台風の目
rating: 0+x

Yevgeny Savchenkoは顔につめたいものを感じて目を覚ました。彼は力をこめて目を開いた。ぼんやりとした影が彼の視界の中で、右に揺れ、そして左に揺れた。人間の顔…いや、それは人間だったか?あまりにも奇妙な光景だった。明るい赤い笑顔、白い肌、目の部分だけが黒くカットされている。照明はなぜか不安定で、絶えず点滅していた。Yavgenyはぼんやりとした痛みを感じ、指の下に、なにか濡れていて粘り気があるものが触れているように感じ、目を細め、頭をすくめた。2描画過ぎるころには、奇妙な顔は、グレーと、白で覆われていた。冷たいものが、再び肩に触れた。

顔。

Yvgenyは身震いし、ガラスの破片や、壊れた機材の部品の上を、後ろに這い始めた。二人の裸の人間の体で構成された生き物が彼の後を追いかけ、金属のひずめを上げ、ガラスは、静かに踏み潰された。子供の足首の間に挟まれた、そいつの頭の上の笑顔のマスクは、明るいコントラストを作って、彼のほうを向いた。

Savchenkoは足が痛く、壁に寄りかかって、激しい吐き気と悪寒を感じ始めた。彼は床から長い破片を拾い、"ポニー"の前でそれを振り回した。そいつは何歩か後退し、彼は武器をつかってやつを近づけまいとした。

- どこかへ行け!クソ野郎!

"ポニー"は後ろに下がろうとしてシステムユニットに躓き、自分の四肢を絡ませて、崩壊し、補強具の束に成り果てた。Savchenkoは部分部分に分かれたからだの大量の山を見て眉をひそめた。彼は周りを見渡した。研究室は荒廃していた。機械、コンクリート、金具、ガラスの破片がいたるところに散乱していた。断ち切られたワイヤーが火花を上げ、暗い部屋を弱弱しい光で照らした。瓦礫の下に、誰かのつぶれた死体があった。この混乱の中に、粉砕された石膏が、上から不意に降りかけられた。天井に巨大な穴が開いていて、水がその中を流れ、大きな音を立てて床を打った。Savchenkoはサイレンの音を漠然と思い出し、パニック状態に陥った。まるで、重いもので心をぶたれたようだった。

- 生きてるやつはいるか?

誰も反応しなかった。異常に静かだった。サイレンは鳴り止んでいたし、誰も叫んだり走ったりしていなかった。定期的に、遠くから銃声音だけが響いていた。

"ポニー"は最終的にバルブから抜け出すと、部屋の角へうずくまった。やつはおびえているように見えた。「Euclidじゃあるが、行動面ではSafeだな」とSavchenkoは思った。「なぜこいつはここにいるんだ?サイレンが聞こえないことを考えると、緊急発電機は作動しなかったんだろう。」

不安定な足取りで、彼はドアへと向かった。彼は、このような状況では、良く周りを観察するべきであると心得ていた。誰が目の前にいても、おびえないことが重要だ。慎重にドアの敷居をこえ、彼は後ろ手にドアを閉め、電子ロックの電源が切れていることを確認した。ドアは、その蝶番にぶらりと垂れ下がっていた。Savchenkoは、"ポニー"を残して、遺構の中をさまよう以外に方法は無かった。


彼は、無意識のうちにどれくらいの時間を過ごしたのかは正確にはわからなかったし、複合施設を構築する沈黙と空虚が、すべての職員の死を意味するとは思ってもいなかった。いまや、サイト7での長年の仕事の中で、初めて、Yvgenyは回廊の床にかかとの打ちつける音が大きく聞こえた。「本当に深刻な事態が起こった場合は、すべてが正確に示されている。彼らは全員避難している」と彼は安堵して、実験室の解放されたドアを覗いた。そこには、化学薬品や薬品の入ったキャビネット、あらゆる種類の電子機器が存在していた。非常ランプの青白い光の中、テーブルの上には、試験管とフラスコが暗く輝いていた。死体は、どこにも見えなかった。

