色彩の疑問
評価: +25+x
blank.png

「お疲れさまです。子供の送迎してきますね」

そう言って仕事を一足先に切り上げる。外へと足を踏み出し、ギラギラと輝きだす太陽と大空に目を向ける。今日も空は青い。不自然に濁った青が太陽と共に私を照らす。それを感じる度に気がめいる。当時はそんな事はなかった、むしろ清々しい気分で仕事に没頭できたものだ。同僚から周辺の道道が渋滞していると言っていたのを思い出し仕方なく歩きで向かう。幸い歩きで行けない場所に保育園はない。片道30分、その間この空に照らされ続けなければならない。

重い足を動かしようやく目的地へと着く。戦後の影響からか多少の焼け跡が残る小さな保育園に██は通っている。
「すいません。██の迎えに来たのですが」
「あっ、███さんですね。少しお待ちください」
毎日のように聞く彼女の声がここまでの道のりを祝福してくれてるかのように感じる。いかんいかんと首を横に振り██が来るのを待つ。奥から聞こえる子供達のワイワイガヤガヤと聞こえる騒ぎ声を聞いて少し笑みがこぼれる。「今日もたくさん遊んだんだろうなぁ」と。

数分後彼女が██を連れて戻ってくる。
「パパー、ただいまー」と言い胸元へ飛んでくる。
「ああ、おかえり」と普通の返事をするが██は私の子供ではない。ある夫婦の子供だったのだが……、例の空の案件で全世界に記憶処理剤ENUI-5を放出した際にごく僅かの人間に対してのみ……ある不思議な出来事が起きた。

「パパ、どうして空は青いの?」

保育園から出て数分が立った後にその不思議な出来事が発現した。そう、この疑問である。今までにも海、草等の様々な疑問もぶつけられてきた。空が空色だった頃や海が水色だった頃や草が草色だった頃……いや、空は空色であってそれ以外のどんな色とも同じではなく、全てのものがそれぞれ異なる色を持っていたあの頃の人間は皆こんな疑問を持つようなことは一度もなかった。そうこれが不思議な事。記憶処理化合物ENUI-5が消しきれなかった負の遺産……ともいうべきか。当然我々がそのことを無視するはずがない。既に手は打ったのである。しかし……

「分子っていうの物があってね、その大きさが小さいとレイリー散乱ってのが起きるんだ。それが原因だよ」
「ぶんしって何? れいりーさんらんって何? ああもう全然わかんないよ!」

これは子供には通じないのだ。そもそもの話、レイリー散乱とかとってつけたような言い訳を簡単に。ましてや子供相手に説明できるはずがないのだ。現在財団はあらゆる術を持って手を考えているのだが、未だ策は見いだせていない。もう、化合物ENUI-5は使えない。だから私は今逃げ場としてこのような言い訳をしている。

「██の目が青く、映しているんだよ」
「なんで? なんで? 私の目どうなってるの?」

ついには通じなくなった。子供の好奇心という物は恐ろしい。大人をここまで追い詰めてくるとは思わなかった。そして来てほしくなかった言葉が飛んできた。

「パパ、何かかくしてるの?」
「えっ……いや、別に」

感づかれた。我々が徹底的に隠そうとした事実に。今まで同じ言い訳を繰り返してきたからだろうか……。しかし、これはやり遂げなければならない事である。

「そうだな……、目っていうのはね。ありとあらゆる物を綺麗にしてくれる仕組みがあるんだ」
「えー! なにそれ!」

食いついた。

「ああ、██は空を綺麗と思うか?」
「うん!」
「だから██の目は空を綺麗にさせる為に頑張っているんだ。こー、色を弄ってね。それも他の色も同じさ」
「すごいねー!」

隣で目を褒めたたえている██の姿に不意にも笑ってしまった。確かに子供とは好奇心旺盛で、あらゆる物に興味を示してしまう。しかし、それは"騙されやすい"とも言う。やがて、██は大きくなり、いろんな事を学ぶだろう。そしてやがて██はたどり着くのだろう、色の真実を。その時を待つことしかできない、今の私には。

「そうだ、今日ねお歌を歌ったよ。ドレミの歌ってすごいね虹みたいな色だったよ! これも目の力なの?」
「ははっ、そうだよ」

言ってはなかったが我々が██を保護しているのにはもう一つの理由がある。ある特定の人間のみが受け継いだ過去の遺産、"色聴"。我々が過去誰しもが持っていた感覚を残す事が出来た子供は██だけだった。そのことを知った我々は悲しい事だが夫婦、そして██に対して記憶処理を施し、██を保護した。現在あの過去を伝えられるのはあの写真と"色聴"を持った一定の人間だけなのである。██はそれを当たり前の事のように思っているが、それは違う。我々にはもう音の色を感じる事は出来ない。██の事を知った私は真っ先に██の世話役に志願した。少しだけでも、あの頃を近くで感じていたいからだ。でも、██と一緒にいるとまた見てみたいと思うのだ。

空

そう思うと、なんだか空が明るくなったような気がした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。