サイト7ハブ
rating: +5+x
hub-zone-7

tale

「台風の目」サイクル
(作者 - Blackbird5154)

第1話: 台風の目
結局のところ、彼は特別なスキルや知識のない、セキュリティクリアランス2を持つ一般的な研究助手である。どのようにして、彼は強大な敵か何かに、反抗することができるだろう?

第2話: フィールドエキスパート
"車はでこぼこした泥道を走っていた。運転手は、急いでいるようだった。"

第3話: 妄想
"部屋の中央に穴が開いていた。その淵もコケで覆われていたが、そのまま下に落ちていって、どこかへ消えた。"

第4話: 空の部屋
"ユージンは突然黙りこくった。彼はモニターから少しはなれて、安全管理管にそれを見せた。「オブジェクトのリストは長くしちゃいけないのか?」""

幕間: 情報提供者
"「君が今日彼に連絡をよこした人だね?」奇妙で響きのある音が、倍音の束になって、彼の頭の中に響いた。"

第5話: 私たちではないのなら、誰だ?
"彼は川の轟音を聞いた。彼はそれに手を突っ込んで、岸辺の砂の暖かさを感じていた。"

「利害の衝突」サイクル
(作者 - cleveremptY)

第一章
"財団には、たとえそれを明るみにしないにしろ、弱点がある。"

第二章
"誰かの足音が聞こえた気がした。雑誌を回すと、目の前に、細くて長い、フォイルされた面が現れた。"

第三章
"彼らはすでに町を出た。遠くには地平線があった。道路から遠く離れたところには、木々の上に載った電線があった。空の中で、雲は幻想的に並んでいた。"

第四章
"さて…―スペシャリストはゆっくりと言った。―君はどのような処罰を受けさせようか。"

第五章
"私は、一般的な警告システムを通じて、中央モジュール"D"の放送を開始した。"

第六章
"要請は、エージェントと一緒に、ボード上にあった地図と、いくつかの事柄について考えた。誰もが緊張し、集中していた。"

第七章
"君はここまで長い道のりを歩んできた。なぜ十分に答えることができない?"

エピローグ
"のぞき穴を見て、彼女はそれを聞き、年老いた警備員の後ろを見た。彼らは、「彼らはあなたをここに連れてきて、今日、手渡すように要求してきた。」といい、女性に、2つの封筒を渡した。"

SoHを救済せよ
(作者 - V_V_Sector)
"Pleshkinは、突然自分の中のどこかで、脈動している黒い塊に気づいた。"

そうしなくてはならない。
(作者 - Dr Kostyankyn)
"まもなく、彼はクレーターに近づいていった。その中心部にあった、かつてのサイト141は、明らかに異常だった。"

安全係数
(作者 - GaussFM)
"ZKにKotovは静かに触れた。このような繊細な作業が、モバイルエンジニアリンググループに割り振られた理由だった。"

完璧な心
(作者 - Blackbird5154)
"壁は徐々に離れていき、宇宙が私に向かって動いてきて、私をすばやく拾い上げた。"

ドキュメント

「ヒューマンシールド」:プロジェクト情報

サイト7-Dに関する情報

エージェントバーマンの日記

John Doe研究員の個人的なケース


ハブの紹介

サイト7ハブ - これはロシア史部内のtaleの集まりだ。すべては、インシデント1001-RUを中心に展開され、それによってSCP-1001-RUは制御不能となり、その結果が発生する。このハブは、ロシアの執筆者が、taleを書いたり、オブジェクトを結びつけたり、プロジェクトや、関連組織を単一のタイムラインのコンテキストとして創作したりできる共通のストーリー空間だ。

共有の範囲というのは、職員、オブジェクト、および題名の、相互関係を意味する。我々はみな共通の世界に住んでいる。同様に、我々のキャラクターたちは、互いに孤立しているわけではない。彼らはコミュニケーションをとり、オブジェクトと共同作業をしたり、プロジェクトに参加したりする。彼らの運命はグローバルな出来事に絡み合って、一体化している。「サイト7」は我々の共通の家であり、誰もが自分の役割と責任を果たしている。

単一のタイムライン(時系列)は、我々のサイトの歴史のように、財団の宇宙が過去、現在、そして未来を持っているということを示している。それがどのように始まったかを想像して。今どんな状況か推測して。将来我々を待っているものを考えて。財団とサイトは、その形成期間を経験した。クロステストのまだ禁止されていなかった時代があり、多くのスタッフが財団を去った。それ以来、我々は長い道のりを歩んできたが、後ろを振り返るのは、しばしば有用で、さらに面白いことだ。

ジャンル 冒険と、必要に応じてホラー、必要に応じて、ジョーク。でも、けして限度を超えないで。あなたが、「秘密組織の日常の深刻な現実のおとぎばなし」というグラデーションを使うとき、それは御伽噺には近いものだけれど、別の方向にずれていく可能性だってある。

出来事の起きた時間 2015-2016.

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。