『博士のひみつを大公開! 第1巻』立ち読み版
評価: +30+x

第1章 博士のおもちゃの作り方!

やあ! いつも博士のおもちゃで遊んでくれてありがとう! 今日は君たちに、博士がどんな風におもちゃを作ってるのかを教えるよ!
博士のおもちゃ作りは、町を散歩するところから始まる。公園や学校で遊ぶ子供たちを見て、どんな遊びがはやっているのか、どんなおもちゃなら楽しんでもらえるか考えるんだ。
そして楽しいおもちゃを思いついたら、すぐに研究所に戻って、開発開始だ!
例として、ふわふわ浮遊マシンをどんなふうに作ったのか見ていこう!

(製品版を読んでね!)

どうだい、驚いたかな? 君たちのおもちゃは、博士とたくさんのスタッフの血と涙と汗で出来てるんだ。大切に遊んでね!

第2章 ライバル登場! ワンダーテインメント博士

君たちは「ワンダーテインメント博士」を知ってるかな? 彼女は博士の敵だ。彼女はネズミのように臆病でずるいやつなんだ。彼女は博士のあふれんばかりの才能に嫉妬して、博士のおもちゃの劣化品を売っている。良い子のみんなは、彼女のつまらないおもちゃではなく、博士の楽しいおもちゃで遊ぼうね!
さて、嫉妬するだけならまだ良かったんだけど、彼女は博士に攻撃を仕掛けてきた。逆に、博士のおもちゃが彼女のおもちゃのニセモノだって言ってきたんだ! やさしい博士も、さすがにこれには怒ったよ。それで、仕返しをしてやることにしたんだ。

(続きは製品版で!)

第3章 クソ財団をぶっつぶせ!

ここからはないしょのお話だ! パパやママ、お友達にしゃべったらいけないぞ!
博士は財団と戦っている。財団って何かって? 簡単に言うと、悪の組織だ。うわさによると、小さな女の子を閉じ込めて、乾いたチョコクッキーだけ食べさせてるらしい。ああ、なんてつまらない毎日を送ってるんだ、その子は! 博士は世界中の子どもが楽しい毎日を送ることを願ってる。だから博士は財団をつぶさないといけないんだ。
それに財団は、君たちに届く前の博士のおもちゃを取り上げることもするんだ。なんてひどい奴らだろう! 許せないよね。どうも財団は、博士のおもちゃのような、わくわくするものを独り占めするのが目的らしい。まるでガキ大将だ! 君たちは博士のおもちゃでみんなで仲良く遊ぶんだよ! とにかく、博士はガキ大将気取りの財団をこらしめることにした。


立ち読みできるのはここまでだよ! 製品版ではワンダーテインメント博士との因縁や悪の財団との戦いの全容が明かされるよ! 文字だけの本は眠くなる子も大丈夫! たくさんのさし絵が楽しい読書にするよ! そして、予約してくれた子には博士のわくわく文房軍セット(復刻版)をプレゼント! 読んで遊んでもっと博士を好きになろう! 楽しもうね!

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。