ノワールになるか、ならないか
評価: +1+x

かつて1920年代、マルコフ・プロットジェネレーターや類似の構造物が現れるほぼ一世紀前に、L.A.の真ん中に1人の俗悪小説家がいました。如何なる方法によってか、彼は多様なメタフィクショナル・レイヤーの間を移動する最初の方法として知られているものを発見しました。彼が最初にそれを使って何をしたのか、何故ほぼ全ての意思と目的をフィクションの空間で自分自身を撃つことに費やしたのかは完全にはわかっていません。しかし、彼らがハリウッド大通りの印刷会社の脇から彼の死体を清掃したこと、彼がうかつにも先駆けとなった物語へのアセンションの方法に、少なくない人々が興味を持ったことは確かです。

プロメテウスからの子供たちはそれらに関心を持ち、彼の原稿の半分の本質と、彼が自分をメタ物語へと入力していた小型機械を管理しました。それらが成し遂げられた後ですら、仕組みを理解し、問題の小型機械の複製を別々に組み立てた2つのグループが現れるのに十分だったことを意味しています。それらのグループは私的な研究者とマフィアの緩やかな集団でした。

時系列は今でもかなりややこしいままです。何故なら、それはあまりにも多様なフィクションと現実のレイヤーの間を飛び回ったからです – それでも、私たちはこれ全体の瓦解の始まりが1953年、2つのグループの最初の銃撃戦だと確かに言えます。あなたは1人の要注意人物が死に、マフィアのヒットマンが明らかに空中に消えたことを知るでしょう。

この特別な対決から数年で、集団の他の要注意人物は1人、また1人と消えていきました。当時、彼らに何が起こっているのか知る者はいません。彼らの体はそれから二度と確認されていないのです。そして、マフィアのメンバーの多くが本能的な死を迎えていることも明らかでした。そしてマフィアの残りが消え、集団が適切な連帯関係となったすぐ後に、ハードボイルドな探偵とマフィアの間の戦いを描いた多くの小説が爆発しました。

私が言ったように、その後全ては希薄な絆の海に溶け去りました。殆ど無駄な立論でしょうが、これの要旨は、私たちが今も探偵を配置し、何千もの(もし何百万ものでなかったら)小説と何十年もの文学的慣習において、犯罪に立ち向かうことを望んでいるということです。

分析部門のこの課のメンバーとしてのあなたの仕事は、これらの小説を監視することです。彼らは私に、AIがジャンルとキャラクターによるフィルタリングに優れていると教えてくれました。ですからおそらく、あなたは毎日何十冊ものオリジナルフィクションを振り分ける必要はないでしょう。

手がかりを見つけたと思った時は、用紙に記入し、階上でそれを提出してください。もし司令が価値ある発見だと見なしたならば、私のような数人のエージェントが著者へインタビューをするでしょう。いくつかの基礎MID用語 - 記憶、インスピレーション、言い回しから、メタフィクショナルな存在の痕跡が見つかるかどうかを確認するためです。もしあなたの警告が正確であったなら、私たちが広範囲な彼らの活動を記録できるように、さらなるフィクションの手がかりを追い求めている自分にあなたは気付くでしょう。

オーケー、何故私たちがこれに全力で取り組んでいるのか、あなたは疑問に思っていることでしょう。説明します。

このようなメタフィクショナルな戦いにおいて、あなたはイタリアンレストランでの素敵な夕食で争いを解決しようとはしません。ええ、この種の争いを解決するたった1つの方法は、古き良き殺人によってのみです。ですが、あなたがフィクションのキャラクターを殺そうとするとき、物事は少し複雑になります。著者はちょっとプロットをひねるだけで、如何なるキャラクターをも保護出来るのです、とりわけそれが最愛のものである場合は。読者がどんなに苦しもうが、それは問題ではありません – 彼らが生存していて別の場所で戦いさえすれば、読者はそうしなければならなかった著者にねずみをけしかけたりしないでしょう。

明らかに、あなたはフィクションの中でフィクションのキャラクターを殺せません。だからあなたは彼らを現実へとおびき出し、それから殺すのです。彼らを引き戻したがっている潜在的な著者たちにそうされてしまう前に。私たちは文字通り人質となって、銃口の先で誘拐犯の仲間の冒険を書かされている著者たちのリストを持っています。あの古き良きカート・ガヴォネットも、作品へのメタフィジカルな潜入の可能性から、自身を詳しく監視する秘密のセキュリティをもたねばなりませんでした。

テーブルのここに、私をこれへと導いたものが載っています。これらの男たちによる現実への最新の"再突入"では、戦闘の最初の15分で丸々1ヘクタールの土地が破壊され、最終的には被害の半分がここにあるもののせいでした。

覚えていてください、貴方が現実に出入り出来るものの制御権を得たとき、ありきたりなピストルのような脆弱なものを使わないでください。これらの男たちは余りに多くのジャンル、余りに多くの本の間を潜り抜けたため、日常に近すぎるものは何も使わない感覚を得ています。

ですから、あなたがこれらの男たちを上手くラベリングできたなら、私たちは彼らと、彼らが現実に戻ってくるために所持しているよあらゆるパラテックを捕まえることが出来るのです。そしてあなたは次の本当のプラズマカノンの戦いを止めようとする人間になるでしょう。

そう緊張しないでください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。