彼は、最初門に向かったが、すぐに行き止まりに突き当たった。彼は戻って行政区画へと行かなくてはならなかった。Savchenkoは東側の端まで行って、緊急ロックのかかったドアに差し掛かった。このような隔離壁は、建物の管理部分を囲っており、緊急時には、互いを隔離する機能があった。Yvgenyは、緊急時の手順書を開いた。建物に電源が入っていないとき、ロックされたドアは機械式のロックで閉じてあるはずだという。彼は、あまり期待しなかったが、その分厚い金属のドアを引っ張ってみて、それに彼が与えた影響に驚いた。彼は、出入り口に入っていった。ロック機構は壊れていた。代わりに、ドアの端には穴が開いていた。Savchenkoは、ドアの外側についているハンドルレバーも消えていることに気づいた。彼は、これを行うことのできる異常存在は、サイト7の中に1つも知らなかった。

彼は、後ろ手にドアをしっかりと閉じ、ゲートウェイを眺めた。宇宙飛行士のスーツに似た防護服が、側面に吊り下げられていた。知覚には、赤い十字の書かれた金属製のキャビネットがあった。近くの棚には、ガスマスクのついた緑色の袋が合った。なにも手をつけられていなかった。

そこに、男がいた。彼は角に座っていた。彼の顔は壁に、彼の手はひざの上に、かろうじてかすかに頭を覆っているまばらな髪は、彼の服と同じ色をしていた。彼は、手の中に、Yvgenyと同じような本を持っていた。

男が話し始めたとき、彼の声は鈍く、無礼な感じがした。

- さて、何が起こったか教えてくれないか。

- あなたは誰…

- すぐに、私の目の前から離れろ。

- 向きを変えて、IDパスを見せてください! - Savchenkoは、老人の体を見回して、彼が持っているものを改めさせるように急いで命じた。それはフォトアルバムだった。彼の言葉に、老人はただ鼻をすするだけだった。:

- あなたの持っているものの多くはシンプルな,,,

Yvgenyは、自分自身をいさめた。彼は、徐々に彼が誰の目の前にいるのかを理解し始め、それは、彼をキャビネットの前から徐々に後退させた。

- あなたは…収容室からどうやってここまで来たのですか?

- 最初は、ドアが、広く開け放たれていた。彼の命を救った。そうだ。そして、あなたは私をあまり見たことがないだろうし、あまり話したこともないだろう。そして、一般的には、みな抑留されていたものは開放されているだろう。

Yvgenyは躊躇した。彼は、無意識のうちに、ここに座っていた無力な老人は、むやみに殺すことを恐れ、彼を連れ出すことができる人々から隠れていた。一方で、彼は、単にオブジェクトに何をすべきかわからず、収容条件を回復することは、治安サービスの責任だった。

- 私の目の前でそんなことをしないでください!何のために死ぬつもりですか… - 老人は言葉をあららげ、遺物の上におろさせた。Yvgenyはキャビネットの後ろからわずかに足を踏み出し、棚の中からガーゼとクロルヘキシジンバイアルを探した。彼の手でそれらを巻き、彼は、反対側のドアの上に彼の方を傾け、彼はもはや倒れるばかりであろうことは、疑いようも無かった。


研究者は、あまり見ないほうがいい名前のキャビネットを通過し、Yvgenyはクロルヘキシジンで切ってしまった手をそそぎ、包帯で包んだ。消毒液で湿らせた残りのガーゼは、頭の傷口にあてがった。少し、めまいがした。Savchenkoは、彼がどこにいるのか、どこに行くべきなのかをほとんど理解していなかった。彼が、すでにパニック状態になっていたとき、彼は、ついに自分がホールにいることを見つけた。隣の部屋から、すぐに彼は誰かの声を聞いた。

Yvgenyは静かにハンドルを回し、扉は滑らかに開き、その後ろに暗い部屋が現れ、テーブルの上に立ちランタンのみが明かりを提供していた。沈黙したモニター類をみるに、ここはセキュリティのコントロール室だった。対照的な証明のせいでYvgenyはしばらく認識できなかったが、テーブルに何かが座っていた。そのユニフォームのストライプ模様は、彼が高位の警備員の1人であることを示していた。片手でラジオ送信機のつまみを回し、もう片方は、マイクを持って、短く鋭い声で話していた。彼は、目の端でオフィスに入ってきた職員をちらりと見て、自分の仕事を続けた。

「それは、スペシャリストと呼ばれるべき人員だ。」 - Yvgenyはそう思った。彼は、入り口に立っていたが、高官を殺すことは、容易な位置にいた。突然接続が切断された。彼は、「もう一度」というようなことをかすかにつぶやいた。Savchenkoは、話しかけることに決めた。

- 「報告します。H-11ラボからきました。すべてが崩壊しています。北部の廊下から射撃音が聞こえました。当方でSCP-1217-RUおよび1063-RUと遭遇しました。」Yvgenyはこの情報が、目の前に座っている人物にとって貴重なものであるかはわからなかったが、これ以上適切な方法はないと判断した。

彼は息を呑むと:

- 何が起こっているかわかるか?

