SCP-CN-891
評価: +8+x
アイテム番号: SCP-CN-891 レベル3/891
オブジェクトクラス: Euclid 機密指定

特別収容プロトコル: 一組の同世代の生体オブジェクトはサイト-CN-02内部の独立した標準生物収容ユニットに収容されます。どの個体も毎日少なくとも4時間、220Vの家用電源に接続し、その活性状態を維持しなければなりません。繁殖期に入った実体は収容ユニットの別の区画に単独で収容しなければならず、2名のDクラス職員が繁殖の補助に当たります。繁殖期の実体に対する研究或いは実験は、少なくとも2名の収容を担当するレベル4セキュリティクリアランスを持つ職員の許可が必要です。実験中、不注意により認識災害の影響を受けた職員はAクラス記憶処理を受けねばなりません。

SCP-CN-891

中胚葉が完全に形成されたSCP-CN-891の胚

説明: SCP-CN-891は一種の刺胞動物の総称です。オブジェクトは電球に似ており、その口部は口金の部分に位置しています。特徴的な螺旋形の構造は、ソケットと電源に接続されるように設計されたようです。内部のフィラメントに似た器官は、電源からの電気エネルギーをオブジェクト個体に必要な生物エネルギーへと変換し、同時に暖色系の光を放射しますが、1原理は分かっていません。長時間にわたって通電していない場合、オブジェクト実体はその活性を失います。外胚葉は一連の特殊な構造の細胞によって組成しており、細胞配列は整っており、厚みはなく、高い透過性と硬度を保有しています。間充織の層は薄く、中間細胞により成っており、使用時間の長期化に伴い2徐々に黒く変色します。

SCP-CN-891個体が累計2112時間以上通電すると、該当の個体は性成熟段階に入り、生殖腺と外胚葉の刺細胞が発育し始めます。この時のオブジェクトはSCP-CN-891-1として記録され、SCP-CN-891-1個体の間充織には認識災害の作用を及ぼす紋様3が出現し始めます。4この時、オブジェクトの発光も停止し、このことによって使用者(以下、対象者と記述)の注意を引き付け、点検させます。認識災害の影響を受けた対象者はSCP-CN-891-1で口を塞ごうと試み、その他の一切の行動を停止します。人体の体温によって活性化した生殖腺はSCP-CN-891個体の胚を排出します。胚は消化器系の通過に伴い孵化し、同時に消化されていない食物の残骸から栄養を得ます。約3時間後、糞便と共に肛門から排出され、対象者は本能的に孵化した個体を糞便から見つけ出し、継続して使用します。間充織の細胞は胚状態の終結後3時間以内に皮膚細胞へと変化し、同時にゼラチン状の物質を分泌し身体を支え、外胚葉は迅速に引き伸ばされます。このとき、SCP-CN-891-1本体は一切の生理活動を停止し、遺骸は36時間以内に腐敗します。遺骸の外胚葉は急速に軟化し、対象者の口中へと落下します。直後、刺胞細胞は異常な生体電気信号を放出し、対象者に一種の「性行為」的快感を与えます。74.3%の対象者はこの行為に対し嗜癖を感じるようになり、オブジェクトで口を塞ぐ行為を繰り返します。5直後、対象者は電球を親戚友人に勧めようと試みますが、通常「宣伝文句」の中には多くの文法的誤りや常識的誤謬が含まれます。勧められた人物が拒絶したとき、対象者は即座に強制的にオブジェクトで口を塞ごうと試み、この行為はSCP-CN-891の胚個体が孵化するまで継続します。

補遺891-アルファ: 回収記録 SCP-CN-891個体は██市██区の廃墟にて初めて発見されました。当時、現場は麻薬使用者が集合していると考えられていたため警察の強襲に遭遇し、内部の対象者も警察を攻撃しようと試みました。乱闘が約30分継続した後、財団の実働部隊の介入により、内部の対象者は射殺され、交戦に関わった警察関係者にはAクラス記憶処理が実行され、全てのSCP-CN-891個体はサイト-CN-02に収容されることになりました。事件には「反動分子の内部抗争」のカバーストーリーが適用されました。現場より関連する文書が回収されました、以下を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。