Sonderkommando für Paranormales - Hub

It is true. All is true. The Americans have imprisoned them

SKP-Logo-400.png

異常利用特殊部隊(Sonderkommando für Paranormales) は、ライヒ(Reich)のため行われたH-Sonderauftagによるパラノーマリー研究の結果、創設された。

1944年後半、最初に戦闘に利用できるSKPが完成した際、既に一部の将官は実質この戦争に敗北したものと考えていた。しかし、SKP-███の大量生産は、我々を石油支配の時代から独立させた。アメリカ人が1945年半ばにケルンへ原子爆弾を投下したとき、彼らは北東沿岸部の運命を自ら断つこととなった。1951年12月、戦争は終結した。欧州連合(EU)諸国は、非常に幸福なことに大ドイツ国の一部に吸収された;同盟国はライヒの臣下となり、それ以外の敗戦地は植民地となった。

それらを研究・利用することと引き換えにパラノーマリーを確保し隠蔽していたアメリカSCP財団はSKP傘下へと組み込まれた。反抗的な人員はTクラスへと回され、不要なパラノーマリーは破壊された。

1970年、総統(Führer)の死は大ドイツ国に衝撃を与えたが、しかしSKPは1週間継承戦争による被害を逃れ、更にはSSの没落から利益を得た。もはや我々を阻むものは無い。

以来、世界は平和そのものである。反乱を試みる者はいない。我々は戦争以外にもSKPの活用を見出した。全ての反体制派は、崇高なる臣民となったのだ。我々は千年にも亘って人類を脅かしてきた病を打ち破った。不具を持って生まれる者は無く、飢餓も無く、また空虚な人生も無い。

異なる現実では未だ人類が飢餓、不正、疾病、多言語、そして紛争に苦しんでいることを我々は知っている。我々はそんな現実を変え、その世界に生きるゲルマンの民と我々の財産を共有する手段を模索していかなければならない。


SKP関連ページリスト

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。