遅すぎだぜ
評価: +12+x

アイテム番号: SCP-A403

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-A403はサイト-190の10枚以上のフライマン-ポロ放射線遮蔽層を備えた密閉された収容庫内に収容されます。 SCP-A403の効果が遮蔽層に潜在的に害を及ぼし得るポイントまで上昇した際は、封じ込めが再確立されるまで局所的電離抑制パルス(LISP)が活性化されます。これが不十分であることが判明した場合、サイト-190は撤退され、偶発事態39-ポワロ“隠蔽された不祥事”が直ちに実施されます。

説明: SCP-A403は半径10cmの円形をした、紫がかった半透明の組成が未知である宝石です。 SCP-A403の中心部には脈動する、腫瘍に酷似した有機的な構造があります。 SCP-A403は観測された中では最低243ラド、最大[編集済]ラドの強さの範囲において、予測できない量で電離ガンマ線を絶えず放出します。

SCP-A403はカリフォルニア州のG████H███████町内にある、ネオ=サーキックの施設を襲撃した際に回収されました。地元の崇拝者はSCP-A403を神聖なアーティファクトとみなし、放射能の影響を彼らの神聖な病気を悪化させ、最終的には神性を獲得するための手段として尊んでいました。 SCP-A403は他のサーキックカルトにおいては“無秩序の心臓”や“カルキスト・イオンの涙”として知られています。

補遺 - 緊急更新: サイト-190で発生した関連性のない収容違反以降、SCP-A403は所在不明です。再収用に向けての努力が継続されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。