SCP-CN-909
rating: +9+x
blank.png

アイテム番号: SCP-CN-909

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-CN-909に対する特定・追跡任務が、機動部隊-Θ-10(“文字部隊”)を通じて実行されています。当部隊の隊員は携行式演繹離脱/代入デバイスを携帯した上で、全体構成安定爪を使用し、SCP-CN-909を捕獲してください。捕獲に成功した場合は、最寄りのサイトまたは安全確認の取れた臨時施設へと移送してください。その後はサイト-CN-99へと再移送されます。このプロセス中、構成安定爪は確実に固定されなければなりません。

サイト-CN-99に移送されたSCP-CN-909は、演繹部門を通して収容/処分されます。

説明: SCP-CN-909は1台の多機能演繹人型実体機で、単独的物語編集を通じて実際の操作を行う機能を備えています。また、オブジェクトには物語の受信機能が搭載されており、特定の端末に関連する文章を入力することで、物語の演繹1が可能となります。

SCP-CN-909および同型機の異常性は、オブジェクトに対するあらゆる編集が無効化されることにあります。オブジェクトは自己制御機能を備えており、自身に対して編集を行うことが可能です。このため、SCP-CN-909は1つの独立した物語ループ2/形而上体系を形成し、自身に対して改造を実施することができます。テンプレートが非搭載であることを見るに、オブジェクトによる編集は現実内に直接反映される一方、非現実的な改変や行動は自己崩壊に繋がるため、行うことはないと考えられています。分析担当は現在のオブジェクトの行動モデルについて、オブジェクトが一般的な人間の行動モデルを踏襲していることから、一般人程度の知能と行動能力を有しているものとみています。オブジェクトの自己編集に関するさらなる情報は、オブジェクトが施設から逃走したため、今の所明らかになっていません。

演繹部門の仮説によると、SCP-CN-909の物語ループはリソース不足によって収縮しており、最終的には終結に向かうとされています。また、オブジェクトが自己崩壊を起こし、局所的な物語の混乱を招くとも推測しています。その他、オブジェクトが自身の動作原理を完全に理解し、知能を持つ新たな人型実体を発見/創造し、物語のプロットを分解・再構築した上で交互に執筆する可能性も存在します。この場合、以下の2種類のケースに発展します:

  • 新個体とSCP-CN-909は意気投合し、新たなテンプレートを導入、現実への干渉を行う
  • 新個体とSCP-CN-909は決裂し、新個体が一方的にSCP-CN-909を操作、現実への干渉を行う

いずれのケースにおいても、財団の原則に違反しており、人類社会にある程度の危害を及ぼし、ひいてはKクラスシナリオにつながる可能性があります。既存の理論によれば、全体構成安定爪はオブジェクトの物語を安定化させることができます。

演繹部門が回収した実験ログについては付録をご覧ください。

付録: 回収された録音

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。