SCP-173-JPコンテスト「それはアートから始まった」

SCP-173-JPコンテストは2014/07/30(水)に終了しました!


エントリー作品一覧

  1. SCP-173-JP by soilence : 124点
  2. SCP-273-JP by dr_toraya : 52点
  3. SCP-312-JP by grejum : 52点
  4. SCP-414-JP by suramusi : 37点
  5. SCP-072-JP by mizuno : 37点
  6. SCP-373-JP by shinjimao : 31点
  7. SCP-817-JP by Dr Devan : 27点
  8. SCP-815-JP by Kwana : 23点
  9. SCP-284-JP by m0ch12uk1 : 22点
  10. SCP-660-JP by k_u_m_a : 22点
  11. SCP-780-JP by broken_bone : 20点
  12. SCP-536-JP by naiki : 6点

終了後の本投稿について

  • ルールに明記されている通り、優勝作品は173-JPに、他のエントリー作品はそれ以外の希望するナンバーに割り当ててください。
  • エントリーした著者自身で、自分のエントリー作品のURLとタイトルの変更を行ってください。「173jp」のタグはそのままで構いません。
  • ナンバーは宣言のあった方の先着順です。本家の1000・2000コンテストと違い、173-JP以外は新しいナンバーが使えるわけではないため特にナンバーの優先権などは設定しないものとします

割り当てるナンバーの宣言や詳しい手順については、フォーラムの以下のスレッドにてお願いします。
http://ja.scp-wiki.net/forum/t-957551/scp-173-jp#post-2077577

画像の撤去/変更が必要な作品は以下の作品です。
* 「愛のかたち」 by mizunomizuno
* 賊烏画 by broken_bonebroken_bone


概要

「最初のSCP」であるSCP-173 ”彫刻 - オリジナル” は、日本の彫刻家、加藤泉氏の作品「無題2004」の画像に不気味な設定を付け加えていったことから生れたものでした。そこからSCP財団という一大共同創作サイトが始まったのです。

権利上の問題などもありますが一先ずさておき、要は芸術にはそれだけの原動力がある、ということです。
SCP財団が英語圏で生まれたのが2007年、日本でSCP財団が認知され始めたのはそれから6年越しの2013年です。SCP財団日本語版サイトがWikidotで作られたのもその2013年の7月8日でした。つまり、今年の7月8日にて一周年を迎えます。

これを機に、今まで空座であったJPナンバーの173、「SCP-173-JP」を決めてしまおう。ということでコンテストを開催する運びとなりました。
テーマは「芸術作品を基にしたSCPオブジェクト」。芸術作品から得られるインスピレーションは、果たしてどのようなオブジェクトを生み出すことでしょうか?

テーマ

『何らかの芸術作品を写した画像』をメインに用いたSCP報告書によるコンテスト


元々のSCP-173が画像から着想されたものであることから、本コンテストもそれに則り、画像の使用を指定します。
『何らかの芸術作品』とはどのような芸術でもよく、例えば彫刻、絵画、版画、書画、陶芸、あるいは「写真」そのものも一種の芸術といえます。

もう少し詳しくいうなら、「被写体が芸術作品である写真」もしくはそのように見える画像です。後者は例えば、彫刻のように見えるCG、絵画調に加工した写真などのようなものを想定しています。
芸術を詳しく定義しようとするとそれこそ本業の芸術家や研究者が議論するようなことになるわけですが、その上で写真として直接撮影できるものは一般に「美術」の分野に限られることになるでしょう。(楽譜の写真、など例外は考えられますが)
画像がそれらしければよいので、設定上は(本家SCP-173のように)生物であるなどどのように書いても構いません。

「そんなこと言っても芸術作品の画像と言われても……」と、言う方のために、コンテスト側から5種類の画像を選定いたしました。
これらから選んでもよいですし、芸術らしい画像を自分で見つけて(もちろん権利的問題をクリアしたものを)エントリーすることもできます。

SCP-173-JP 候補画像

SCP173JP1.jpg
SCP173JP2.jpg
SCP-173-JP-い SCP-173-JP-ろ
SCP173JP3.jpg
SCP173JP4.jpg
SCP-173-JP-は SCP-173-JP-に
SCP173JP5.jpg
SCP-173-JP-ほ

