Taproots
評価: 0+x

その災難は州を横断する間ずっと銀行で発生していた、"ガス漏れ"と推測されたものから始まった。

クインは、なぜスキッパーがそんなにもつまらないカバーストーリーを使ったのか疑問に思うにはあまりにも忙しすぎた。何故なら彼女は運転中で、しかも徹夜しようとしていたからだ。ダーネルは彼女の隣に座り、額をこすっていた。オハイオを横断するのはそう長いドライブではなかっただ、ダーネルは声に出して尋ねた、「なんでクリーヴランド部局はこれの面倒が見れないんだ?」

「彼らはドアを開けたまま空っぽの部屋から抜け出せないからよ。」

彼女はそれが冗談であることを祈った。

数時間後、彼らはオハイオのサンドスキーの、核兵器で破壊されたように見える銀行支店にいた。クインは朝日の光に照らされた残骸を前にし、震えた。黒こげのタイルが至る所にあり、あらゆる場所で焼けた肉の臭いがした。その場所の中央には、スクラップの金属彫刻のようなものが直立していた。それは人間の骸骨の形を漠然と模し、ぴくぴくと動いて、焦げた生肉をふるい落としていた。全身を青いスライムに覆われ、銀行のタイルを融かしながらそれは立っていた。

残骸の周りを、(おそらく閉店している)銀行に向かって夜じゅう運転していた車が取り囲んでいた。

「キリストはまだ生きている、」クインは言った、そしてそれを見ながら鼻に皺をよせた。「これは何?」

「これが爆発の中心にいたと我々は考えています、」FBIのロゴをつけた青いコートとジーンズを着た誰かが言った。その男はブラウンの髪に暗いサングラスをつけ、タブレットコンピューターをいじっていた。彼の態度は、彼をプロフェッショナルか、尻穴に枝を入れ、木になるまで大きくしているかのどちらかに見せた。おそらく両方だろう。彼はクインとダーネルに手を差し出した。「エージェント・アダム。クリーヴランド部局担当の財団連絡係です。」

「…よろしく。」クインは言い、手を握った。「それで…爆発?これは、EMP?」

「増大した要因としては…ああ、威力が増大したのは大きな要因によるものです。」彼は彫刻を見た。「目撃者はとても巨大な、強力な落雷が起きたと報告しています。」

「死傷者は?」

「我々が見る限り確認出来ていません。いくつかの車が大破しましたが、巻き込まれた市民は無傷です。」

クインは眉を寄せた。「知ってるだろうけど、あなたは"落雷"と言ったし不審者はいない。落雷のあとの"ガス漏れ"は怪しく見えるわ。」

「エージェント、君たちの仕事をどうやっているのか、我々に教えなくていいです」アダムは鼻から眼鏡を押し上げた。「我々はこの彫刻が異常現象に関連していると考えています。」

「新しいインスタレーションかい?」ダーネルは聞いた。「これはAWCYのー」彼はそれを「オーストラリア人の」と発音したー「ものだろ。俺たちはそいつらとミラノで揉めた。やつらはオリガミでテスラコイルを作り、エジソンミュージアムの周りに仕込んだんだ。」

「我々は地域の携帯をモニタリングしていました。彼らは自分自身を"特性局"と呼んでいます。これは彼らのMOと一致しません。」

「彼らのMO?」クインは彫刻を囲んだ警察テープに近づきながら聞いた。「機械的芸術?」

アダムは眉を寄せた。「…'特性'は'生物種を変える'ということです。'動物と人間のハイブリッドを強制的に創造する'とも言えます。」

「映画で見たような…」クインはテープの下からかがんで入り、紫の手袋と、連絡係が着ているような青いジャケットから取り出したマスクをつけた。彼女は電気をパチパチと発する液体の検査を始めた。「これは生きている、」クインは言った。

