SCP-ES-194
rating: +4+x

アイテム番号: SCP-ES-194

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-ES-194は大型哺乳類用の標準檻に収容され、1日3回搾乳しなければなりません。SCP-ES-194により生産されたミルクは料理目的での他施設への配給が認可されています。

SCP-ES-194-1は標準人型収容室に収容されます。担当医療職員は、再誕Renasciイベントを見越した上で対象の状態を監視せねばなりません。SCP-ES-194-1がSCP-ES-194により生産されたミルクを消費することは厳禁となっています。

再誕イベントの終局時、SCP-ES-194-1は医療職員によって自室まで護送され、検査を受けなければなりません。

説明: SCP-ES-194はホルスタイン・フリーシアン種とゼビュー亜種の遺伝特性を併せ持つように改良された家畜ウシです。収容下での老化は確認されておらず、一日につき100~110リットルのミルクを生産します。これは非異常なウシの日間平均値の3倍にあたります。SCP-ES-194の主要な異常特性は、SCP-ES-194-1個体が産み出される再誕イベントにおいて活性化します。

SCP-ES-194-1はキューバの前首相フィデル・カストロであると自認する人型実体です。1SCP-ES-194-1個体群は一貫してステージ3の肺癌の症状を示し、また常に財団に対し敵対的です。

再誕イベントはSCP-ES-194-1の臨床的死から始まります。死亡時、SCP-ES-194は妊娠の兆候を示し始め、279~287日の間続く妊娠期間に突入します。この期間中、SCP-ES-194は定期生産量の最大5倍の量のミルクを生産します。このミルクは97%の脂肪、羊水、及びSCP-ES-194-1のものと識別できる精液から構成されています。消費した場合、被験者は”若返り”と”エネルギーの増加”の感覚を感じると報告します。様々な実験から、このミルクを繰り返し継続的に消費することで、高度な細胞再生が可能であると結論づけられています。

妊娠期間の終わりに、SCP-ES-194はSCP-ES-194-1個体を出産します。生成されたこの個体は生前の旧SCP-194-1個体の目撃した出来事の記憶を有します。倫理委員会指令KYN-1221に従って、SCP-ES-194のミルクを投与することなくSCP-ES-194-1の癌を治療する方法の研究が実施中です。

発見: SCP-ES-194は1972年に、キューバ怪奇省内の財団スパイにより初めて発見されました。SCP-ES-194の創造に関する計画(通称”白き乳房ウブレ・ブランカ”)は1969年から進められており、計画の目的はカストロ首相の寿命を人為的に引き延ばし、暗殺の試みから彼を守ることでした。この計画の大部分はソビエト連邦 GRU"P"部局提供の技術と研究者による支援を受けていました。

70年代から80年代前期にかけ、ペンタグラムによるカストロ暗殺の試みが幾度か行われた後、エージェント マーウは幾度かのSCP-ES-194-1出現を報告しました。SCP-ES-194は1985年にハリケーン・ケイトのカバー下で成功裏に収容され、施設-57へと引き渡されました。現在のSCP-ES-194-1個体は地域評議会の要請により残存させられ、その政治的地位に留まることが許可されました。

SCP-ES-194-1は2016年まで財団指揮下に現れることはありませんでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。