S. D. ロックの提言
評価: +15+x

あなたは主要な道路から一マイルほど離れた天然の洞窟に隠されたアクセストンネルを見つけた。

キーカードはいらない。ドアは半開きのようだ。

臭いがする。奴らの臭いだ。幸いにして、奴らは移動したようだ。あなたはあまりに遠くまで来てしまった。もはや後戻りはできない。

サイトの入り口から深部へと引きずるような汚れが続いている。奴らの1つの血液か糞か - あるいは他の何かが擦り付けられている。あなたにはわからない。あなたはそれを避けて進む。

まだ遭難信号は受信されている。それは昨日から送信され始めたものだ。誰であるかは知らないが ー あなたは生きているよう祈る。

あなたの靴音が空虚な廊下で木霊する。まるであなたが闇に1人で進んでいるのではないように、靴音1つが1ダース、世界全部に響くように聞こえる。

エレベーターは止まっている ー なのであなたは階段を使う。B5フロア:Keter収容階で終わっている。あなたはいくつかの空の収容チャンバーを通り過ぎる。そこに収容されていた恐怖はとうの昔になくなっている。

もしあなたが幸運なら。

引きずられた汚れはシグナルの源であるオフィスへつながっている。ドアは破壊されているが、途中で止まっている。あなたは足を踏みしめ、全力でそれを押す。

何かが部屋から滑り出しあなたの左を通り過ぎ、あなたがはっきり見る間もなく曲がり角へと消えた。あなたにはとっさに'犬'のように見えた。

だがそれは、天井を走っていたのだ。

あなたは部屋で人心地つき、ドアを乱暴に閉めた。ここは暗い。あなたは安全だ。あなたはジャケットと頭に巻いたものを脱いだ。あんなことが起こったあとに、熱中症のようなもので死ぬほど恥ずかしいことはないだろう。

非常灯が回転し、1秒ごとにパールオレンジの光を部屋に投げかけていた。まるで部屋そのものが鼓動するように。

ドアの後ろには棚が手当たり次第に設置されていた ー バリケードだ。部屋を見渡すと、土の付いた衣服、食べかけの食料、トイレが隣接するにもかかわらず、隅のバケツには排泄物。北側の壁にある圧縮空気チャンバーは居住者に消耗品を運んでいたと思われる。

汚れの筋は部屋の隅で、汚い水溜まりを形成して終わっていた。あなたはいくつかの薬剤の瓶を見つける ー よく見てみると様々なオピオイドのようだ。全て空だ。

コンピューターを載せたデスクがある。あなたがターミナルに近づくと、電源ボタンが点滅しているのがわかった。

あなたは座り、電源を入れた。

非常プロトコル発動。クリアランスレベル・セーフガード除去。完全アクセス許可。

確保.収容.保護.



Loading...

Loading..

Loading...

Loading..

Loading...

Loading..


あなたはドアのすぐ外の足音を聞く。重い足音と、引きずるような足音を交互に。


Loading...

Loading..

Loading...

Loading..

Loading...

Loading..

Loading...

Loading..

Loading...

Authenticating...

..

...


床と戸口の間から投げかけられる光に、影が落ちる。


..

...

..

Authenticating...

..

...

..

...

..

Authenticating...

..

...


乱れた呼吸を落ち着け、それが通り過ぎるのを祈りながら、あなたの緊張は高まる。心臓があなたを裏切るかのように飛び跳ね、鼓動で耳が聞こえなくなるのをあなたは呪う。


Please Wait...

..

...

..

..

...

Please Wait...

..

...

..

Please Wait...

..

...

..


影は去った。あなたが安堵のため息を漏らすとスクリーンが灯った…。


Opening File

🔥 自動保安システム通知コード235 (ASSN-235) 🔥

SCP-001ファイルの現在の復旧バージョンにはエラーが含まれています。現在表示されているのはバージョン#3
です。新しいバージョンはこのページの下部からアクセスできます。






































特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。