第三法則ハブ
評価: +9+x

"充分に発達した科学技術は、魔法と見分けが付かない。"

— アーサー・C・クラーク

"テクノロジーは善でもなければ悪でもない。そして、中立でもない。"

— メルヴィン・クランツバーグ

"どんな行動にも必ずそれと等しい反対の反応があるものである。"

— アイザック・ニュートン

操業開始 (1892-1939)

パラテック産業の初期に、プロメテウス研究所のような会社は超常テクノロジーの可能性に投資しました。多くの重要な発見はこの時代に生まれ、全ての未来のパラテック研究の基礎となりました。

バブル (1939-1992)

第二次世界大戦と同時に発生した第七次オカルト大戦、その後の冷戦はパラテック需要の高まりを生み出し、冷戦の終結まで続くパラテック・バブルを導きました。この時代は市場がよりよい需要と出会うために、数多くのパラテック企業が合併を行いました。

崩壊 (1992–1998)

ソビエト連邦の崩壊と冷戦の終結により。パラテック・バブルは崩壊しました。パラテック・ブラックマーケットは旧ソビエトのパラテック所蔵品の消失と同時に台頭を始めました。1998年のプロメテウス研究所の衰退と堕落は、すでに衝撃を受けていたパラテック市場にさらなる波紋をもたらしました。

反響 (1998– )

プロメテウス研究所の残党によるいくつかの小さな会社の出現は、パラテック企業により激しい競争をもたらし、技術発展と経済回復の時代へと動かしました。パラテック・ブラックマーケットは解体後のプロメテウスの消失したパラテックが犯罪者の手に渡ると同時に拡大を続けています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。