セキュリティ施設-PL

施設リスト (一部)

以下のリストはポーランド支部の施設の一部です。機密性と安全性への懸念により、ポーランド支部の多くの施設は登録できないため、このリストは完全ではないことに留意してください。

サイト

facility-texture.png10 サイト-10 (収容サイト-10)

サイト-10はミーム的・精神影響的なSafeクラス・Euclidクラスのオブジェクトを収容する施設です。このサイトはシフィェンティクシシュSwietokrzyskie山の付近に位置します。サイト-10内には財団製造部門が置かれています。

facility-texture.png14 サイト-14 (生物サイト-14)

サイト-14はグリヴィツェGliwiceに位置する、生物学的なSafe・Euclidクラスオブジェクトの収容・研究を行う施設です。サイト-14内には財団研究員に向けた基礎訓練センターが置かれています。

facility-texture.png30 サイト-30 (上級司令部)

サイト-30は財団ポーランド支部の司令部であり、情報中枢兼監督機関としての機能を持つポーランドの施設です。安全要求のために、サイト-30には1980年以降はアノマリーが収容されていません。現在の収容棟にはポーランドにとって歴史的・文化的に重要なSafeクラスオブジェクトが収容されていますが、サイト-30の研究プロジェクト下にはあらず、全実験は許可された他のサイトでのみ行われなければなりません。1990年に機動部隊-HQが配備されました。サイト-30の位置はレベル-4最高機密クリアランス下にあります。

エリア

facility-texture.png5 エリア-5 (軍事収容エリア-5)

エリア-5はKeterクラスアノマリーの収容・研究を担当する施設です。ほとんどの機動部隊の訓練がここで行われます。戦時中のエリア-5はシフィノウイシチェSwinoujscie付近に位置していたものの消滅し、ヴロツワフWroclaw近郊へと移転しました。エリア-5内には財団の即応部隊の中隊が割当てられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。