「ええ、」彼女の隣にいる財団の技術者が応じた。「我々は誰もこれに素肌で触れていませんが、このような例では化学的なシャワーを設置しています」

クインは頷き、像を見渡した。その像は何者かにむかって、まるで攻撃しようとしているのか…もしくは自身を守るために両手をつきだした骸骨に見えた。ダーネルは次にラインを越えた。「セキュリティカメラは何か映してないのか?」

「この銀行のカメラはファラデー効果にあっていましたので、別の場所から持ってくる必要があります、」技術者は言った、「もっともあり得るのは、一番近くにある生き残ったカメラはミシガン湖のものだということです」

クインは眉をつりあげた。「…つまりエリー湖、ってこと?」

「我々はこの銀行の痕跡の一部をアンバサダー橋で発見しました。カナダ側でです。」

「…アー。」クインは小型懐中電灯を取り出し、像の頭をじっくりと見始めた。「あなたは作品の一つなのかしら…誰があなたをつくったの、ねえ?」彼女は両目をじっと見つめた。それらは良くできていたが、ダメージを受けているようでもなく、本物らしく見えた。両目は中空の一点を目的もなく凝視していた。「これがAWCYのものでないとあなたたちは確信しているの?」彼女は連絡係に呼びかけた。

「ええ!」彼は返事をし、タブレットを少しいじくった。「彼らのグループからはまだ何のメッセージも送られていません、メッセージはたいていこういうような出来事から6時間以内に到着します。」

クインは眉を寄せ、像の目を見た。彼女はそれの前で何かを起こすように手を振った。

その目が彼女の手の動きを追ったとき、彼女は叫んだ。「ジーザス!生きているわ!」

「な-」ダーネルは走って像に近づいた。アダムも彼を追い、像に向かって走った。ぞっとするような水音とひび割れの音とともに、像は二人の男に顔を向け、目の焦点を合わせた。

「くそっ、」クインは言い、ピストルを取り出した。「FBIよ!止まりなさい!」

像はガタガタと呻いた。クインには確かではなかったが、その声は女性らしく聞こえた。「お…。お…。おして…」

ダーネルはそれに向け銃を抜いた。半分以上の人員が像にそれぞれの武器を向けた。誓ってもいいが、クインは近くのホテルのてっぺんからスナイパースコープが輝くのを見た。

「何を押すんだ?」アダムが聞いた。

「おぉぉす…そぉぉぉれ…」

「それ?何を押してほしいんだ?」

「押して…それを…上に…」像はきしみ、それの足は向きを変えようとするかのように動いた。「根の…そばに…」

彫刻は銀行の前方の床を大音量で叩いた。と同時に、それの頭、針金のように薄い首でかろうじて支えられていた頭が、転がり落ちてクインの足下で止まった。表面にひびが入り、内部がどうなっているか見えた。

脈動する、生きている脳が現れた。


ハーレー・スターリングは今週二度目の、ベッドの中での孤独な起床を迎えた。彼女はため息をついてベッドから降り、キッチンへ向かってクインが残した花とちょっとした書き置きを見た。

サンダスキーへ呼ばれたわ。美術泥棒の糸口がつかめたみたい。スカイプ@ホテル
-Q

ハーレーはため息をつき、朝食を作ろうとしたが出来上がったのは生焼けの卵、フルーツループス、ベーコンの最後の一切れだった。彼女はそれを陳腐に思い、生ゴミ入れに捨てた。

彼女はリビングに朝のニュースを見るために行き、その途中で何枚かの写真を目にした。そこには彼女たちの"結婚式"でのハーレーとクインが写っていた。それは悲しいことにとても象徴的な問題だった。彼女たちの片方、シーダーポイントでのダーネルとクインは、FBIに入ることを優先した。もう片方、ハーレーはカルバー軍学校を卒業した。そのうちの一つはマスキングテープと共に戻され、ジグソーパズルのように見えた。彼女はいつもそれを隠していた。

