犀賀とSaigaの往復書簡
rating: +67+x

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ

本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。

メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。

君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文: 君からの連絡を嬉しく思います。
私はおそらく、君よりもすこしだけ出遅れているのだと思います。私は、君が言うこととまったく同じ思想を抱き、次元を超える手段を探している最中です。
あなたは犀賀と云うのですね。私は才我という名です。
是非、あなたと直に会ってお話がしたい。どうか、また連絡をください。

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Re:Saigaへ
本文: 返信ありがとう。君の世界についてすこし質問をしたのち、必ず向かわせてもらう。私の見た目はひょっとすると君とは違っているかもしれないが、驚かないで欲しい。また連絡する。

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ

本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。

メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。

君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文: おどろいた。私と同じことを考えている人間が、まさか別の世界にいるとは。私もまだ信じられていないが、君の思想には覚えがある。
私はいま、アベナクのテキトゥスを放浪している。マンドリン、バンジョー、ウクレレ、ギターの4本を背負い、歌で世界を変えるために活動している。
世界にラヴ&ピースを満たすのだ。愛と涙とロックンロール。それ以外に世界を変える手段はないと思っている。
君はなんの楽器が使えるのだろうか。是非一度セッションしてみたい。別世界の自分とセッションするなんて、とても珍しい経験だ。このメールへの返信に担当できるパートを書いておいてくれるとうれしい。今ギロが弾けるメンバーが欲しいと思っていたところだ。
Artist; SyGa★

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ

本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。

メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。

君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文:ありがとうございます!僕が考えていたことは本当だったんですね!夢だと思っていたことが本当で、とても嬉しいです。
僕はまだ学生ですが、あなたの考えている思想と同じことを常々考えていました。僕が生まれつき他とは違い、特別な人間であることを知れて、飛び上がるような思いです。
僕は今、来るべき日のために鍛錬を積んでいます。この間小遣いで世界の呪術辞典を購入し、今は寝る前に毎日読んでいます。
きっと別世界に自分と同じ人がいるという考えが本当だったならば、僕が考えている他のことも本当なのだと思います。
Ma-Su・デビルの誕生はいつになるのでしょうか。こちらは今E歴の1647年です。僕の考えですが、その誕生に従って、僕たちのような人間が世界に潜む邪悪なブール達を倒す定めなのだと思います。きっとそうだとおもいます。
またご連絡ください。来るべき日のために備えましょう。
槯賀 りょういち 第134世界の選ばれしMa-Suの牙

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ
本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。
メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。
君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

ひとちがいです。

▶︎連絡先

▶︎その他の設定

▶︎この発信者を着信拒否する
着信拒否リストにこのアドレスを追加します。この発信者からのメッセージ、電話を二度と受信しません。
▶︎はい

着信拒否リストに追加しました。

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ

本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。

メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。

君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文: お手紙を頂けたこと、とてもうれしく思います。正直、驚きました。まさかわたくしと同じ思想を掲げ、理想を謳うお方と出会えるなんて思ってもいなかったものですから。

別の世界からお手紙をお送りしてくださっているということは、既に移動方も確立されているのでしょうか?以前、偶然見つけた綻びからなんとかならないものかと私も思案していたのですが、"向こう側"に指標が無いため確立に難航していたのです。もしよろしければ、いえ、是非お互いに手を取って、共に全ての世界に救いの塔を打ち立てましょう。

再びご連絡いただける日を心待ちにしております。
彩芽

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ
本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。
メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。
君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

Dear Saiga

まさか異世界から通信が来て、しかも私と同じ考えを持っているとは。正直驚いたよ。
とりあえず私が君の言うところの"Saiga"であると仮定して返事をさせてほしい。
(Mr.なのかMs.なのかはわからないが)Saiga、私もできれば協力したい。どうか通信手段や異世界への行き方、またその他の方法などを教えてほしい。
そうすればこちらからも食料、資源、技術、あるいはその他の支援をできるはずだ。
ヒント程度でも構わない。配下の者にきっと実現させてみせる。自分で言うのもなんだが、我らは巨大だ。
その暁には我らが総力を挙げて人類のために尽くそう。

北アメリカ大陸連合共和国大統領
Samuel Isaac Garand

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ
本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。
メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。
君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文:Saigaさん、お手紙ありがとうございます。

しかし、私にはわかりません。あらゆる世界を救済すること、それが果たして可能でしょうか。
私の世界では、毎日のように国が殺し合いをしています。いえ、もっと小さい単位の民族や家族でもです。
死んでいく国、人を目にしながら私は悟りました。全てを救うことは不可能であると。犠牲は必要だと。

あなたの仰るように幾つもの世界があるならば、即ち救われるべき世界と滅ぶべき世界があるということではないでしょうか。恐らくあなたが連絡を取ろうとしているSaigaは私だけではないのでしょう。もし私たちが力を合わせて、それを判断できるのならば。

私は塩漬けにされるこの湖をこの地、シガスタンで守りながら待ち続けます。

Sarah I. Galbraith

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ

本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。

メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。

君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文: はじめまして。
このアドレスの本来の所有者である、先日亡くなった母方の祖母の旧姓が「雑賀」でした。
遺品整理の際にこのメールが届いていたのを発見し、祖母に成り代わってお返事いたします。
祖母は生前、「雑賀の使命をお前に無理に継がせるつもりはない」と言っていました。
あなたの言うSaigaの目的がその使命なのかはわかりません。
でも、忍びの技は受け継ぎました。この技をどう使うか、もう少し考える時間をください。では。
才賀家の末娘より

