君のいない世界
rating: -44+x

アイテム番号: SCP-2000-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 早急にSCP-2000-JP-2を発見し、終了してください。現在ウロボロス・プロトコルが実行されています。

説明: SCP-2000-JPはSCP-2000-JP-1によって発生する大規模な過去改変によるCK-クラス:再構築シナリオです。SCP-2000-JPは2037年の財団から受信した"メッセージ2037"によって、存在が明らかになりました。

SCP-2000-JP-1は2037年の財団で勤務する"藤原雅人"という名前の人物です。SCP-2000-JP-1は時空転移の能力を保持しており、その能力によって、何らかの大規模な過去改変を行い、CK-クラス:再構築シナリオを発生させようと目論んでいることが明らかになっています。SCP-2000-JP-1は研究員として財団に従事していた一方、秘密裏に時空転移の研究を行い、その能力を得たと考えられています。

SCP-2000-JP-1は2027年2月18日にサイト-81██から半径10kmの範囲の何処かに2037年からの時空転移によって出現します。出現後1時間〜2時間程度で過去へ時空転移すると予測されています。

2027年現在の藤原雅人はSCP-2000-JP-2に指定され、収容を試みましたが、2019年から行方不明になっていることが判明し、財団は捜索を続けています。

"SCP-2000-JP-2の終了"か"ウロボロス・プロトコル"のどちらか1つを実行できればSCP-2000-JPは収容できると考えられています。

ウロボロス2

ウロボロス・プロトコル


説明: ウロボロス・プロトコルはSCP-2000-JP-1の時空転移の阻止が目的のプロトコルです。

概要: フェーズ1: サイト-81██から半径10kmの範囲をエリア-8101に指定し、エリア-8101内部や近辺の住民にカバーストーリー"工場からの毒ガス流出"を流布し、住民を避難させる。その後、SCP-2000-JPの出現地点と予測されているサイト-81██の半径10km内に機動部隊ゑ-4(特異点)を配置する。

フェーズ2: エリア-8101に100m間隔で機動部隊ゑ-4以外の人間を検知する特殊な人体検知センサーを設置する。また、高性能な監視カメラを100m間隔で設置する。ドローン50機〜100機ほどを上空に配置し、上空からも監視を行う。また、照明を多数設置し、夜間の視界不良を防止する。

エリア-8101内部には住宅地が多く存在し、SCP-2000-JP-1が我々から隠れるにはうってつけだ。何処にいてもこいつの居場所がわかるように徹底しなくてはならないと思う。  - エージェント雛倉

たった一人の人間相手にこんな厳重な設備が必要なのか?これらを用意する時間的余裕は我々にはあるのか?ある程度センサー等の数を減らしても大丈夫ではないのか?     - ██博士

フェーズ3: 2027年2月18日0時00分からSCP-2000-JP-1の捜索を開始せよ。発見次第終了して構わない。また、フェーズ3開始前にサイト-81██の全職員はエリア-8101外に避難し、サイト-81██のオブジェクトの収容は自動管理システムで行う。

フェーズ4: フェーズ3の進行が滞った場合、核兵器による終了を行う。

フェーズ4を行うような事態は絶対に避けなくてはならない。間違いなく莫大な被害を出すことになるだろう。          - 矢野博士

補遺: 以下は2027年2月3日に2037年の財団から受信した"メッセージ2037"です。

2027年の我々へ


これはけしてジョークではない。
このメッセージには事実しか書かれていない。

我々は2037年の財団だ。今から2027年の君達にとても重要な事を話す。

2027年2月18日に"藤原雅人"という男がサイト-81██から半径10kmの何処かに現れる。この男は時空転移の能力を持っていて、大規模な過去改変によって、CK-クラス:再構築シナリオを起こそうと過去へ遡ろうとしている。彼は財団の研究員として働いていた。しかし、秘密裏に時空転移の研究をしていて、その能力を得てしまった。

2027年の君達にこの男の時空転移を防いでもらいたい。あるいは2027年の藤原雅人を終了し、我々の世界を改変してほしい。なんとしてでも彼を止めてくれ…

これから我々が手に入れた彼に関する情報を提供する。彼は時空転移能力を持っているが、生身で時空転移するゆえに、身体へのダメージが大きく、長期間の転移は不可能だとわかった。彼は最大10年しか時空転移を行うことができない。

彼は未知のエネルギーを体に宿し、それによって時空転移を可能にしている。だが、1回時空転移するごとにそのエネルギーは失われ、回復までに1時間〜2時間程度かかる。つまり、彼が2027年2月18日に出現してから1時間〜2時間以内に終了しなくてはならない。

我々にはもうどうすることもできない。
君達に全てを託す。我々は未来を信じている。




特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。