彼女の髪の香り
評価: +2+x

銃弾が彼の頭に少しずつ近づいてきたとき、彼はいくつかのことを考える時間があった。

最初は彼の初めての本当のガールフレンドがどんなに美しいかについてだった。彼女は心に思い描いたものと最終的な結果をうまく結びつけられたことのないタイプの芸術家の一人だった。彼女は想像した美しい光景を呼び出し絵の具によってそれらを作る性癖があったが、大抵現物と空想が一致しないことにがっかりした。彼はもちろん彼女を助けた、彼女の手を静かに取り、柔らかな、優しいキスを彼女が作り出したものの美しさについて泣いているときに与えた。

彼は彼らの、死産だった子供のことを考えた。彼女はそのことについて彼女自身を責めたが、彼は真の問題を-芸術の美しい誕生と子供の美しい誕生には釣り合いがいるという-知っていた。彼女はそれを知ることも出来たのに、彼は言わなかった。彼の気質により、彼女を見るときの彼の目は大きくなっていく痛ましい互いの距離を見ていた。距離は精神的なものの代わりに物理的なものとなり、そして彼女は彼のもとを永遠に去った。

彼は彼女に初めてあったときのことを思い出した。高校生の頃、彼は自分にまつわるいくつかのこと、どうやって世界を見ればいいか、そしてどんなに彼女を求めているかを初めて発見した。彼女はとても浅はかだった。心身ともに弱かった。彼女を手に入れ、訓練し、そうなるべきように育てるのは簡単だった。彼女はもちろん、それを感謝していた。彼が彼女をそうするように仕立てた。にもかかわらず彼女との別離はとても苦しかった。

彼は彼女の髪の香りを思い出した。彼の最も大切な記憶だった。

額が貫かれたとき、彼の思考は壊れ、痛みが彼の思考の進行を打ち砕いた。彼は肌が破れ、骨が崩壊し粉砕し、銀が中から外へと飛び出すのを感じた。彼は脳味噌に穴をあける力を持った銃弾の熱を感じた。彼の目は記憶を追いかけるように動いた。いや、かれの思考だった。

だがもはや、それは問題ではなかった。


"終了"報告

日付: █月/██日/██年
被験者: KTE-3410-Clockwork-Green

3410は目と鼻の先で銃弾をぶっ放して"終了"させてやった、死体はいつも通りに焼却処分済みだ。
誓って言うが、あんたであれ、あのクソ忌々しい弾丸が野郎の脳天をブチ貫く前に止める事はできなかっただろう。
だがあいにく、俺はもうあの弾丸をどうすることも出来ないんだ。

- M.E.

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。