ハーレーは湖の近くに焦点を当てたローカルニュースを見るためにTVをつけた。「…まだ何が起きたのかは判明していませんが、伝えられるところによるとFBIが調査中であるにも関わらず、地元メディアは雷の直撃と伝えているようです。銀行の残骸に奇妙な像が立っているという報告から、我々はこの光景の写真を入手しようとしています。サンダスキーのWKRPから、ミッシェル・コリンがお伝えしました。」

ハーレーは最後の部分を聞いて目を見張り、顔をしかめ、彼女のスマートフォンからクインの番号を探してかけた。


231マイル向こうで、ホテルの部屋の中、クイン・マックアリスターは電話がなる音で突然目を覚ました。彼女はほとんど服を着て、うめいてベッドから立ち上がった。ダーネルはコーヒーを飲みに外出し、まだ戻っていなかった。クインは眉を寄せて電話を睨み通話を打ち切ろうとしたが、誰がかけているのかを確認した。

彼女は画面がほとんど割れそうになるほど強く応答ボタンをたたいた。「ハーレー!わあ!」

「ハイ。」ハーレーはクインが以前聞いたことのあるトーンで話した。これは彼女が怪しんでいるときのトーンだった。

「あー。わたしはサンダスキーでうまくやってるわ。来るべき未来のためにホテルで待機してるの…あなたはどう?」

「その美術はどうなってるの?」

「大丈夫、大丈夫…」クインは声を震わせないようにした。彼女は喉が今の彼女の仕事を話そうという誘惑に閉められているのを感じた。

「雷についてのニュースを聞いた?」

クソッ、彼女は思い、それが声に表れた。「あー、わたしたちそのときちょうど町にいたのよ。それで人手が足りなかったから、手伝うために止まって-、そんな感じ。」

「わかったわ。」ハーレーはためらった。「ダーネルは一緒?」

「彼はコーヒーを飲みに行ってるわ。たぶんスターバックスかどこかで寝てるんじゃないかしら。」クインは露骨に唾を飲み込んだ。

「そう。」ハーレーは通話越しに大げさなため息をついた。「じゃあ…安全なのね、そうでしょ、クイニー?」

なぜあなたがそこにいるのか教えたい、クインは思った。彼女に真実を教えたい。あなたが見たものは科学が説明することさえ出来ない、理性を拒む、あらゆる方法で世界中の全ての陰謀論を証明するって教えたい。

その代わりに、クインはただこう言った。「ええ。愛してるわ、ベイビー。」

「私も愛してる。」

それで、通話は終わった。クインはナイトスタンドに電話を置いてため息をつき、静かに首をふった。彼女はドアの鍵が開くのを眺めていた。ダーネルがコーヒーを持って入ってきた。しかめ面が彼の顔に表れていた。「上手くいってるか、マック?」

「ええ。」クインは唾を飲み込んだ。「ハーレーが電話してきたの。彼女は…ニュースであれを見たみたい。」

「あー、ひどいな。」ダーネルはテーブルをコーヒーに置いた。「ハーレーはあれのことは言ってないんだろう…あの…Aワードを?」

「ええ、今は持ち出してないわ。」クインは唇を噛んで両手を合わせため息をついた。「でも、わたしたちが帰ったときにお小言をくれるでしょうね。」

「オーケー、マック。」ダーネルはクインの背中を優しく叩いた。「来いよ。ミスター・リー・エイ・ソンが会議室にいる。本物のトップシークレットがあるみたいだ。」

「了解。秘密の下に行くわ。」クインは立ち上がりバスルームに入って鏡を見、深呼吸をし、目が充血していることに注目した。すぐに、彼女は会議室に行けるだけの冷静さを取り戻した。


「この点から、この部屋にある全ての物は語られることはない。このブリーフィングについての全ての文書は、存在していないことになる。君たち一人一人がここにはいないことになるし、もし君たちがここにいるとすれば、それは無関係仕事のためだ。理解したか?」