と聞いてきた。

高官は、彼のほうに視線を向けた。 その後、テーブルからランタンを取り、モードを切り替えて、Yvgenyに明るい光を向けた。彼は、目を閉じ、彼の手で目をかばいました。

- Savchenko研究員か?

- はい、そうです。

高官はランタンをおろし、Yvgenyから決して目をはなさなかった。彼は、数秒後に再び話し始めた。

- SCP-1001-RUが収容違反した。明らかに、オブジェクトには認知的な鋭い知覚があり、彼は、彼を拘束していたセキュリティシステムを突破した。メンテナンスセクションのすべての職員が死亡した。また、サイトスタッフの一部職員も死亡した。

Yvgenyは寒気が走った。1001-RU…「空間異常性」…高官の静かで、まじめなトーンは、この情報にすぐに結びつかず、強い認知の不調和をひきおこした。そして、Savchenkoは、彼が今聞いたことを、信じたくないと思っていた。

- 私は…ほかに何ができますか?

- たくさんのことだ。

高官は頭を右に向けた。Yvgenyは、彼の背後に回り、モニターがどこへ行ったのか、壁に隙間があいていることに気がついた。彼はランプをつけ、再度送信機のマイクを取り上げた。

- Мю6、コントロールセンターへ。こちらМю6。聞こえますか?

Yvgenyは舌のしびれを感じていた。「彼らはすべて消えてしまったのか」と彼は思っていた。彼は、もはや廊下の奥で聞こえたことを理解していなかった。ただただ、1001-RUについてだけを、考えていた。

- なにか、助けられることはありますか?―かれは、高官がコントロールセンターに連絡する試みを中断させた。男はもう一度振り向いて、長く考えるそぶりを見せた。Savchenkoは、もはやこれ以上悪化することは無いだろうと考えていたが、この重い視線の中で、彼は、自分自身はいまや消えるべきだろうと考えた。彼は、答えを待つべきか、あるいは離れるか、消えるか、地面に穴を掘るかすべきかが、理解できなかった。

- できることがある。―ついに高官が、そう答えた。


ほとんどの文書から名前が保護されていたセキュリティサービス責任者は、コードネームとして「スペシャリスト」を得ていた。しかし、彼が本当は、組織で二十の地位を占めている特別部門に配属されているということは、ほとんど知られていなかった。彼は、社内のセキュリティ部門の代表者として、ほかの職員のほうが、しばしば自分よりも優れた面があることを知っていた。そして彼は、Yvgeny Savchenkoのことを、彼の個人的な登録簿のために特に良く覚えていた。: 「被験者は、無意識のうちに彼が存在するのに快適であるという条件を自分自身で構築する<,,,>同時に、問題は、すべての関係者について常に最良なことではない。<…>それは、自分自身のためだけに解決されるとは限らない。」Savchenkoは、台風の目のようなものだった。彼の周りでは危険なことが起きるかもしれないが、彼自身は、異常特性のおかげで、常に快適な状況にあった。事件は、それが検査の日でも、退屈な作業でも、彼の頭がつかえるたかさの天井であっても、彼にとって最良な形に変化する。それに基づいて、スペシャリストは、「特異性」をもったSavchenkoが到着したとき、大胆な決断を下すことができた。

- よく聞いてくれ - スペシャリストは、彼の向かいにいるYvgenyを照らして言った。 - 知っている通り、1001-RUは収容室の壁にかけられたミームパラドックスだ。やつはやつの目を開くことはできない。明らかに、これは収容の事実を考えると、収容室の破壊につながったとは考えにくい。この場合、別のメモを飲み込むように強制することだ。―これが特別収容プロトコルを復元する唯一の方法だ。我々はすべての精神的活動を抑制する、ひとつの非常に強力な対ミーム薬を持ってる。ブロック6-Bのレベル-2、研究所RMO-1に保管されてる。これで問題なく入室できる。メインターミナルを見つけろ。そこの「ギリジャの炎」の欄に記入するんだ。ファイルのパスワードには、Wiliam Cypherと入力しろ。2番目のパスワードは、D-62-27だ。1001が本当にセキュリティシステム全体を破壊したのだとしたら、それらを入力する必要もないはずだ。

