公費旅行ハブ
評価: +24+x
olivia.png






公費旅行

〜財団・休日の回顧録〜

- 作品リスト -

- 公路的尽头看起来仿佛遥不可及。

- “只是战术上的建议而已。”

- “我TM早该知道!基金会哪有什么狗屁的公費旅行!”

- 大丈夫。隠し立てと欺瞞は別物なのだから。

- 十分感谢…一碗豚骨汤拉面和一瓶清酒

- “我们托你带的东西呢?”

- 你是不可能找到答案的。

- 他拥护着黑潮,沉没在灯光,晚风吹散湿热,彻夜温暖。

- 孤独的小酒吧是留给孤独的人的。

- 家?基金会的人不配有家,我们甚至都不配被信任。

- 他们都走了……只剩我们两个了……

- 你未完成的事情,我们已经完成了。去吧,兄弟,在那个世界好好的生活吧。

- 雨点敲打着我的伞,如那个平淡的故事般沉重。

- 彼らは、ふ…..とした瞬間、民間人へのあこがれを抱いてしまう時がある。それでも彼らは自らの役割を決して捨てない。彼らの正義は、彼らにしか貫けないのだから。

- “搞定,计划通。”

- “我们总该给他们留下点什么。”

- 万物皆有根,只不过我们有时忘了自己有根罢了。


- 執筆ガイド -


公費旅行シリーズはオープンなカノンであり、主に研究員達が首尾よく経費を騙し取って諸々の事情でフィールドワークに出た際に経験した、神様が都合よく起こした様々なエピソードについて書いていくものです。全体の雰囲気は和やかなものとして、より多くの暖かい、グッドエンドな物語を読めたら良いなと思っています。

もちろん、公費旅行の1作目にも書いてありますように、財団には依然として重苦しい世界観が鎮座しています。何はともあれ、皆様には独自の解釈をもって、自由に展開していただければと思います_ (:」∠)_

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。