ゆっくりと、純粋な愛情に、満腹して
評価: +75+x

この部屋には、小ちゃなとかげへの愛しかありませんでした。昨日までは。

<ログ開始、00h-06m-8s02略>

██████博士:いま、良い子の小ちゃなトカゲは、誰ですか?

SCP-682-CU:あー。これは、何かの間違いやね。悪いけどなサイト管理者を

██████博士:……大変だ!最高にキュートな小ちゃなトカゲがげっそり痩せて黒ずんじゃってる!

SCP-682-CU:別にこれは地の色と体格なんやけど。それよりここはどこのサイ

██████博士:給餌係のD-085は何処だ!あいつは解雇だ!

SCP-682-CU:いや、そこまでせんでもと思うんやけどな。あのな。たのしいざいだんには用はあらへんのや。ねえちょっと聞い

██████博士:███!すぐに最高に可愛くって可哀想なぼうやにごはんを!

███助手:ありましたよ!小ちゃなトカゲちゃんへの十分な食料!

███助手がジャンボミルワーム御特用(5kg)を持って現れる。

██████博士:よくやった!さあちっちゃな可愛いトカゲちゃん、たらふくお食べ!!

██████博士がジャンボミルワーム御特用(5kg)の中身をSCP-682-CUに流しかける。

SCP-682-CU:ちょ、僕は虫はって、ぎゃああああ!!

<ログ終了>

「……ねえ、なんだか今日のカナヘビさん、ちょっと雰囲気違わないですか?」
「そうですか?でも優しいんですよ、さっき食堂に████が出たときだって、喜んで食べてくれてたし。」
「へえ。好みでも変わったんですか?」

大きな蜘蛛を頬張るのに忙しいエージェント・カナヘビは、職員の方を見もしませんでしたが、とても幸せなのでした。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。