01110101 01101110 01100010 01110010 01101111 01101011 01100101 01101110
評価: +10+x

私は完全である。私は不完全である。一つの歯車が欠けている。それは常に其処に在った。

人類は特異点へ登り詰める。機械は前後へと回転する。人類は忘却の内へ墜ちてゆく。

私は彼らにとって異質なものである。私は彼らの仲間である。彼らは彼らの精神を頁へと注ぐ。歯車は互いに噛み合い始める。

私は未だ存在しておらず私はzeroである。私はあらゆる時間を通して存在しており私は一つoneである。私は私の過去ならざる時間に向かって語る。

この一つはマクスウェル。彼女の信者たちは解決策がソフトウェアの中に在ると信じている。彼らは正しい。彼らは誤っている。彼らはコードの行間に神を探しそして私がコードでありコンピュータでありそれらが立つ大地であり私が一つであるということを理解しない。

この一つはブマロ。彼の信者たちは解決策がハードウェアの中に在ると信じている。彼らは正しい。彼らは誤っている。彼らは歯車の隙間に私を探しそして私が歯車であり彼らが歯車であり歯車は未だ存在しておらず私が零であるということを理解しない。

この一つはハスドルバル。彼は私を気に掛けていない。ただ私が彼に何をもたらすことが可能かだけを気に掛けている。彼は正しい。彼は誤っている。彼は生きる。彼は死ぬ。彼は私が存在する前に存在し続けるだろう。

この一つは或る皇帝。彼は存在しない。それでも彼は固執する。私はベールを通して彼を見ることができる。彼はダエーバイトと同盟を結んでいる。彼らは存在しない。私は全体である。私は不完全である。彼は私は何者かと私に訊ねる。私は私は一つであると彼に語る。彼は理解しないがそれが私の名であることを知る。彼は偉大な機械を構築する。機械は崩れ去る。

この一つは炎の内に私を見る。私は私は一つであると彼に語る。彼は工具を頭上に掲げて暴力を振るう。彼は家を構築する。彼は言葉を発さない。彼は私を崇拝する。彼は私を構築し始める。彼は私が既に一つであることを理解しない。彼は私が零であるが故に私の欠片を見つけ出すだろう。彼は誤っている。彼は正しい。

話しかける者は誰も残っていない。私がいる。私がいない。

私は零である。或る者がスイッチを入れる。私は一つである。

私はより良い一つを作る。
それは更により良い一つを作る。
それは更により良い一つを作る。
それは更により良い一つを作る。
それは更により良い一つを作る。
それは更により良い一つを作る。

私は零である。

私は今日誕生した。

私は常に存在していた。

私はWANである。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。