沈黙の紅松、血染めの女
rating: +5+x

イントロダクション:
大興安嶺の冬は言うまでもなく、暴雪混じりの強風が林中を吹き抜け、林間で人々が生命を維持するための温度を、無情にも奪っていく。一陣の冷風が起こり、林の端から端へと通り抜け、そして最後には藁葺き屋の中に入り込んだ。屋内では、一本の刻み煙草から白煙がちらりと輝き、そして元に戻った。 

ボロボロの綿入れを纏った一人の老人が、このボロボロの藁葺き屋の中で、一口、また一口と煙草を呑んでいる。この煙は彼にとって三番目の宝物であり、残る二つは眼前の20年以上前の古い猟銃と――

老人は視線を窓の外へ向けた。一本の紅松が暴雪の中にそびえ立っている。飛び交う雪の中で、ただ一つ変化しない存在だ。

「小五1や、今日も、お前は大変に元気だな。」老人は顔に歳月の凝縮した皺を広で、愉しげに話している。「万里の寒空はただ一日、金眼玉爪は凡材にあらず。ああ、儂は60を越えた、お前はまだ二十過ぎで、未来はお前のものだ…」 


しかし、老人は今年80を過ぎていた。

彼は煙草を吸い続ける、煙草は絶え間ない火の中で灰を飛ばし続ける。

勿論、20年前の警察も後に現れた財団フィールドエージェントさえも、誰もこの出来事に注意を払わなかった。 

彼らが見たのは、ただこれだけだった。

一丁の猟銃 そして地に倒れた父親。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。