※ 画像のライセンスは「ディスカッション」の最初のコメントにまとめます。ご参照ください。

日程について

レギュレーション公示 7/1(火)00:00
投稿受付開始 7/8(火)00:00:01
新規エントリー&編集〆切 7/22(火)23:59:59
最終投票〆切/優勝者決定 7/29(火)23:59:59

ルール

作品の要件

  • 上記の「SCP-173-JP 候補画像」に示された画像(以下、『候補画像』)の中から1つを選択するか、条件に合う画像を別途用意するか選んでください。
  • 選んだ画像を「メイン」に据えたSCP報告書記事を執筆してください。
  • 候補画像を使用する場合、トリミングや書き加え等の各種加工を行っても構いません。(いずれの画像も改変が許可されたライセンスです)元の画像が分からなくなるような極端な改変はコンテストの趣旨に反しますのでお止めください。
  • 1つの作品で2つ以上の候補画像を使用することはできません。候補画像以外の画像を追加することは構いません。
  • 既にSCP財団に投稿されている作品によるエントリーは出来ません。

作品のエントリー

  • 記事本文が出来ましたらページを作成してください。事前に下書きの批評を受ける必要はありません。
  • ページのアドレスは特に指定しませんが、「Wikidotユーザー名+scp-173-jp」をオススメします。
  • ページのタイトルは通常の記事におけるSCPナンバーの代わりに、報告書リストに付けるようなタイトルを付けてください。エントリー作品一覧で表示するための措置です。
  • 最後に、作成されたページには「173jp」のタグを 必ず つけてください。これを忘れるとエントリー一覧に表示されません。
  • 著者1人につきエントリー作品は1作品までです。合作の場合、関わったサイトメンバー全員に1作品としてカウントされ、別の作品でエントリーすることは出来なくなります。
  • 「編集〆切」の期限より前であればエントリー後も自由に編集できますが、報告書としてひとまず完成させてから投稿してください。

優勝作品の決定について

  • 投票のルールは通常の報告書記事と同様で、参加者であっても自作品以外になら他のエントリー作品に自由に投票できます。
  • 上記の「日程」で示された最終投票〆切の時点で、最も評価の高いエントリー作品を優勝とします。
  • 優勝作品は「SCP-173-JP」として、SCP-JPナンバーのメインリストに記載されます。
  • さらに候補画像を使用した作品は画像毎に評価の高いものを挙げ、その画像を使用した報告書をメインリストのSCP-JPとして登録する権利を得られます。
  • 権利を得られなかった場合は、画像未使用で投稿する、画像の変更を行うなどの処置が必要となるでしょう。この際に記述を変更する、あるいはそもそもメインリストへの移行を行わないでおくことも作者の自由です。同一の作品であることが分かる範囲の変更なら、「173jp」タグを保持しても構いません。
  • 作者同士で相談して合意すれば、扱いを変更するのも自由です。(1位だが別の画像に差し替えても問題ないので譲る、示し合って全く同じ見た目の別のSCPということにする、など)
  • 同率1位の作品が複数出た場合、一週間の決選投票期間を設ける予定です。

その他のルール

  • 特に指示されていない点は、通常のSCP報告書記事と同様にサイトルールやガイドラインに従ってください。Joke記事などは趣旨に反します。
  • エントリー作品はコンテスト終了まで、低評価による削除の対象外となります。それ以外の理由による削除は通常通り執行されます。
  • 日程で示された期限を破ってページの作成/編集が行われた場合、事前の警告なしに削除/過去の版への差し戻しを行う場合があります。
  • その他のルール違反が発覚した場合は警告を行い、それに対して改善が見られない場合はエントリー作品の削除などの措置をとる場合があります。
  • ルール違反でなくても明らかに目に余る行為(例えば投票が自由だからといって、自作品以外の全エントリーにDownvoteを投じるなど)に対しては同様の措置をとる場合があります。

質問・不備などありましたら、本ページのディスカッションにお気軽にお書きください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。