その部屋は主に財団のおべっか使いによって占められており、全体的な賛同が得られた。クインはこの事に対し静かに眉を寄せた。たいてい、財団はUIUを黙らせるが、彼らのメンバーにはそうでないからだ。

「これは財団と異常事件課の間接的な活動によって集められたレベル4の情報だ。」エージェント・アダムスがプロジェクターに向かったので、会議室の光は弱まった。「これについての全てを教えるために、君たちにクリアランスを与える。」

「1950年代、アメリカ政府はクラウドシードとして知られる秘密計画を始動させた。」最初のスライドが開き、何度も編集されたドキュメントを見せた。「アメリカ政府は1954年にこの文書の殆どを破壊したが、これは数少ない復元されたものの一つだ。クラウドシードの目的は天候、特に雷雲の制御と兵器化だった。」

「俺はそんなの好きじゃねえな、」ダーネルがぼそっと言った。

「クラウドシード計画は計画に参加した全ての科学者が離反し、主要試験施設を破壊し、計画で産まれた全ての実験兵器が盗んだときに破棄された。」彼は次のスライドを開き、黒髪で鼻が高く、髭面の男の白黒写真を見せた。「この離反はアインスレー・ケリガン博士、現在ある巨大な団体…財団の敵の一つの一部分に属していたと信じられている男によって主導された。」

部屋にいた財団のエージェントの一人が言いかけた、「カオスイン-」

クインとダーネルを除いた全員が彼を刃のように鋭く睨みつけたので、彼はすぐさま黙った。UIUのエージェントはまごついているように見えた。

「ともかく、ケリガン博士と彼のチームはテロ組織を設立し1950年代の間何回か攻撃を遂行した。」彼は何枚かのスライドを開いた。そこには爆発した家、炎に包まれたアパートメント、瓦礫の中のデパート、バラバラになった死体、そして最後に”これを根たちで押し上げてやれ”と暗赤色の物質で書かれたアメリカ国会議事堂の写真のポストカードを映し出した。「これはアメリカ政府が初めて掴んだこのグループの実在の証拠だ。彼らは自身を”グラスルーツ”と呼んでいる。」

ブロンドでサングラスをかけた財団の職員が神経質そうに手を上げた。アダムスは彼を指した。「なんだ、エージェント・スペンダー。」

「既に60年以上昔のことです…あなたは彼らが復活したと?」

「もしくは模倣犯、」アダムスは言い、次のスライドを開いた。それは農場の家屋のように見えた。場所は編集されていた。周りじゅうに死体と焼け跡があり、家のてっぺんは吹き飛んでいた。「これがグラスルーツの最後の拠点だ。1958年、11月19日。J・エドガー・フーバーがここへの襲撃を主導した。」彼はクインとダーネルを見た。「そして君たち二人がやってきた場所だ。君たちはトールステン襲撃について知っているか?」

クインは眉を寄せダーネルを見た。彼は顔をしかめ集中しようとしていた。彼は瞬きし、咳払いし、そして話し始めた。「トールステン襲撃は、第15UIU機動部隊によって遂行された。それを起こすのに…ああ、俺たちはもう記録を知ってるが、計画するのに三ヶ月を要した。フーバーが直々に作戦を監視したが、実際の襲撃はエージェント・フレデリックスによって指揮された。彼は襲撃の間に確認されるだけで3人を殺した。作戦全体ではその3倍以上、もっとも多くのスコアはチャールズ・エリクソンという名前のスナイパーによる、6人だ。グラスルーツは左翼のシンパとして信じられていたが、振り返ってみると、彼らが人々に与えた情報操作だろう。」ダーネルはほかの組織からやってきたエージェントたちを見た。「侮辱したつもりはない。」

「誰もそう取っていない、」アダムスは言い、誰かがぎょっとした。

ダーネルは口早に話し続けた。「襲撃はケリガンを含む、25人のグラスルーツ構成員の死亡で終わった。唯一辿れたケリガンの痕跡は、農家の二階についた巨大な焼け跡だった。これはエージェント・ヘンリー・ダンハムによって記録され、ヒロシマの影が引き合いに出されたり出されなかったりした。FBIには5人の被害者が出て、皆死んだ。」

