破片
評価: 0+x

通信傍受:

この文書はサイト4のセントラルメーリングサービスから復元されました。手紙は何らかの方法で基本選別サービスを出し抜き、手渡し役の職員によって取り上げられました。直ちに彼らは消印の不足に気がつきました。

手紙が、故意にセキュリティ対策を迂回するよう準備されていたとは信じられないことです。しかしながら、サイトセキュリティは現在、警備の広さについて再調査し、通信検閲手順について再評価を行っています。

手紙の内容は、もし必要であれば、この報告書を後日のセキュリティ再調査と結びつけられるでしょう。手紙の原本はセキュリティクリアランス制限との対立により破壊されました。

アリソンへ、

手紙が遅くなったのを許してくれ。お前は私の仕事が私から標準的な日課を引き離すこと、そして現在の私の勤めは非常にその傾向が強いことを覚えているだろう。年月は、一人の人間が成長したということをぼやけさせるのを妨げる性質がある。

私の突然の出発について、どれほど謝っても十分ではないだろう。お前とお前の母親が、あの時混乱しただろうと確信している。特にお前は、私が正確に覚えていたなら、あの時とても小さかったのだから母親より混乱しただろう。私はあの…トラブルが何らかのピークを迎えた直後に呼び出された。そして私の突然の不在により彼女はとても苦しんだと想像する。

私がこれを今書いているのは、ごく最近目にした、理論的な時空間異常を扱った記事が理由だ。洞察力に満ちよく説明された、記事のもっとも目立つ部分は、著者がお前だと示している。

私が…出発する以前に研究していた内容をお前が追いかけていることはわかっている。私はお前に警告しなければならない。それがお前の純粋な探求心から来ていようが、あるいは私がなした仕事の追跡から私を見つけだそうとする試みから来ていようが、この行動計画は放棄するのが賢明だろう。私はそれを終わらせてしまったし、今は…お前にいてほしくない場所にいる。

別の研究分野を探せ。現実の隅とおぼろな縁からは離れていろ。より現実的で基本的な目標にお前の焦点を変えろ。

私の無遠慮さを許してくれ、今も…あの時のも。これがあの時も、今も、私には必要だったと知ってくれ。これが引き起こしたものに失望してくれ。

愛している、

父より。


「投げてパパ!」

「あー、知らないぞ、ママはお前を高く放り投げると心配して…」

「投げて、投げて、投げて投げて投げて-」

「わかった、わかった、人使いが荒いな…」

彼女は甲高い声を出すと突然宙に放り出され、数歩分飛び、笑い声と汚れた髪と共に降りてきた。そして再びキャーキャー言いながら旅行をしたいと、「もっと高く、もっと高く、」と息切れしてねだった。彼女は微笑み、とても信頼し、小さな、

博士?

旅行を終え、今度は回転したいと言い、両腕は疲れていたけれど、こばむことなど出来なくて、小さな少女を回した。

「もっと速くパパ、もっと速く!」

博士?

「あたしを見てパパ!」

…はい?

博士、8時に会議室に来るよう要求されています。収容審査会議です。

…直ちに取りかかります。


あなたは頭の柔らかい人かな…
Work Journal 2

それとも頑固?
最初の一手

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。