SCP-ES-122拡張実験記録
rating: +3+x

植物: Helianthus annuus
変更したファイル: tallo/principal.oto(茎/主要部.oto)。 正弦関数を持つループを、茎の植物構造の一部として導入。
結果: 植物の茎が自律的に動き始めた。茎の動きは第2高調波の振動パターンに従う。

植物: Heliamphora chimantensisDrosera capensis (どちらも食中植物として知られている)
変更したファイル: Heliamphora chimantensisのestructura/cuerpo.oto(構造/体.oto)。Drosera capensisのファイルestructura/tentaculos.oto(構造/粘毛.oto) が複製され、運動のメソッドが追加された。オブジェクトはcuerpo(体)クラスに埋め込まれ、対応するメソッドが実装された。
結果: Heliamphora chimantensisのファイルが実行されると、捕虫袋の周囲にDrosera capensisの粒状触手が発生した。触手は完全に機能的で、獲物を捕獲するために粘着性の分泌物を生産した。
付記: 触手の動きは、何匹かの動物の鳴き声に似た音を発した。それは獲物を消化しようとするたびに植物が叫んだようにも聞こえた。

植物: Pinus pinae (イタリアアカサマツ)
変更したファイル: frutos/principal.oto(果実/主要部.oto)。 ニンジンのコードが複製された。
結果: 即座に枝から松の実が取れ、その代わりにニンジンが生じた。数日後、ゆっくりと新しいニンジンが他の枝に現れた。
Notas: 私はニレを使用し、ニンジンの代わりにナシでこの実験を繰り返すことを要求します。1 - サマー博士

植物: Cupressus funebris (シダレイトスギ)
変更したファイル: estructura/cuerpo.oto(構造/体.oto)。 rama(枝)の生成メソッドが二分木に変更された。
結果: 成長するにつれて、木は中央の幹から葉まで対になるように枝を生成し始め、”ピタゴラスの木”に似た外観となった。この変化はそれぞれの枝にも見られた。
付記: 試験の結果、得られた試験片は一般的なものよりも二酸化炭素の捕捉に40%効果的であることが明らかになりました。 - エクセキアス・ウェイス博士

植物: Zea mays (トウモロコシ)
変更されたファイル: estructura/cuerpo.oto(構造/体.oto)。 frutos.oto(果実.oto)クラスがestructura.oto(構造.oto)のインスタンスになるように修正され、その生成に再帰的なアルゴリズムが導入された。
結果: 結果として得られた実を検査すると、トウモロコシの穀粒がより小さなサイズの穂軸になっており、それにはさらに自己相似の繰り返しが含まれていることが判明した。このフラクタル構造は原子スケールまで繰り返された。
付記: この実験の興味深さは、味の酷さを補うものではなかったことをはっきりさせなければなりません。 - エクセキアス・ウェイス博士

植物: Citrullus lanatus (スイカ)
変更されたファイル: frutos.oto(果実.oto)。 サイズ特性を変更し、semillas.oto(種子.oto)の生成メソッドを削除し、cáscara.oto(果皮.oto)は皮の厚さを減らすように修正し、Vitis vinifera (ヨーロッパブドウ)のracimos.oto(房.oto)クラスがfrutos.oto(果実.oto)をインスタンス化するために導入された。
結果: 植物は、ほぼ透明な緑色の皮を持つ真っ赤な色のスイカの果実をつけた。果実は15個から35個の房になって出現し、どれも種子を含んでいなかった。
付記: 理由は現在調査段階ですが、この標本の果実は非常に微弱なアスペクト放射を持ちます。さらなる研究のためにいくつかのサンプルを要求します。 - リチャード・ダンウィッチ研究員

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。