我々の学んでいないこと
rating: 0+x

おい、いい加減このドアのヒンジを取り替えてくれ!頭が割れそうな音がする。俺はこの部屋に何年も閉じ込められてるがまだやってもらえてない。一度も!

最近、俺がここでどれだけ退屈してると思ってる?やつらは静かに、常に入り口で、時計回りに回りながら突っ立ってる…

俺にはほかにも不満がある。少なくとも過去の俺の投獄生活と比較して、いくつかの点をあげることができる。たまに、やつらは博士として生計を立てる機会をくれる。とても奇妙なことにな。俺はやつが何を考えてんのか理解できないが、とにかく言われた実験をすべてやってる。だが、われわれは彼を信用する必要がある。やつは恐怖を感じていない。ここでは、恐怖を感じるやつはほとんど居ない。それは目に見えるからな。
俺はひとつ理解できないことがある。やつらは、こういったものにどうやって心の準備をしているんだ?仕事の過程で、この感情を失っちまうのか?やつらは、財団って言う興味深い団体を形成している。俺の意見では、どこかで私は幸運にも、こういったものを見たことがある。…または不幸にも、かな?さぁ、見てみろ。

どのくらいの時が流れてきた?俺の世界は急激に変わっていった。その後起こったことの記憶は、俺を生物足らしめる唯一のものだ。

しかし、正直言って、思い出すのはとても不愉快だ…

俺は、俺の息子を救えなかった。俺は単にそういうチャンスが無かったのさ。やつらは1月も楽しませること無く新しい命の翼をもぎ取った。俺の愛するジーンは、首にクロスボウの矢をつきたてられて、森の中で殺された。血…彼の血はあまりにも早く流れ出て、やつは兄の腕の中で死んだ。その瞬間のニコラスの目を見るのはつらかった。俺はすでに死んでいるが、やつの肉体的な死はそれほど衝撃を与えなかったが、やつはやつの頭を駆け巡った感情に対処できなかったんだ。まず空虚な恐怖がやってきた後、不信感に陥った。もっとも近しい人が、もはや白い光となって、すべて失われたという恐怖。そして、盲目的な怒り。原始的な生活の中にあえて介入しようとする人たちへの怒り。

ニックは冷静さを失った。何が起こったのかがわからず、彼は敵の中に飛び込んでいき、瞬時につめたい鉄に打ち負かされた。それは終わりだった。私は、一晩ですべてを失った。大切だったものすべてを!

しかし、それがすべてではないと思い始めた…

俺の素敵な妻は、出産中に死んだ。助産婦の努力にもかかわらず、子宮内の2人の子供は、彼女に多大な負担をかけていた。そして、その日の22時には信頼できるよりどころも、安定した仕事もない俺の腕に、2人の子供が残っていた。誰も、俺の直面した困難を気にしちゃくれなかった。

最初は、2人の赤ん坊を手に、暖かく慈悲深い教会の壁をたたいた。彼らはすばらしかった…ピンクの頬で、知的で、理解のあるまなざしと、頭の白い綿毛。彼らのおかげで、周りの人間は愛情を呼び起こし、一日でいい額のお金を集めることができた。しかし、冬が来た。地元の女性たちの助けを求めなくてはならなくなった。運は俺を見放さず、運命は俺たちに、子を失った素敵な女性をもたらしてくれた。理由はわからないが、彼女の相続人は相次いで死んでいた。彼女と夫は、俺の小さな子供たちを自分の子として受け入れてくれ、定期的に様子を見ることさえ許してくれた。

だが年は過ぎ行く。俺は、その間時間を惜しまず、地元で有名な偏屈な魔術師から訓練を受けることができた。
俺の子供はすくすくと育った。隣人の羨望の的になるほど、彼らは健全で力強く、深刻な病気にはかからなかった。彼らの思春期にはすでに女子の間で広く知れ渡り、彼らが成熟したとき、彼らはそこらじゅうの女性から求婚されていた。年配の女性でさえ、会社で自分自身をアピールするチャンスを逃さないほどだった。

父として、俺は子供たちを誇りに思っていた。彼らは優秀だった。
それから彼らは18歳になり、子供たちに真実を伝えるときが来た。俺は、彼らの新しい両親の家に行き、俺は彼らに俺が本当は誰であるかを打ち明けた。彼らは選択権を与えられた。すなわち、彼らの里親と暮らすか、または自身の父親と暮らすかである。俺は、彼らの決定を3日間待った。そして彼らが、俺を選んだことをとてもおどろいた。

そのときの俺は、彼らに豊かな生活はさせてやれなかった。当時俺が持ってたものといえば、都市の郊外にある、古い老朽化した家だけだった。俺は呪術師をやってるんだと彼らが俺を選んだ後に打ち明けた。それは彼らに衝撃を与えたとは思えないが、彼らには考えるべきことがあった…。

まもなく、俺は自分の知ってる限りのことすべてを教え始めた。そして、俺には子供を誇りに思う理由があった。彼らは言ったことすべてを理解し、すぐに俺のレベルまで成長した。その後、彼らは俺を圧倒するまでになった。そして最後に、生活レベルが改善した。市内やそれ以外の地域では、深刻な病気を治したり、雨を降らせたり、罪人を処罰するといった仕事があった。以前の雇用主の勧告の後にだけ、慎重に行動する必要があった。しかし、それはそれに値するだけのものだった。お金はわれわれの胸の中に安定して転がり込んできたし、非常に豪華な家に引っ越すこともできた。そしてその矢先、俺たちがすでに、一連のトラブルが終わったと信じ込んでいたときに、運命はいままでの帳尻あわせをしやがった。

