恐怖の意味
評価: +7+x

「さて、今日の予定は?」アルバート・ウェンズリー博士は秘書がきっちりと印刷したスケジュールを細目で凝視した。

「本日は10時に補助研究員の方々との会合、博士の監督下の全オブジェクトの状態についての四半期監査です。3時にはルーフ博士との面会、5時はオウイングス管理官との約束が入っています、ウェンズリー博士」秘書は予定表を読み上げた。「コーヒーをどうぞ」

「ありがとう、リズ。じゃあ監査に出かけるとするか」ウェンズリー博士は湯気を立てるマグをちびりとすすると、オフィスを出てサイト-118のもっとも恥ずべき居候を収容する房へとぶらぶら向かった。その住人はKeter、SCP-2006。

「よし、まず2006をチェックするとしよう。長くはかかるまい。多分新入りどもは残りの監査には付いて来させられる」ウェンズリー博士はひとりごちた。

カメラにセキュリティカードをかざし、網膜スキャンの前に立って、指紋スキャナのチェックを受け、ミーム的殺害エージェントを見つめて、ウェンズリー博士はSCP-2006の収容エリアの鋼鉄の扉が音を立てて開くのを辛抱強く待った。

部屋にふらりと入ると、彼はSCP-2006用制御室のさまざまな補助研究員その他のスタッフからの挨拶に出迎えられた。集まった連中に手を振って、彼は監視装置群の方へ歩いて行った。そこには若い男が座って、モニターを眺めながら暇そうに鉛筆をパタパタさせていた。

「おはよう、カム」ウェンズリー博士はそう言って男の肩に手を置いた。

男は一瞬飛びあがった。彼はぐるりと辺りを見回して、ウェンズリー博士の親しげな笑みを見た。

「あ……はい、おはようございます、ウェンズリー博士。ちょっとびっくりしましたよ。調子はいかがです?」カメレオン・ヘイワース研究助手は尋ねた。

「ま、いいさ。今朝の2006の具合はどうだね?何の恰好をしてる?」ウェンズリーはモニターを眺めながらマグをすすった。

「んー……ナメクジモンスターの類ですね。あ、思い出した、1964年の『クリーピング・テラー』1だ」若き研究者は答えた。

「よく覚えてたな。今日にでも見てみるとしよう」ウェンズリーはマグを置いて、SCP-2006収容房へ続く廊下へのドアへと歩み寄った。

「スクリーンをよく見ていろ、カム。KeterはKeterだ」

ウェンズリー博士は収容扉の前に立ち、先ほどのより幾分厳密な保安手順をひとわたり済ませた。ドアは再び音を立てて開き、彼は廊下へと歩きだした。

「2006はいつだって相手をして面白い奴だ。そして何はなくとも、房を出れば笑いの種になる」ウェンズリーはひとり考えた。

収容房と施設の他の箇所を区切る最後の扉の前に立つと、彼はその表面に据え付けられた小さな黒い箱に向かい合った。ウェンズリー博士はしっかりとした平坦な口調で箱に話しかけた。「アルバート・ウェンズリー博士。レベル3区画管理官兼上級研究員。またネズミがスフレの中にいた」

「全身スキャンおよび声認証確認しました。Keter実体の脱走に備えてください」機械音声が応じた。

扉は音もなく開いた。房は空に見えたが、ウェンズリーはよく分かっていた。彼が歩み入り、演劇クラスで覚えたことをかき集めていると、ねとねとでおぞましい、液体を滴らす、そしてまるっきりばかばかしい見かけのナメクジモンスターがぱっと視界に滑り込んできた。

「お前の番だぞ、哀れなサルの子よ。クリーピング・テラーのお出ましだ、お前たちの理解を超えた種族的恐怖がお前たちを踏みつぶしてくれよう。破滅は来たり、これぞ我が顔」ナメクジモンスターが顔の触手をぱたつかせながら吠えた。

「やめてくれ!頼む、見逃してくれ!私はSCP-2006と話したいだけのただの哀れな生き物なんだ!たのむ、やめて!」ウェンズリーは嘘っぱちの恐怖に叫び、震えながら地面に崩れ落ちた。

