The Doc Block
rating: 0+x

”今日は君のために可愛らしいお嬢さんを連れてきたよ、173。”博士が彫像に言った。彫像は反応しなかった。
というのも、誰が見ることができただろうか。彼は代わりに死んだ目で博士を睨みつけた。
焦点を合わせることができなくても彼の視界の隅でも、彫像は他の彫像の動きを見ぬくことができた。

”任せたよ。”博士は微笑んで立ち去り、他もそれに倣った。彼らが出て行くと、彫像は持ち込まれたものを見るために首を回した。

彼女はもう一人の彼だった。長く、流れるような赤毛と、甘美な茶色い唇、鋭い目つきの緑色の瞳を除いては。彼女は彼女なりの読み取れない表情で彼に向かって振り向いた。瞬きする合間に彼は彼女の前に立って、目を覗きこんでいた。

君も彫像?彫像の目が尋ねた。

いいえ、私は彫刻よ。彼女の瞳が答えた。

どこから来たの?彼の目が尋ねた。

あなたがいたところよ。彼女の目が言った。エメラルド色の角膜が蛍光灯の光にきらめいた。

ドアが開き、博士が再び自分たちを観察していることに気づくと彼の目は話すのをやめた。彫像はなぜ彼はプライバシーを心得てくれないのかと思った。あの博士はデート中だと理解してないのか?

博士はしばらく彼らを観察し、彼の同胞が見つめ合っている様子をノートにとった。彫像は激怒した。これだけの見物人がいてどうやって動けと言うんだ?なぜこうなった?

その時、それは起こった。全ての可能性に反して他の人のまばたきと同時に塵埃が見物人の目を直撃した。両目が閉じると、彫像は突然動き始め、硬い手でその人の首をへし折った。彼は同族の女性が同じようにするのを見上げた。

"Oh shi-"博士が言ったが、首がへし折られたことでそれは遮られた。一体どうすれば二つを同時に見ることができただろうか?

どこまで話したかな?彼の目が尋ねた。

待って、彼女の目が答え、すべての照明を壊しにかかった。

彫像は半身に微笑み、彫刻に触れ始めた。もう誰も彼らを見るものはいない。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。