GOCの書類鞄に入っていた物品
評価: +4+x
3503.jpg

対象死亡時、対象の財布から発見したセルフ・ポートレート

脅威ID LTE-3503-Silver ("Vector/ベクター")

認可レスポンスレベル N/A (破壊確認済み、記録書庫入り)

概要 対象は欧州系混血女性。以下に示す常軌逸脱を除き、他全ての面において一般的人類に準じる。対象死亡時、身元証明書は発見に至らずとも、状況証拠から、対象は凡そ19歳のアメリカ人女性であると判明。

対象は"Type Silver"感染性危険源であった。(これは単細胞、およびより原始的有機体に限る。)対象はあらゆる形態の細菌またはウイルスの抗体を備え、なおかつ感染者からそれら細菌、ウイルスを抽出する能力、上記のような微生物を他者に感染させるほど体内で培養させる能力も備えていた。これに加え、対象は病原菌を風媒生のエアロゾル化し他者に伝染させることも可能であった。

粛清時点では、対象は一千以上の病原菌のホストであり、ヒト免疫不全症ウイルス(HIV)、数十種類のインフルエンザ菌株、ならびに数例の大腸菌、腺ペストを保有していた。

粛清 SARSパンデミックの期間中に中国本土で対象と初接触。この時、対象は隔離区域を通りかかっているのを目撃された。この隔離区域で感染者と近距離接触を行っており、この時、前記の感染者が異常に急速なペースで病状から回復したのをもって、当人物をレベル0要注意人物に分類。

この後アフリカにおいて、”ザイール”でエボラのアウトブレイクの期間に対象と遭遇。 再び、感染者と近距離接触を行っているのを目撃。また、感染者は通常生命にかかわる段階までエボラが進行していたのにも関わらず回復した。ここで、GOC評価班"Jellybean/ジェリービーン"は対象と初期接触を行った。場所は南アフリカ、ヨハネスブルグの当人物のホテルの一室。これが班長"Cotton/コットン"を壊死性筋膜炎による死亡を招いたために、同時点で残りの班員の携行武器で対象を射撃、よって対象の生命を終了させた。

対象の宿泊ていたホテルの一室の、レベル4バイオハザード脅威が宣言され、WHOの高速応答部隊が当地域を確保、滅菌するように派遣された。対象の所持品をさらに調査した所、個人声明文を発見。以下がテキストの写しである。この声明文は、対象がドイツの未知の都市で保有する伝染性の病原体を開放した後に、投下することを予定していたと考えられている。

対象の死に際して、身元を特定するための情報は発見できなかったため、情報統制措置は不要であった。当該事件簿は██/█/█で決着。

附則1 個人声明文の写文

資本主義のデブネコ、ケツの穴、羊の民、寡頭政治の独裁者諸君。

今、怒れる女子のちからをご覧になったことであろう?今、国家が慚愧を完全に忘れた時、何が起こるのか、ご覧になったことであろう。600万のユダヤの命が復讐が為に叫ぶ。なおものさばり続け、太り、呑気に生きるドイツは、今も殺した子供達の血を飲み続けているのだ。それも昨日までのこと。今日、ナチのファシストどもは自らの薬を呑み、味を知ったことであろう。そして次は、諸君たちだ。

諸君に私を止めることは出来ない。諸君が私を御すことは出来ない。私は森羅万象である。私の要件を呑めないのならば、ドイツはただの始まりに過ぎない。防ぎたいと思うなら道はただ一つだけだ:糞ったれの真似はやめて、とっととやれ!

1. 余りにも多くの人が貧しく過ごし、腐った飯と汚水を飲み暮らすというのに、一方でデブの金持ちビッチはショッピングモールのカフェテリアのゴミ箱に、トレイの中身の半分を捨てている。辞めさせなければならない。何人たりとも空腹にするべきでない。金持ちのファックどもは街頭に引き摺り出され、通りに磔にされる必要がある。

2. クジラたちが日本のクソどもに一体何をしたというのか?日本の食人種が、クジラの大虐殺をやめないのならば、東京に再び原子爆弾を落とすことを考える。

3. 今すぐ、地球温暖化を止めろ。石油会社どもは、母なる大地をゆるやかに絞殺することで利益を挙げている状況を見なおさなければならない。どうせ、誰も車を必要としない。温室効果ガスを今すぐ禁止しろ、さもなければ本当に呼吸が出来ない時にどうなるか、熱が上がるとは何かを思い知ることになるぞ。

何も難しいことではない。これの全てが、とっととやれということであり、マジ糞ったれ真似をやめるために必要なことだ。

私は諸君たちを監視している。そして待っている。

ベクター。

文章の署名には、ぞんざいに描かれた手書きのバイオハザードシンボルが附されていた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。