朝までまっすぐに ハブ
評価: +13+x

さよならは言わない。さよならを言うってことはいなくなるってことだし、いなくなるってことは忘れるってことだから。 ~ ピーター・パン。

偉大なる1973年、世界は宇宙の征服へと乗り出しました。アポロ計画は人類を月へと運び、その後まもなくミネルバ計画が始まり、最初の月面基地を建設しました。それらの活動の協同性質は、結束を強くしました。ワルシャワ条約と、NATOと中国が参加し、瞬く間に新しい探検の黄金時代の始まりが見えたようでした…しかしそれら良きことは終わりを迎えたのです。

LuciferVirt.png

財団宇宙軍の主力、最先端のルシファークラス重巡洋艦。

6月13日の早朝、彼らの知る世界は失われ、理解を越えた力によってどこかへ行ってしまいました。月面基地、財団の秘密の軌道施設、ソビエトの幽霊船、中国の宇宙研究所はすべて取り残されました。SCP-2047の活性化地球を冷たく、死した世界へと置き換え、故郷を永遠に失ったわずかな生存者の周りを回っていました。しかしながら、これらの男女の中で、幽霊のようにあきらめていない開拓者精神が残っていました。

あらゆる異常に立ち向かうため、船の集団を共同で修繕し、コロニーとスペース・デブリを再利用し、残存する人類政府の不安定な連合を率い、彼らはいかなる犠牲を払っても故郷を見つけだすことを決断しました。確かに不可能な目標ですが、ある種の興味深い一団が興奮を高めながらそれを見ていました。ショウメン、1822の製作者は生存のための良き闘争を愛し、人間の残存者は正しい方向へ優しく後押ししてやるに値する娯楽だと判断しています。

連合地球艦隊へようこそ。あなたが滞在を楽しむよう願っています、なぜなら私たちにはあまり多くの選択肢がないからです。私たちの現在の方向は左手に2番目の星、朝までまっすぐに向かっています。

Tale:

  • 最初の五十五人 - 大分離の生還者、ダグラス・パングワァーへのインタビュー。
  • All Along- 6月13日、緊張が高まる。
  • The Watchtower- 最初の戦いが始まる。
  • Pitch Meeting- 最後に生き残ったO5が会議を開き、ショウメンが説得する。
  • Dossier - FSF Delivery- リスクは大きく、報いは少ない。旗を掲げろ。
  • Minerva Lifted- アクセル・ヴォン・エルバッハ管理官が不運にも新しい任務を受け取る。
  • ムーンレイカーズ- ノアムトスクが奇跡論航行学の恐怖を発見する。
  • The HAMI-BOMBARD Blues, Part I- 蛇の手が原子力へ向かう。
  • Five Years- Pushing through the market square, so many mothers sighing. News had just come over, we had five years left to cry in.

報告書:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。