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ

本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。

メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。

君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文: Sehr geehrter Herr(Frau) Saiga, Vielen Dank fuer Ihren Brief.親愛なるSaigaさんへ、お手紙ありがとうございます。
広い意味では私もまた、Saigaの一人なのでしょう。現に私は、人類はもう少し利他的であっても良いと信じています。そちらの活動に協力することは私個人、やぶさかではありません。
しかし私はドイツ帝国(Kaiserreich von Deutschland)の副宰相。そしてEEA(欧州経済同盟)においては、不可欠の身分でもあります。
また統一キリスト教連合(ドイツ帝国五大政党の一つで、現在は与党です)にも不穏な動きが見られます。繁忙を極めつつある皇帝陛下と宰相閣下のお手を、これ以上煩わせるわけにも参りません。
そのためまずは物的なものを含む、そちらとの交流手段の確保から始めさせてください。それ以上のご支援は、すぐにでもとは行かないでしょう。
協力が消極的かつ小規模な形から始まる事については申し訳ありません。良いお返事を期待しています。
Viele Gruesse aus Berlin, Sascha Ignaz von Ahrensベルリンからのご挨拶、ザシャ・イグナーツ・フォン・アーレンス

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ

本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。

メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。

君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文:
メールありがとう。
ただ、ぼくは絶対にお前を許さない。
どこまでもお前を探し、潰し、すべてを消し去ってやる。
お前にとって不要な奴、S_i_aより。

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ

本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。

メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。

君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文: ※このメールはクロッシークローバーのアドレスから送信しています
あっ冒頭は気にしないでください、クロッシークローバーのメンバーが貴方のメールを解析ために転送しているというサインですので。

私達は似た者同士、でもこっちはアノマリ生まれが多いんです。
もし彼らの事が知りたいのであれば直接のメールを送る必要がありますが。
사이가

空白


空白

Mail
from: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Saigaへ

本文:君がSaigaであるならば、このメールを読んでくれることを望む。
君にとっては、ひょっとすると突然のことで戸惑うかもしれない。私は君がいる世界とは別の次元、平行世界のSaigaだ。私は、私の世界のルールに則り、私の知る一般的な文法法則を活用して君にこのメールを書いている。

メールの続きを読んでくれてありがたく思う。私は、君たちのいる世界を含めた、あらゆる世界を救済することを目的としている。自分だけが良ければいい、そんな思想は糞食らえだ。君が私であるならば、君もまた、形は違えどこの思想を抱いたことがあると思う。

君が私に興味を持ってくれているならば、返信をくれ。このメールアドレスを3時間だけ開けておく。私は、君の世界のことが知りたい。
犀賀

Mail
to: Sk9⁇m55Mj@?mAAA6304
件名:Re:Saigaへ

本文:拝啓
こちらでは梅雨時の酸性雨も下火になっていますが、そちらの気候はいかがでしょうか。

犀賀様メールをどうもありがとうございました。テキストメールは久しぶりで懐かしかったです。
私は斎藤玲雅と申します。ナラカという組織ではカルキスト・サイガと呼ばれています。
貴方の世界にナラカはあるでしょうか。強力ではないので無くても不思議はありませんね。

貴方のメールを受け取り、大変驚きました。私の内心を見抜いていたのですから。
私の世界ではメカネという宗教とそれの影響による肉体の機械への置き換えが進んでいます。
これは環境破壊が原因で、それで多くの人が病気と障害から救われたのは事実です。
しかし、それで救われぬ人達もいました。何らかの理由で置き換えが出来ない人々もいました。
私はメカネの一員でしたが、なんとかそれを救う方法はないかと模索してきました。
メカネの方法では救われない人々を救う方法はないものか。
もっと言えば口には出しませんが、あらゆる人々を、全ての世界を救う方法はないものかと。

最終的に、私は救われぬ人々を救うためにメカネとは正反対の方法へとたどり着きました。
これが危険な事はわかっていました。しかしそれで救える人がいる事もわかっていました。
メカネの人々は裏切者だと私を非難しました。私は言い返しませんでした。それは事実ですから。
ナラカの人々は最初私を疑いの目で見ました。私は何も言いませんでした。当然の疑惑ですから。
私は自分のした事を後悔はしていませんが、今までの道程で多くの命を救えず取りこぼしてきました。
そして道を歩む中で目前にある人々のみを考え、次第に当初の気持ちを忘れていったように思います。
ですからあなたのメールを受けた時、忘れていた自分の本当の望みを指摘された気持ちになりました。

私が今自分の世界について語れるのはこの程度の事です。
まずは略儀にて書中をもちましてお礼かたがた挨拶を申し上げます。
貴方の世界が、人工呼吸器を必要としない健全な環境でありますように。

再びの連絡を心よりお待ちしています。

敬具

メカネ歴一二三年/西暦二一四三年六月三十日
                                カルキスト・サイガ/斎藤玲雅

空白


空白
以下、自由に書き込んでください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。