SCP-ES-007
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-ES-007

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 機動部隊ϱ-5("アクロ・アズール")は恒久的にSCP-ES-007の収容と研究に割り当てられています。エリア-08の収容および生物学的研究のすべてのリソースは、毎週の会議で審査される、毎月の予算の変更を行うために最高記録官またはサイトの管理者の許可を取得したものが供給され、それらは機動部隊ϱ-5が利用可能です。SCP-ES-007の詳細について機動部隊ϱ-5やセキュリティクリアランスレベル4以上の職員以外が不正にアクセスすることは禁止されています。

SCP-ES-007-Aの検体はSCP-MFM-5区画のセクション内で維持されています。 SCP-ES-007-B-1試験片は外来生物調査セクターに格納されます。 SCP-ES-007-Cに分類されたすべての構成物質は、標準人工コンテナやセクターファイルに生物学的サンプルとして格納されています。

SCP-ES-007-B-2はSCP-MFM-5区画のセクション内に、この目的のために取り付けられ、半永久的で特殊な封じ込め環境下にあります。それらは恒久的に、少なくとも2人の武装警備員に守られます。 SCP-ES-007-B-2による攻撃的行為はどのようなものでも直ちにセキュリティ担当者とエリア-08の職員、機動部隊ρ-5に知らされるべきです。

説明: SCP-ES-007は異なる生体により2種類に分類、指定されるものです(SCP-ES-007-A及びSCP-ES-007-Bは一時的に007-A、007-Bと分類されたものです)。2つのSCP-ES-007-A検体と2つのSCP-ES-007-B検体は全て収容下にあります。追記: 長期に渡る補足実験によりSCP-ES-007-A、007-Bに必要の無い部位が複数追加されました。これらの物質はSCP-ES-007-Cとして格納されます。

SCP-ES-007-AはSCP-ES-007-Bに交通手段として使用される全長14.3m、最大翼長7〜8mの生物です。収容時に収集した情報によれば、遺伝子工学とその他の難解な手段を介して移動の高速化に成功し、意識下の大気圏内旅行と惑星間旅行の手段として開発されました。

収容された2つのSCP-ES-007-A標本は初期収容時に著しく損壊、修復されましたが、それらから複数の上部構造や機能部品の装置、組織は人工有機物であることが判明しています。大半の組織の部品は調査され、特にモーター(SCP-ES-007-A-DRIVE)と外部シールド(SCP-ES-007-A-CASCO)の予備として判別された部分はProject Ride Europeに受け渡されました。しかし、SCP-ES-007-Aがどのように会話を行っているか判明しておらず、精神間の難解な交流(テレパシー、初期収容記録を参照)をしていると考えられており、それはSCP-ES-007-a(武器や弾薬を含む)の組織の一部分が行っているとしています。

初期収容時、SCP-ES-007-A-1は自身を修復する能力を持ち、"治癒能力"があると判明しましたが、SCP-ES-007-A-2には完全に作動しませんでした。両方のオブジェクトの"解剖"と分析は、Project Ride Europeの現主任の許可が必要です。

SCP-ES-007-Bは、敏感で知的であり、地球外が起源の生物だとされています。SCP-ES-007-B-2は現在収容下にあり、財団に協力的です。SCP-ES-007-B-1は初期収容時に死亡しました。

SCP-ES-007-B-1の検死により、007-B種は余分な呼吸器、循環器、消化器系のテトラメリスモ(tetramerismo1)の半径方向で対称性を持つことが明らかになりました。分子化学でSCP-ES-007-Bを見ると、その細胞と真核細胞の核構造平行の観点で地球上の生物と非常に類似しています。

SCP-ES-007-Bは8人存在し、移動させるための運動を担当する2組の下流階層と操作を担当する2組の上流階級で構成されています。しかし、これらのメンバーの大多数は自身の周りに有機アーマーと緑白色のトーンを装着して地球の環境に対応しています。SCP-ES-007-B-1の体長は"アーマー"有りでは約2mですが、アーマー無しでは辛うじて94cmです。この装備による援助は極めて強固で抵抗力があり、この種を極限環境で生存することを可能にし、使用者の個人探査の手段と生命維持装置として機能します。現在までSCP-ES-007-B-2は食事や排泄行為を明らかに必要としていません。彼らが生存するためのエネルギーの供給源は不明のままです。

SCP-ES-007-B-1の援助装備の回収で、その身体は水中生活に特化していることが見受けられました。これまでに行った組織学的分析によると、SCP-ES-007-Bの表面全体が科学的に熱、視覚、聴覚の感覚器官です。SCP-ES-007-B-1検体が装備で覆われているため、感覚器官の詳しい調査は行うことができません。しかし、SCP-ES-007-B-2に質問をした際、対話者の方を見るために彼らの括約筋で装備の一部を動かしました。SCP-ES-007-B-2の装備の一部は会話時振動しますが、明確な発声部位は確認できませんでした。その装備の別の箇所が使用者が適当と考えるものに設定すると考えられます。

SCP-ES-007-B-2はエリア-08のアーカイブセクターと生物学調査部隊の提供に従い、知的で健康な検体です。彼らは財団に協力的です。SCP-ES-007-B-2は現在完全に彼らの装備に頼って生存することが決定しており、今までと同じ内容のまま分類されています。収容の際、SCP-ES-007-B-2は地球の言語を"普通に"話すための限られた能力を見せました(初めはスペイン語、それから英語、中国標準語)。SCP-ES-007-B-2によって作られた陳述によると、彼らはそれらを地球旅行中に学んでいます。

SCP-007-ES-B-2は非協力的な態度を取ったり、時には積極的に孤立しようとしましたが、事案ES/007-038以降は協力的な態度取っています(詳細は修復された記録と付録SCP-ES-007-001を参照)。

初期収容とSCP-ES-007回収記録:


付録SCP-ES-007-01: 行政決議08-45-007-34の実行

付録SCP-ES-007-02: [編集済み - 権限と安全性が不足しています]
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。