「1001は、対ミーム薬を、端末ごと破壊している可能性がある」とスペシャリストは考えたが、それを声に出しはしなかった。

- 対ミーム薬「ギリシャの炎」はオーディオファイルだ。あなた自身がそれに影響を受けないよう、端末内のデバイスは、脳波を取り除き、それに基づいて個々の脳活動のために設計された対策を行う。収容手順は、元のオーディオファイルに自動的に埋め込まれる。質問を待って、まずは同意してくれ。

下層階のどこかが破壊され、部屋がゆれた。壁が震え、テーブルに載せられた書類に白い粉が落ちた。それから、すべてが静かになった。スペシャリストは息を呑むと、続けた。

- 端末は、電子メディアに対ミーム薬をコピーするだろう。それをもって、リソースセンターへ行け。そこに自立的なステレオシステムを作成するんだ。そのあと、駐車場に言って、サービスピックアップを取る必要がある。キーが、保護ポイントにかかるだろう。システムのチェックを受け、セクション141へ進んでくれ。そこに座標がある。それを書き直せ。ナビゲーターに入力すれば、あとはそいつが向かわせてくれるだろう。

スペシャリストは、もう一度言葉を区切った。

- あなたがサイトに着いたとき…私は、今あそこがどうなっているのかわからない。それは完全に破壊されているかもしれない。いずれにしろ、可能な限り1001、に近づくことが重要だが、反意音を有効にする前に気づいてはならない。おそらく、君の周りには人が現れるだろうが、それらについて考える必要はない。―彼は、最後の文章に特に力をこめた。―今、重要なことは―収容条件を回復することだ。私は、自分自身でできることをする。質問はあるか?

- 特異点は、行動範囲内のすべての空間を破壊するものだったと記憶していますが―Savchenkoは長い間疑問に思っていたことを述べた。

- 一時間前に、コマンドがそこにそのような状況を解決するために特別に設計された、特異次元をもつオブジェクトの一団を送り込んだ。彼らがもし、その任務を果たすことができれば、オブジェクトは、しばらくの間1001の注意を散漫にさせられているかもしれない。

- もし?

- そうだ。

- もうひとつ質問があります。- Savchenkoは躊躇した。もう答えは聞きたくなかった。- 1001はShattenのパラドックスに「目を閉じる」事ができたならば、なぜ「ギリシャの炎」に「耳を閉じる」ことがないといえるのですか?

- まず、1001は実際の地平線を超え、そこにいる人間となることができる。絶対に何も聞こえないように、自分で耳をふさぐことはできるかね?

- たぶん?私たちはそれが何であるかも知らないのですよ!

- だからこそ、私たちは今ある情報で、建設的に行動を進めるしかないのだ。- スペシャリストは、彼の議論の根本的な弱点を理解した。

- しかし、もし私が…

- それは問題にはならない。君の持っているチャンスを活用しろ。

- しかし、私はどうやって特異点にたどり着けばよいのですか?たとえ…でも私は…

- 協力するといっている! - スペシャリストは吼え、Yvgenyは唇をかんだ。彼はテーブルから立ち上がると、静かに部屋を出た。孤立した男は、職員出て行ったドアがしっかり閉まり、彼が行くのを見送りながら、部屋の中でたたずんでいた。「もし私ができるのならばとっくに行っている!」

コントロールルームに一人たたずみ、彼は落ち着くまで、廊下の階段の音を聞いていた。「特異点」の人々か、研究員の特異性が、すべての治安当局ごと彼が破壊されてしまうことを防げるかどうかを知ることは困難だったが、彼の死は予想より早くは無かったようだ。彼は、まだ間に合うと思った。自分自身に記憶処理薬を注入する。彼が誰であるかを忘れる。彼が誰のために働いているかを忘れる。彼は、財団のセキュリティサービスの責任者であることをやめ、彼の周りにはもはやモニターやラジオは無かった。1秒後、ランタンは消え去った。無音であるかのように。それが存在しないかのように。そして、部屋は暗闇に沈んだ。スペシャリストは、深呼吸して目を閉じた。彼は、最悪の状況に備えた。


Yvgenyは歯軋りした。彼がサイトに依存している人間であるならば、チャンスはほとんどない。結局のところ、彼は特別なスキルや知識のない、セキュリティクリアランス2を持つ一般的な研究助手である。どのようにして、彼は強大な敵か何かに、反抗することができるだろう?