酔っ払った悪党が暗い路地で俺を襲って、胃の辺りを何度かナイフで刺された。私はどうやって帰ってきたのか知らないが、なんとか家にたどり着いた。しかし、俺の息子たちは俺が玄関先で死んでるのを発見する羽目になった。

それからのことはすべてがぼやけている…しかし、次に俺が目を覚ましたとき、俺はすでに別の体に入り込んでいた。
俺は床に横たわっていた(後で判明したように、俺は五芒星の真ん中に居た)。俺は息子たちのあいまいな影しか見えなかった。彼らのそれぞれは、左目に包帯を巻いていた…。それから、俺は、俺を転生させるために彼ら自身の目を犠牲にしたのだという結論に至った。

最初の日は大変だった…息子たちはもう動くことすらできなかったので、儀式はうまくいかないのではないかと思い始めた。彼らが眠ったとき、俺は他人が近くで目を覚ましている間は動くことができないとメッセージを残した。それからすぐにタリスマンをつくり、私は他人と行動ができるようになった。

俺の失踪と、息子たちの怪我を周囲はほうっておいてはくれなかった。うわさが広がり、すぐに審問官がわれわれに興味を持つようになった。クリスチャンの狂信者共は、聖人だけが軌跡を起こせると信じていたが、残りの人間は、キリスト教徒の奉仕によるものだと信じていた。やつらはそこにどんな違いを見出していたのかは知らないが、やつらの手で、多くの無実の人々が教会や火刑に送られていた。
審問官のメンバーは、簡単な調査の後、行動を異端と認定する。やつらはもっとも敬虔なキリストの犬にふさわしく、夜に襲い掛かってきた。俺たちは、現状特に休む必要が無く、息子を俺が起こせたことで俺たちは何とか事なきを得た。家の屋根は、新しい住居を購入した直後に作った地下の抜け道から逃げ出したときには、すでに崩れかかっていた。通りに出てすぐに、広場で燃えている家を囲んでいた団体の一員によって発見された。そのとき、彼らの指導者は、炎から目をそらさず、何らかの祈りを大声で唱えていた。

俺たちは狭い路地を急いで駆け抜け、うまく巻けることを祈りながら絶えずおびえながら進んだ。ジーンは最初から俺を抱き8抱えていた。俺ができることは、藁で正しい道筋を指し示すことくらいだった。しかし、それだけの努力にもかかわらず、追跡はなお続けられ、追跡者は徐々にわれわれに追いついていた。この時点で、目標である郊外はすでに見えており、その裏には深い森が見えていた。日中は雨が降っていて、泥や、大きな水溜りを残していたので、ここを走ることはさらに困難だった。
それでも俺たちは、森にたどり着くことができ、救いの希望は再びともされ始めた。そしてそのときだった。彼らは俺たちに、クロスボウを放ち始めたのだ。ジーンは首に致命傷を負って崩れ落ち、俺を木々の間に取り落とした。タリスマンのチェーンがちぎれ、ぬれた地面に頭が沈んだ。

ニコラスは兄弟のそばでひざを突き、涙と、怒りで息が詰まっていた。数秒後、彼は彼の死を受け入れ、敵に向かって全速力で走っていった。

彼らは、死の直前にジーンが手の中に握っていた魔よけのように、彼らとともに兄弟の体を奪った。俺は泥と落ち葉にまみれて、彼らに感謝した。やつらは、私に気づかなかった。

その後何が起こったかって?俺は翌朝、あるいはむしろ夜だったか、それを漠然と覚えている。ほかの誰かが俺の体を動かしているかのように、すべてが夢のようだった。私は軍隊の弊社に入り込んだ。そして、屋内で眠っていた審問官のほとんどを刺し殺した。耳を劈くような騒音はほとんどなくなった。ドアの外からくぐもった声が聞こえたので、俺は静かに、まだ暖かい死体が横たわるベッドと燃えているランプを数えた後、窓に駆け寄った。敵の拠点に侵入することは信じられないほど楽しいものだった。

それから、俺は背中から落ちて、身動きが取れなくなった。フードの男が俺のところに来て、地面から俺を拾い上げ、運び去った。そいつらは、俺の教師と兄弟子だった。だが、彼との会合は私の希望通りのものではなかった。彼は俺の体を大邸宅に連れて行き、地下室に行って、俺を壁の隙間へ押し込んだ。そして彼はすばやく俺の手を縛り、壁にいくつかのシンボルを書いた。目の前が暗くなり、体はもはや感じられなかった。俺が最後に聞いたのは、彼の別れの言葉だった:
- お前は何も学んじゃいない。さようなら、古き友人よ。運命が望むならば、結局はまた…

そして、何者も立ち入ることのできない闇が続いた。、俺が最終的に壁に覆われたダンジョンから引っ張り出される瞬間まで。すべてが無意味かもしれないが、人生は続いている。俺はこの人生から、最大の喜びを引き出すつもりだ。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。