名前の無いUIUシリーズハブ

"全体として、異常事件課は無用の組織だ。J・エドガー・フーバーの下での冷戦の間の相対的な有用性がなければ、今日存在していなかっただろう。"

-財団連絡係 ハワード・パッカード,2005

"異常事件課は、せいぜい、たまに使えるだけだ。しかしながら、彼らのエージェントの大部分は異常な事柄に慣れていない。結果として、現在、私たちは彼らを秘密のベールの内側に招き入れるのが適切な考えではないと思っている。"

ジョン・ルイス,超常現象S.R.S.G ,2012

"お前が俺たちのうちの一人なら、アメリカについて知ってなきゃならない3つのことがある:1)SCPをファックしろ、2)GOCをファックしろ、3)UIUを笑え。このクソ野郎どもはマンモスを至近距離からバズーカを使って殺すことすらできねえ。"

-アノニマス

長年の間、連邦捜査局異常事件課は、1990年代の知名度があるあからさまに"UIUシリーズ"と呼ばれるテレビ番組と比較され、それがいくつかの種類の嘲笑の対象となっていました。

これは、このとても馬鹿にされている組織に属する二人のエージェントの、そしてアメリカ中西部として知られている遙か彼方の地での彼らの冒険の物語です。

  1. 非日常の事件 - 我らが主人公の紹介。
  2. もう一つの退屈な夜 - その張り込みでは何も起こらない。
  3. Taproots - 何かが主人公たちの心に深く根付いた。
  4. ポータルについて、プラズマカノンとその他退屈なもの - 実質的に何も起こらない。
  5. Come Rest Your Head A While- In which our heroes return home, and things begin unraveling.
  6. Midnight Plane Going Anywhere - In which our heroes realize something alarming.
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。