SCP-PL-075
rating: +1+x
scp-pl-075

壁を通った後のSCP-PL-075

アイテム番号: SCP-PL-075

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: オブジェクトは、一辺4mの立方体の収容室に収容されます。収容室は、厚さ30cmの透明プラスチックで構成されています。収容室には、天井に備え付けられた標準的ハッチを介してアクセスが可能です。毎日12時間収容室を照明で照らし、その後12時間光度を5%まで下げる必要があります。これによって、擬似的に一日の日照サイクルの再現が可能になります。収容室内は、常に南アジアの環境に似た状態を維持する必要があります(補遺A18-075/UMBを参照)。環境条件については、補遺075-Tを参照してください。

収容室へのアクセス権は、レベル2クリアランス以上の職員にのみ付与されます。収容室の外には、少なくとも2人の警備員がいなくてはなりません。警備員は、偶発的事態が発生した場合、収容室内の人物を避難させることが義務付けられています。

割り当てられたテラリウム構築担当員が、一緒に収容室に滞在することを推奨します。そうすることによってオブジェクトのストレスが軽減されます。オブジェクトには、5日に1kgの硬質炭を提供してください。

説明: SCP-PL-075は、200年前のDaboia russelii(ラッセルクサリヘビ)の標本です。対象は骨格標本の状態で存在します。体内に他の有機的要素は発見されませんでした。このオブジェクトは、餌として硬質炭のみを消費します。その消費形態は異常なプロセスで行われ、炭はオブジェクトのあごに触れた瞬間「消失」します。オブジェクトは水を必要とせず、一般的に友好的で、異常なほど高い知性を示します(その知能は、最も慎重な研究者の裏をかくことができるほどです)。

オブジェクトの近くに白いものがある場合(灰色のものにも同様の効果を示します)、それがどのような材質でできていたとしても、オブジェクトはそれを貫通することができます。そしてその時点から、プロセス「リカオンF」が開始されます。これは、SCP-PL-075収容室に通常のクサリヘビ、白い煉瓦および食料(通常のマウスの場合10匹ほど)を投入することです。また、同時に、オブジェクトの浸透した物質(たとえば研究者のエプロンなど)を特定する必要性があります。次に、その物質を収容室に運び込み(可能な場合は)、それを白い煉瓦の反対側に設置します。この2つは透明なプラスチックで分断する必要があります。一定期間(最長1週間)たつとオブジェクトは、自身の居住場所を変更しようと試みます。万が一それが失敗した場合、同種のヘビが近くにいるのならば、白い表面を無視し、対象を凝視します。このプロセスが終わった後収容室から白い物品を取り出し、その後、ヘビを取り出します。

例えば、エプロンの上にオブジェクトが滞在している場合、身につけている人物は非常に危険な状態にさらされます。オブジェクトはいつでも表面から飛び出ることができ、その人物に死に至る噛傷を与えることができるためです。なぜ一般的には友好的なこのオブジェクトが人々(たとえなついている人に対してでも)に向かってそのような敵意を突然に示すのかは判明していません。

オブジェクトによる毒の注入は、それが白い表面に浸透しているときのみに起こります。毒素は理解し得ない仕組みによって作用します。注入から1秒未満で全ての血液細胞が毒に変換され、次に毒が体の80%を犯します。そこから2秒後、被害者は生物学的死に至ります。

オブジェクトが監視されているか否かに関わらず、オブジェクトが20分以上収容室に収容されている場合、オブジェクトに対し、観察者は哀れみの情を感じ始めます。そして数分後には、オブジェクトの逃走を助けたいという欲求が湧き上がります。この効果は、観察者の█████行為を妨害する可能性があり、彼らの█████にオブジェクトが浸透することが可能になります。収容室を出る際に、冷水シャワーを浴びせることによってこれらの人々は、すぐに自分たちが操られていたことに気がつきます。しかしながら、テラリウム担当者や彼らの「信頼している」人々はオブジェクトによって操られることはないようです。

オブジェクトの由来: 歴史的に、ヨーロッパを訪れるアジア人は、彼らの目的地の人々に対して貢物をもたらすことで知られていました。このゲストとホストの関係は重要なもので、075はウィリアム・ウィルバーフォースがイギリスで奴隷制度を廃止したことに対する[編集済]からの「罰」でした。当時ウィルバーフォースの助手は、主に「責任」を意味する記号「担」の書かれたパッケージを開き、このヘビに噛まれました。長く苦しんだ後、彼は、彼の上司にヘビが「呪い」であると告げました。ヘビは非常に残酷な扱いを受け、生きたまま焼かれました。財団は、自然史博物館での幽霊騒ぎに関する報告を受け、この問題に関心を抱きました。オブジェクトは、財団の従業員に対する不幸な噛傷による事故を経て収容されました。なぜこのオブジェクトがこの状態で「生きて」いるのか、それがどのようにして可能になっているのかは不明です。財団イギリス支部は当時[編集済]の深刻な問題を抱えており、結果、このオブジェクトはポーランド支部に引き渡されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。