クインはにやにや笑い、ダーネルに本気で拍手した。「白衣の男の子たちが彼らの頭でそうするのを見ましょうよ。」

財団職員はアダムスが咳払いするまで、彼をじっと見た。「わかった、エージェント・クリストマンが言った通りだ…しかしながら、UIUの報告書は細部を省いている。財団のエージェントたちがその作戦に参加していたというのを。」

ダーネルは目を泳がせた。「細部を省いている?それじゃあ、あんたは”サムソンとクーパー製薬会社”がクレバーな名前だとまだ思ってるのか?まあでも、それは襲撃作戦の土台に記されているだろ。」

アダムスはうめいてダーネルをにらみつけ、テーブルに置いた手に寄りかかった。「ああ、それは知っている、キング・フーバー万歳、万歳万歳万歳だ。このことでスタンドプレーをするのはやめてくれないかね?」

「…よくわかったよ。」ダーネルは腕を組み、アダムスを脅そうとした、と思っていないことを示した。

「それでいい。グラスルーツだ。この組織は無力化されたと信じられてきたし、そのはずだった。我々はいくつかの価値ある財産を復元し、それを得たが、詳細については知らない。悪気があったわけではない。」

「誰もそう思っていないわ、」クインは言った。「あなたたちがそうしたいならわたしたちは去ってもいいのよ。」

「その必要はない。」彼はテーブルから何枚かフォルダを滑らせた。「では、10ページを開いてくれ、我々が収集した国内でグラスルーツが潜伏可能な場所のリストだ…」


会議は5時間後まで一時休止となり、そのときまでにクインの背中はうずいていた。ダーネルは5人の男たちと彼女と自分のために夕食を取りに出かけた。クインはエージェント・アダムスの要求通り後方に待機していた。彼女はため息をつき、テーブルに腕を組んでいる彼の向かいに座った。

「君は優れたエージェントだ、ミス・マックアリスター。君とクリストマンの両方が。」

「何が言いたいの?」

「君たち二人は協力して、カンメンに対抗して、30ー3ー0ーの確認できる殺害数を稼いだ。これは簡単に出来る芸当ではないし、50ものアノマリーの収容をアシストし、あまつさえショッピングセンターの群衆の中変身能力を持つタイプグリーンを追跡した…」彼はクインを見上げた。「財団に入ろうと考えたことはないのか?」

「ないわね、」クインは言い、テーブルの向こうの彼越しに穴を睨んだ。「そして永遠にないわ。」

アダムスは目をまたたきし、反感を示すように頭の後ろを掻いた。「何か…そう思う特定の理由があるのか?」

「グリーン牧場、アイオワ。」

アダムスの首の後ろの毛が立った。「まさか。言わないでくれ…」

「わたしの故郷よ。そしてあなたがめちゃくちゃにした場所。あなたはそう…」クインは爪痕が残るほど手を握りしめた。「押し上げろ、根によって、それが全てだ。」彼女は涙をこらえ、まばたきし歯を軋ませた。

アダムスは歯の間からシーッと音を立てた。「…ミス・マックアリスター…グリーン牧場で起きたのは不幸なことだった-」彼は深く息を吐き、顔を擦った。「いいえ、ふざけないで、あれはとても許し難いことよ。わたしたちはめちゃめちゃになったし、最悪になったわ。」彼はため息をついた。「悪いリンゴたちは周りをだめにしない。それをしるべきね。」

クインは立ち上がり、目元を擦った。「ごめんなさい。これで話は終わり。」

「…我々は連絡を待っている、エージェント。我々はクリーヴランド部門を出て行くことは想定していないし、そうするつもりだ。」

「ムムム、」クインはつぶやき、部屋を出ていこうとした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。