SCP-PL-027の詳細な特性
rating: 0+x

02/21/████
注釈対象:
SCP-PL-027
研究員(資格の名前とレベル): ████████博士、レベル2クリアランス

注:
その明示性のため、特性は箇条書きの記述の集合として表される:

  • SCP-PL-027の身長は約180cmです。これは仮定ではなく、数百件以上の報告と対面に関する報告を照らし合わせた後に判明した事実です。測定方法については上記の論文を確認し、誤差の範囲は不鮮明ですが、大きくて±10%ほどであると定義することができます。
  • 休息状態ではSCP-PL-027はひじをテーブルの上に置き、あごを握り締めた手にのせてテーブルに座っています。活性化状態に移行した後、彼は自由に自分の位置を変えることができ、さらに、起き上がって倉庫内を歩くことができます。しかし、彼は決して部屋を離れることはありません。
  • 機械を使ってSCP-PL-027と連絡しようとする試みは失敗しました。オブジェクトはロボットからの質問に応答せず、合成された音声を研究スタッフの有資格者によって紹介されたとしても、それと会話をしようとしませんでした。
  • SCP-PL-027への話題がどのようにオブジェクトの気分に影響を与えるか、判断することはできませんでした。しかし、彼は提起された全ての問題に答える一方、客観性、寛容さ、落ち着きを維持しているように思われます。対話相手が抗議することなく彼の言葉に割って入れば、彼は会話をやめ必要に応じて適切な言及を続けます。
  • SCP-PL-027は、人間にのみ反応します。SCP-PL-027が以前とっていた形で現れたと証明できなかったことに関連して、動物または幻想的な生き物の形でオブジェクトを想像するように命じられた、無作為に選ばれたDクラス職員を含む人々に対する一連の試験を実施しました。オブジェクトは対話者の思考に適応していないだけでなく、現在の態度、感情、思い出に対抗してもっとも頻繁に対応する人間の形態を受け入れるという潜在意識が支配的であることを意味します。
  • これまでの所見は、SCP-PL-027が研究担当者と感情的な関係を築く能力を欠如していることを示しています。それと同時に、オブジェクトは対話者に作用するものです。すなわち、表現は全て無関心に行われます。
  • SCP-PL-027はサイト██(オブジェクトの保管されている場所)でのインシデントの間に、収容を違反しようとしない唯一のオブジェクトでした(全受動性の確認)。
  • SCP-PL-027の収容に関する全ての文書は失われたり破棄されたりしており、過去、または現在の性質を持つようになった要因を知ることが困難になっています。文書の紛失に関連する事情は不明なままです。 08/09/████O5-██は、施設を監督する研究スタッフのメンバーのリーダーに聴聞会への出席を命じました。[削除済]において聴聞会の結果が確認できます。また、任意の対面(実験)を行うことによって、SCP-PL-027自身に関する情報を得ることができます。
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。