SKP-173-US
評価: +2+x
SCP-173.jpg

収容中のSKP-173-US

アイテム番号: SKP-173-US

分類: 非安全

利用: 粛清クラス 3

安全指示: SKP-173-USは常に施錠されたコンテナに保管される。職員がSKP-173-USのコンテナに入室しなければならない場合は、必ず3人以上で入室し、入室後にドアは施錠される。職員がコンテナから全員退室し再び施錠するまで、常に入室した職員のうち2人はSKP-173-USを注視し続ける必要がある。

SKP-173-USを粛清に使用する場合、SKP-173-USと3人の職員は、収容室の壁にある観測窓越しに視線接触を維持し、その間に粛清対象者をドアから収容室に侵入させる。粛清管理官の指示によりドアを施錠し、続いて観測窓を閉める。

説明: SKP-173-USは1993年に特殊施設-US19へ収容された。SKP-173-USの素性は未だ不明である。SKP-173-USはコンクリートと鉄筋で構成されており、クライロン社製のスプレーを吹き付けられた痕跡がある。SKP-173-USは生きており、極めて敵対的である。SKP-173-USは直視されている間は動くことができない。決してSKP-173-USから視線を逸らしてはいけない。コンテナに入室する職員は互いに瞬きをする前に警告するよう指示されている。SKP-173-USは頸部の圧断や絞殺といった方法で攻撃を行うことが報告されている。SKP-173-USが攻撃を始めた場合、職員はハザードクラス4の収容プロトコルに従うことになっている。

コンテナに誰も入室していない間、コンテナの中から石を擦る音がすることを職員が報告している。これが正常な状態とみなされており、いかなるSKP-173-USの振る舞いの変化も当直のセクター担当者に報告すべきである。

コンテナの床の赤褐色の物質は排泄物と血液の混合物である。これらの物質の起源は不明である。職員はコンテナを定期的に隔週で清掃しなければならない。加えて、粛清後にもすぐさま清掃し、死体を片付ける必要がある。

粛清管理官は粛清対象者を収容室に入室させる前に、彼らの苦痛をより大きなものとするために超常資産SKP-173-USの詳細を語ることが許可されている。












製作者に関する情報

この記事に使用されている画像は加藤泉氏の作品である"無題 2004"を撮影したものです。写真はKeisuke Yamamoto氏によって撮影されました。これらに関する全ての権利は各著者の方々が有しています。

注意: SCP-173は加藤泉氏の作品である"無題 2004"およびその写真を二次利用して生まれたものです。SCP-173のコンセプトは元作品である"無題 2004"のコンセプトとは全く関係ありません。

この彫刻及び写真はクリエイティブ・コモンズライセンスの元では公開されていません。記事の文章のみがクリエイティブ・コモンズライセンスの元で公開されています。いかなる場合においても、この彫刻および画像を営利目的で利用してはいけません。加藤泉氏は"無題 2004"の画像の利用を、非営利に限るという条件のもとでSCP Foundationおよびそのファンに対してお許しくださいました。これは加藤泉氏のご厚意によるものです。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。