地図で判断するに、セクション141には約3時間がかかるようだった。実質、この施設は、SCP-1001-RUを収容するように特別に作られた、財団ロシア支部の最初の施設だった。サイト7はそ9の少しあとに建設され、もともとは、サイトへの補給基地として考えられていたものだったが、まもなくほかのオブジェクトが持ち込まれた。それは急速に成長を遂げ、組織の最大の機関となった。地球上最も危険な異常物質の場所へ地理的に近いということには、長所と短所の二つがあった。

Savchenkoは、ガレージに置かれている装甲ジープのひとつを持ってきた。ステレオローディングには10分ほどかかった。これは、機密であるRMO-1研究室を探すのに比べればなんでもなかった。幸運なことに、このテクノロジーに問題は無く、不愉快なオーディオファイルのディスクは、Savchenkoのポケットにおさまっていた。

駐車場を出て、彼はアクセルを全開にして、砂漠のようなサイト内を突っ走った。彼は、障壁に突っ込んでそれを突破したとき、趣味の悪い戦闘機のように見えた。ステアリングホイールをつかみ、ゆれを乗り越えたYvgenyは、すぐにアスファルトの粗い道路へ出て、マシンの可能な限り北に向けて突っ走った。

最初の一時間は、彼は狂ったように死を恐れていた。

二時間目までには、彼は疲弊していた。彼の頭の中はますます激しくなり、目の前の道が泳ぎ、まぶた一杯に見えた。彼は車の中で眠り、溝に向かって飛び込んでいきたかった。おそらく、ガソリンタンクが爆発し、彼は死ぬだろう。彼にのしかかった責任について考え、何が起きたかを理解する時間はないだろうと。

道路は、いまや高密度のタイガの森を走っていた。サイトが近づくにつれて、空は暗くなっていった。重いキルトのような密集した雲の層が、車の屋根の真上にあるように見え、光はほとんど通り抜けてこなかった。地平線はこげ茶色のにごった色に曇っていて、雷が深みを帯びていた。「1001はサイクロンを形成して周囲の空間を引き込んでいるのは明らかだが、ハリウッドの特殊効果ならまだしも、私はスーパーマンではない。」と彼は思った。

車の屋根や、窓の上で、雨はドラム缶をぶちまけたような土砂降りになっていた。Savchenkoは、くちごちると、ブレーキをふみ、防水性の天幕で課いぇを覆うために車体へ上った。

三時間後までの間、彼はてんかんの発作の前に起こるような不健全な興奮に圧倒されていた。彼は手を振ってステアリングホイールを握ったまま未知を見つめた。口の中はからからになり、熱があったようになった。不適切な抽象的な感覚が頭の中に浮かび上がった。「中空の特異点」はロゴスのようなもので、「破壊する神」だった。私たちの全世界は、間違っていて、この神の目に触れるだけで…Savchenkoは眉毛から汗をたらして頭を振ったが、「特異点」や、彼が迎えるはずだった市の危機や、彼の親愛なる人々について考えたくなかった。私にはさよならを言う時間すらなかった。彼は、行動計画をやり遂げることに考えを集中することを余儀なくされた。

Yvgenyは雨の中、突然500メートルほど前に崖を見つけたとき、目的地へはまだかなり離れていた。道路は、クレーターのようなものの橋で終わっていた。さらに数百メートル先に拾いスペースがあり、その背後には、どれほど離れているかわからない距離のどこかに、霧に覆われた森林の薄い影が浮かんでいた。それが「事象の地平面」なのだろう。少なくとも、それは光を吸収していない。さもなければ、景観全体が違って見えているだろう。

