SCP-ZZZ-JP-J
評価: +74+x

コーヒーを零してしまった。すまない。 — 春眠博士
stain.png


アイテム番号: SCP-ZZZ-JP-J

オブジェクトクラス: Okiter

特別収容プロトコル: SCP-ZZZ-JP-Jのうち、物体のものはサイト-8116かサイト-8161(もしかしたら8118だったかもしれません)の低危険度物品収容ロッカー内に収容されています。

概念、現象のSCP-ZZZ-JP-Jの影響を防ぐため財団職員は毎日必ず、7~8時間の睡眠、及びバランスのとれた食事をとる必要があります。SCP-ZZZ-JP-Jの影響を受けた際は、睡眠をとるか、カフェインを接種すると良いらしいです。

説明: SCP-ZZZ-JP-Jは精神に影響を及ぼす様々な物体や概念、現象などです。当オブジェクトの影響を受けた場合、影響を受けた対象は眠気に襲われます。また、この影響は対象や周囲の状況などで強さが変化します。影響は特に措置を施さないのであれば、数分置きに再発し、睡眠をとることで完全に脱することができます。

適度な睡眠をとっている場合は当オブジェクトの影響を受けにくくなります。

以下はいくつかのSCP-ZZZ-JP-Jの例です。


※完全な一覧は「SCP-ZZZ-JP-Jの一覧」を参照してください。

  • 「超ひも理論 入門」というタイトルの書籍
  • 子守り歌
  • 約7分のアンビエントの楽曲
  • 風呂上がり
  • 乗用車の振動
  • 家庭用ゲーム機の取り扱い説明書
  • プログラムミング言語が表示された画面

また、当オブジェクトの影響を受けた際に口を大きく開くという特殊な行動(SCP-ZZZ-JP-J-aに分類)をとる場合があります。この行動にはミーム的性質があります。SCP-ZZZ-JP-J-aを目視した場合、目視した対象は同様の行動をとるようになり、眠気に襲われることがあります。

補遺-1: 眠い。

補遺-2:
影響の拡大を防ぐため、SCP-0833-JP-Jが発生している際は、収容プロトコルに違反しない限りほぼ全ての職員を休みにし、しっかり日々の疲れを取ることが義務付けられました。

また、SCP-ZZZ-JP-Jに対抗する最終手段としてSCP-900-JP-Jの使用が許可されました。ただし、許可書が必要なことと、使用時間が3時間を過ぎたところでSCP-900-JP-Jから収容室外へ射出されることに注意してください。

これでよし

— 春眠博士


他のSCP-ZZZ-JP-Jに関する記録、及び影響報告はこちらを参照してください。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。