ピエロを送れ
評価: -1+x

エージェント・ウィタカーは起き上がり、呻いた。彼はひどい二日酔いのようだった。彼の頭に、いらいらさせるナショナルウェザーニュースの、「ブレェェェェク」というノイズのような音が響いた。そして彼の顔は…脂まみれだった。彼は瞬きすると、通りの真ん中に立っている、ベッドに横たわっている訳ではない、ということに突然気づいた。いったい何が起きたんだ?

彼は近くの窓に近づき、反射した彼の姿を見た。彼の顔はピエロのように塗られ、どういう訳かカウボーイの帽子を被っていた。それに…どうしてスポーツ実況が聞こえるんだ?何が起きているんだ?彼が覚えている一番最後の記憶は、彼がチームと一緒に…どこかに乗りこんで…

「よう、相棒。お前の番だぜ。」彼は見えない力で路地に押し出され、それの前に躍り出た。それは…それに対する一番ぴったりな言葉は"ドラゴン"だったが、確かにドラゴンと言い切るにはまずい見た目だった。肌はうろこと腐肉で組み合わされ、少なくとも6つの眼を持ち、その腹に開いた穴はほとんど第二の口のようだった。そして悪臭…それは怒っているようだ。彼には怒っている理由が分かった。それの頭のところに、誰かが乗りこなそうと、腐肉を手綱のように持っているのが見えた。

ウィタカーは走って逃げ出した。彼は都市部にいる、それは確かだ、だが…この都市はわけがわからなかった。通りの行き止まりは斜めになった煉瓦の壁だった。摩天楼が倉庫の隣に立っていた。彼の思考の端で、学校が通りの真ん中に張り出しているのが見えた。彼は通りの最後の建物に飛び込んだ、どうか上手く隠れられるように…あの怪物が何であろうとも。

恐ろしげな、非人間的な声が吠えた。「うんざりだ!」建物全体が震え、ウィタカーは机の下で縮こまった。彼はほとんど泣きわめきそうになっていたが…彼の唇からは何の音も漏れなかった。かれは「アップル」と言おうとした。だめだった。「バーリー」だめだった。彼は話すことが出来なかった。

それは重要ではなかった。彼は大きな破壊音を聞いたのだ。それは大トカゲが学校を破壊しながら突き進んでくる音だった。彼は裏口から走り出した。彼はまた別の声を聞いた。それは大きくとどろく、先ほど聞いたあのスポーツ実況だった"ロデオピエロ"について?悪趣味なジョークの一種か?頭の中のクソッタレなノイズは止まらなかった。だからいったい何が起きてるんだ?

大トカゲは学校を完全に破壊したが、ウィタカーはそのときには1ブロックは離れていた。彼は見上げ、突然足を止めた。そこには彼の姿が、どの建物よりも大きな巨大スクリーンの中にあり、彼が大トカゲから逃げ回る様が映っていた。その下で、何千もの観客が閲覧席に座っていた。巨大スクリーンには簡潔に文章がディスプレイされていた。

682ロデオ
ペプシ
がお送りしています

ウィタカーにはそのクソッタレが何なのか考える時間さえなかった。その前に巨大スクリーンの対象が彼に戻り、大トカゲ、どうも682らしいものが彼の後ろにいるのが映った。それの顎が開き…そして彼の足をポキンと折った。

ウィタカーの人生最後の体験は言葉に言い表せない痛みだった。


「それで僕の父さんが彼女を撃ったのさ、」単調な調子でケインは言った。「不気味だったよ。」

「なんて驚異的な物語なんだ、ケイン教授!コンドラキがやっていることを見てくれ!」クレフはタイマーをチェックした。「オーマイ343!コニーは今682に3時間も乗っている!3時間も魔法のドラゴンに乗っている!誰かこいつに財団の勲章をやれよ!」

「けどさ、ロデオピエロたちは気の毒だよね、そう思わないかい?」

「彼らは単なるGOCエージェントだ、クロウ。誰も気にしないさ。」

「…この試験の公的な目的を僕に思い出させてくれないか?」

「都市環境における682の反応試験だ。要約を読まなかったのか?」

「でも本物の都市を使わなければいけなかったかなあ?」

「いいんだよ、ケイン。心配性だな。」

ちょうどそのとき、682はエンパイアステートビルディングに登りだした。コンドラキはまだくっついていたが、682は建物を出たり入ったりし、彼を振り落とそうとしていた。その間中、両者は悪態をついていた。682は「私から降りろ汚れた人間め!」と言っているようだった。コンドラキは無邪気かつ快活に笑い、飛んでくるガラスをよけながら悪態をついた。

とうとう682は建物の頂上に到着し、頭を振ってコンドラキを振り落とした。彼は2分以内に、下の歩道の赤い水たまりになった。

「で、コンドラキのタイムは3時間10分だ!悪くない!」クレフはケインに向き直った。「誰かに歩道から彼を擦り取って来てもらわないと、君はどうだ?」

ケインはちょっと不満を言ったが、マイクロフォンに向けて話しかけた。「682ロデオはタコベルがお送りします。思い切り生きよう(Live Mas)。やってくるぞ、束縛付き、しかも鞍なしの682ライドだ!でもその前に一旦CMだ。」

« | ハブ | »

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。