彼は車を止めて降り立った。風が汗をかいた背中を冷やし、彼の髪の毛を額に打ち付けた。薄い空気の中で、オゾンのにおいがした。Yvgenyは火口の上の空を眺めた。彼がそこで見たのは、竜巻のようなものだった。これはひとつのことを意味していた。異常空間がそこにあるのだ。それは、空間の操縦が、実際に効果があったことを意味していた。このような状況では、作業を続けることが可能だった。

彼は車の周りを歩いて、テントの下を見た。ゆれているステレオシステムはその脇に落ち、それの位置を高くするために、車体にもう一度上る必要があった。幸いにもそれは呼称していなかった。「EJECT」ボタンを押すと、それに呼応してドライブのトレイが差し出され、そこにディスクを置いた。すべての準備が整っていた。

Yvgenyはあたりを見渡した。周りは静かだった。その瞬間、彼はその光景が信頼性が高く、一貫性のある光景に見えた。しかし、「午前中には複雑な内容のコンテンツが存在し、サイト7は通常通りだった」とYvgenyは思い直した。「私自身は、ある奇跡によってのみ生きている」と。彼は、その1秒ごとにどれだけの犠牲が払われているかを理解した。いつでも、1001はそこに投げ込まれた余剰次元の物体に対処し、他のより奇妙なものについて設定することができる。だから、彼は息を止め、音量を最大にして、「PLAY」を押した。

モーツァルトの「恐るべき御稜威の王」の「レクイエム」だった。音楽は8月の空に響き渡り、悲壮で、威厳のある最初の音を流し始めた。終末の日の完璧なサウンドトラックは、最初は正常に聞こえ続けていたが、すぐに不調和を起こし始めた。誰かがDJのコンソールのつまみをたたいているかのように、メロディーは連続的にゆがんでいた。Savchenkoは何も起こっていないことを確認するために数秒待って、車に戻ってエンジンを始動させた。彼は、フロントガラスを介して空を再び見上げた。トルネードの風のカーブは、雲の中に入り、それから長く伸び、再び雲の中に引き込まれていく。Yvgenyはアクセルを踏み込んだ。車を走らせ、崖の端まで急いだ。

クレーターまでは500メートルあり、彼は、半分を超えるころには打ち勝った。モーツァルトの曲は認識をはるかに超えて湾曲していて、あたかも暗い空に飛び乗り、再び侍従で崩壊したかのようだった。Savchenkoは、嵐の前に減速して、SUVを慎重にそこにおろしたとき、彼の行動が歴史記録に残るかどうかについては考えていなかった。彼は、彼の親戚を覚えていなかった。人生は彼の目の前には広がっていなかった。彼は、ブレークペダルが足の下でどれくらい激しく揺れているかと、靴のゴムがない場合、どのような硬くて粗い地面が広がっているのかだけを考えていた。


- ビーコン信号で判断するに、財団の車両一台が異常動作領域に入ったようです。衛星がこれを確認します。

- どこだ?

- サイト7です。

- それが、私が話した「特別な」従業員であればいいが…

- …ビーコンが止まりました。衛星データはあいまいですが、車が転倒したように見えます。

- …

- 少なくとも彼は、非常に近くまで行くことができた。

- 彼にはまだ対ミーム薬を活性化させるだけの時間があります。待ちましょう。

- …

- …

- GHM…7人と連絡が取れました。異常行動は止まったようです。

- これは、注意をそらす我々の行動の結果である可能性がある。

- 私はそうは思いません。彼らは、緊急発電機を始動し、電力供給を解決させました。返信しますか?

- 返信してくれ。ふぅ、恐怖のひと時だった。本隊からはなれて、サイトに送られたユニットについてはどうだ?

- まだ連絡が取れません。

- いいだろう。そこに偵察隊を送り、随時命令を送ろう。特殊条件は慎重に再構築する必要がある。

- 了解。我々は結局、特別準備金を使用する必要はありませんでしたね。

- いや、それは言わないお約束だよ。

- ちなみに、サイト7はちょうど、そのヒーローを迎えているようですよ。

- あぁ、ちょうど、彼自身がそれについてあまり覚えてないって私に伝えてきているよ。


注意!このファイルへのアクセスは、セキュリティクリアランス4/GF以上の職員にのみ許可されます。許可されないアクセスを行おうとする職員の健康状態には、確実な損害が与えられます。あなたのクリアランスがこれらの条件を満たしている場合、あなたの個人アクセスコードを入力してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。