ナメクジモンスターは吠えるように笑い、触手をぱたつかせた。「ああ、博士、僕だよ!僕はほんもののクリーピング・テラーじゃないよ。これ気にいった、博士?僕はいけてると思うんだけど」

「ああ、SCP-2006……おい、ちょっぴりだが本当に死ぬかと思ったよ。怖かった。うむ、とてもいいよ。実に恐ろしい」

「ありがと、博士!これにはほんと手間かけたんだ……ねえ、博士、僕は考えていたことがあるんだよ」

「ん?そりゃ何だね?」

「ガオー!」

ウェンズリーは飛びあがり、よろける様を見せた。彼が立ちあがると、SCP-2006は再び笑った。

「ハハ……でも真面目な話。僕はリアルについて考えてたんだ」

「わ……わかった。何について考えていたって?」」

「いちばんみんなを怖がらせるにはどうしたらいいか。僕はいつもたくさんの素材を見てきた、よね」

「ああ、君はもう人を怖がらせるについては第一人者だよ、SCP-2006。これ以上その道に長けた者がいるとは思えないな」

「ほんとに?」ナメクジモンスターは年上の兄姉からの賛辞を待つ幼子のようだった。

「本当さ」

「ありがと博士!でもね、僕が考えてたのは、恐怖とそれが人類の地位に及ぼす影響について、そしてそれが実際には何を意味するのか、ってことなんだ」

「もちろ……」ウェンズリーは言いかけて気付いた。彼はこれまでSCP-2006が知性的な言葉を話すのを聞いたことがなかった。

「な、なんだって?」彼は軽くショックを受けて尋ねた。

「恐怖。その意味はなんだろう?個人が何かを恐れるというのは、どういう意味だろう?彼らはそれが自分を害すると思うのかな?恐怖症はどうだろう?本質的に害をなすものがそこにあるかい?ないよね。じゃあ恐怖ってなに?」

先ほどまで親しげだったナメクジモンスターの声は、突然落ち着いた速度の、ゆっくりと整然としたものになった。陽気で愛想のいいSCP-2006の先ほどまでの興奮気味な調子は、今や微かに嘲笑うような音をにじませ、ウェンズリー博士の耳を不快なやり方で撫ぜて行った。

「は……ハハ、いいな、SCP-2006。それは実に怖い考えだ!」ウェンズリーは答えながらも、なお得体の知れぬものを感じていた。

「そう……でしょ?死すべきヒトとその恐怖。でも本当に怖いものは何か知ってる、博士?」

「えっ?」

「安全感覚を脅かす概念の知識と具現。ヒトは自らが安全なのだというちっぽけな考えと夢物語を築き上げる。財団に居る君でさえ、知識と取扱方があれば安全だと信じてる。全ては安全と健全な精神に基づいている」ナメクジモンスターは収容房を見つめてじっとしていた。その言葉はこの時点までのその振る舞い全てに反した重みと調子を持っていた。

「何を言っているんだね?」

「僕が述べているのは、君の思考様式は、君たちが『SCPオブジェクト』を首尾よく収容しおおせている、という信念に基づいている、ということさ。ねえ、こう考えてみてよ。君たちが収容している数多くのオブジェクト、君たちのその力は欺瞞にすぎない。2その欺瞞が保たなくなったら?そもそも財団そのものが欺瞞だったなら?」

ウェンズリーの胃袋につめたい恐怖の穴が開いた。彼は、それが含む意味を考え、かすかに息をのんだ。

ナメクジモンスター、元はまるで無害に見えたそれは、ゆっくりとウェンズリーの方に頭を回し、ほほ笑んだ。

「怖い?博士」

ウェンズリーは後じさり始めた。

「帰るんだね。ごきげんよう、博士」

ウェンズリーが後ろの扉を開ける間、彼はSCP-2006とその笑顔から目を離すことができなかった。

「あ、それと博士?ガオー」

ウェンズリーが純粋な恐怖に倒れたとき、扉が開いた。彼は大急ぎで部屋から這い出し、その後ろで扉は乱暴に閉じた。

彼が立ちあがったとき、SCP-2006が笑い出すのが聞こえた。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。