が提供する背景資料に基づいた調査を行いましたが、対象の経歴や学歴に関するデータは全くの架空であることが確認されています。

発見: 2018年█月█日 AM1:00、サイト-CN-71 セクター10に駐在していたセキュリティスタッフが、サイト管理官へ緊急報告を行い、Dクラス職員宿舎において異常な騒動が発生していることを伝えました。全てのDクラス職員が自身を財団の一般職員であると表明し、サイト管理官との対話を要求しました。サイト-CN-71の保安委員会は敵対的な要注意団体によるアノマリーを用いた襲撃事件であると推定しました。認識災害がミーム性や伝染性を有していないか不明瞭だったこと、Dクラス職員が不足していたこともあり、サイト管理官は検討を重ねたのち、機動部隊-丙申-01(”年始め”First day)の隊員、エージェント・ワンライを派遣し、SCP-CN-689-1へインタビューを実施しました。

インタビューログCN-689:

以下の機密記録はクリアランスレベル4/689以上の職員のみが閲覧できます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。