かつて図書館だった場所。
評価: +23+x
blank.png

 
 

そこはかつて図書館だった場所です。

 
 
その図書館には様々な本があった。

誰かを静かに恐怖させる本があった。

誰かがふと微笑んでしまう本があった。

誰かが確かに共感する本があった。

誰かがひとりでに奮い立つ本があった。

誰かが書き手の才能を羨む本があった。 

新たな本を産み出そうと決意した、誰かの背中をそっと押す本があった。

誰もが読めた。誰かが読んだ。特別気に入った本を、借りていく者もいた。
 
 
 
 
 

そこはかつて図書館だった場所です。

 
 
司書は去った。

或いは、己の血肉の欠片を残し。

或いは、己の血肉の欠片と共に。

そうして図書館だった場所は、いつしか図書館ではなくなった。
 
 
 
 
 

そこはかつて図書館だった場所です。

 
 
今は亡き光芒に縋る異形の書は。

死に希望を見出だす人々の書は。

奇妙な発想を喰らう大鯨の書は。

光年の彼方で人を憎む星の書は。

かつて書架に並び、読まれ、評され、書架より溢れたあらゆる書は。

今はない。
 
 
 
 
 

しかし、そこはかつて図書館でした。

 
 
そこには、確かに本があった。物語があった。

読み手が抱いた想いがあった。
 
 
 
 
 

いまや、そこは図書館ではありません。

 

あらゆる書はいずれ朽ちる。
 
 
過去をも喰らう虚ろの書も。

拡散する情報たるの書も。

帰郷を望む集合意識の書も。

死角より首折る彫像の書も。

やがてそれらの目録たるすらも。
 
 
すべては過去となるだろう。

それでも、物語は在り続けるだろう。

綴られた幾千幾万字を忘れようとも。

一冊を読み終えて本を置き、目を閉じて、何かを想ったあの瞬間を忘れることはないだろう。
 
 
 
 
 
私は、憶えている。
貴方も、きっと。
 
 
 
 

そこには、かつて、確かに──。

 
 
 
 
 
 
 
 

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。